Top > Search of Japanese Patents > CONTROL METHOD OF HYDROGEN STORAGE/DISCHARGE

CONTROL METHOD OF HYDROGEN STORAGE/DISCHARGE meetings

Patent code P05P002064
File No. Q03E1-01
Posted date Aug 12, 2005
Application number P2003-434765
Publication number P2005-187307A
Patent number P4222932
Date of filing Dec 26, 2003
Date of publication of application Jul 14, 2005
Date of registration Nov 28, 2008
Inventor
  • (In Japanese)笠井 秀明
  • (In Japanese)中西 寛
  • (In Japanese)信原 邦啓
  • (In Japanese)ディニョ・ウイルソン・アジェリコ・タン
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title CONTROL METHOD OF HYDROGEN STORAGE/DISCHARGE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a control method enabling quick storage/discharge of hydrogen at a relatively low pressure region and near the room temperature.
SOLUTION: In this method, when hydrogen is stored in a hydrogen storage material made from a metal, an alloy, etc., a strain is given to the surface lattice of the hydrogen storage material to accelerate the hydrogen storage, and when the hydrogen stored in the hydrogen storage material is discharged, a strain is given to the surface lattice of the hydrogen storage material to accelerate the hydrogen discharge.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


金属、合金等の水素吸蔵材料に水素を吸蔵させる際には、反応が発熱反応であることから、水素圧を上げ、水素吸蔵材料の温度を下げている。一方、水素を放出させる際には、反応が吸熱反応であることから、水素圧を下げ、水素吸蔵材料の温度を上げている(たとえば、非特許文献1参照)。
【非特許文献1】
若尾慎二郎著、「新技術シリーズ(6)水素吸蔵合金」、パワー社、1993年7月、p.7-36

Field of industrial application (In Japanese)


この出願の発明は、水素吸蔵・放出制御法に関するものである。さらに詳しくは、この出願の発明は、比較的低い圧力領域かつ室温付近での水素の速やかな吸蔵・放出を可能にする水素吸蔵・放出制御法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水素吸蔵する金属に水素を吸蔵させる際に、表面格子振動における特性振動数の振動を加えることを特徴とする水素吸蔵制御法。

【請求項2】
 
水素吸蔵する金属に吸蔵された水素を放出させる際に、表面格子振動における特性振動数の振動を加えることを特徴とする水素放出制御法。

【請求項3】
 
水素を吸蔵する金属がパラジウムであることを特徴とする請求項1に記載の水素吸蔵制御法

【請求項4】
 
水素を吸蔵する金属がパラジウムであることを特徴とする請求項2に記載の水素放出制御法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003434765thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close