Top > Search of Japanese Patents > TEMPERATURE RESPONSIVE POLYMER AND TEMPERATURE RESPONSIVE GEL

TEMPERATURE RESPONSIVE POLYMER AND TEMPERATURE RESPONSIVE GEL commons meetings

Patent code P05A007433
File No. 155
Posted date Aug 12, 2005
Application number P2002-196732
Publication number P2004-035791A
Patent number P3619874
Date of filing Jul 5, 2002
Date of publication of application Feb 5, 2004
Date of registration Nov 26, 2004
Inventor
  • (In Japanese)宇山 浩
  • (In Japanese)小林 四郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title TEMPERATURE RESPONSIVE POLYMER AND TEMPERATURE RESPONSIVE GEL commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new temperature responsive polymer and temperature responsive gel having biodegradability and enabling easy functionalization.
SOLUTION: The temperature responsive polymer is composed of a repeating unit (A) of formula (1) and a repeating unit (B) of formula (2) each composed of an α/β-asparagine derivative unit having a substituent on nitrogen atom. In the formulas, R1 is a hydroxyalkyl such as hydroxypentyl; and R2 is a hydroxyalkyl different from R1 such as hydroxyhexyl, an alkyl or an aryl. The polymer can be produced by mixing a polysuccinimide, R1NH2 and R2NH2 in an organic solvent (the ratio of the amines is 5:95 to 95:5) and, in the case of gelatinizing, crosslinking the mixed product with a polyfunctional compound such as an α ,ω-alkylene diisocyanate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、刺激応答性材料の開発が活発に行われている。ある種の高分子化合物は溶液状態においてある温度以下では均一に溶解した状態にあるが、ある温度以上では組成の異なる二相に相分離を起こすことが知られている。このように一定温度で相転移を示す高分子化合物を一般に温度応答性ポリマーと総称している。さらにこのような高分子化合物の架橋により得られるゲルは、相転移温度以下で膨潤し、相転移温度以上で媒体を放出して急激に体積収縮する。そのため、温度応答性ゲルは温度応答性の薬物徐放等の材料としての応用が期待されている。



温度応答性ポリマーの代表例として、ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)、ポリ(メチルビニルエーテル)などのビニルモノマー型ポリマーが挙げられる。特に前者は相転移温度が室温に近い約32℃であるため、生医学分野の用途が研究されている。また、近年ではポリ乳酸とポリエチレングリコールから構成されるブロックポリマー型の生分解性温度応答性ポリマーも開発されている(例えば、B. Jeong et al., Nature, 388, 860 (1997))。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はポリアミノ酸を基盤とする温度応答性ポリマーと温度応答性ゲル、及びそれらの製造方法に関する。さらに詳しくは、薬物徐放材料、メカノケミカル材料、温度センサー、分離膜、保水剤などに利用される温度応答性高分子材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)で表される繰り返し単位(A)と下記一般式(2)で表される繰り返し単位(B)を構成成分とするランダム共重合体からなることを特徴とする温度応答性ポリマー。
【化1】
 


【化2】
 


(式中、R1はヒドロキシアルキル基、R2はR1と異なるヒドロキシアルキル基、アルキル基またはアリール基を表す。)

【請求項2】
 
R1が4‐ヒドロキシブチル基、5‐ヒドロキシペンチル基及び6‐ヒドロキシヘキシル基のうちから選ばれる1種、R2が3‐ヒドロキシプロピル基、4‐ヒドロキシブチル基、5‐ヒドロキシペンチル基、6‐ヒドロキシヘキシル基、メチル基、エチル基、n-プロピル基及びi-プロピル基のうちから選ばれる1種である請求項1に記載の温度応答性ポリマー。

【請求項3】
 
前記繰り返し単位(A)と(B)のモル組成比が95:5~5:95である請求項1または2に記載の温度応答性ポリマー。

【請求項4】
 
数平均分子量が1,000~1,000,000の範囲である請求項1~3のいずれかに記載の温度応答性ポリマー。

【請求項5】
 
R1がヒドロキシアルキル基、R2がR1と異なるヒドロキシアルキル基、アルキル基またはアリール基を表すとするとき、ポリコハク酸イミド、R1NH2及びR2NH2を有機溶媒中で混合することを特徴とする温度応答性ポリマーの製造方法。

【請求項6】
 
下記一般式(1)で表される繰り返し単位(A)と下記一般式(2)で表される繰り返し単位(B)を構成成分とするランダム共重合体を多官能性化合物で架橋したことを特徴とする温度応答性ゲル状ポリマー
【化3】
 


【化4】
 


(式中、R1はヒドロキシアルキル基、R2はR1と異なるヒドロキシアルキル基、アルキル基またはアリール基を表す。)

【請求項7】
 
前記多官能性化合物がジイソシアネート類である請求項6に記載の温度応答性ゲル状ポリマー

【請求項8】
 
前記多官能性化合物がα、ω-アルキレンジイソシアネートである請求項6に記載の温度応答性ゲル状ポリマー

【請求項9】
 
請求項6~8のいずれかに記載の温度応答性ゲル状ポリマーからなる薬物徐放材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002196732thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close