Top > Search of Japanese Patents > CHITOSAN DERIVATIVE AND CHITOSAN POLYMERIC SURFACTANT

CHITOSAN DERIVATIVE AND CHITOSAN POLYMERIC SURFACTANT meetings achieved

Patent code P05P002576
File No. Y2003-P389
Posted date Aug 12, 2005
Application number P2004-056846
Publication number P2005-213494A
Patent number P4394483
Date of filing Jan 31, 2004
Date of publication of application Aug 11, 2005
Date of registration Oct 23, 2009
Inventor
  • (In Japanese)吉岡 寿
  • (In Japanese)酒井 康雄
  • (In Japanese)伊藤 智博
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title CHITOSAN DERIVATIVE AND CHITOSAN POLYMERIC SURFACTANT meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a chitosan derivative which is usable in a neutral or alkaline environment by controlling the electric charge of a cationic partially acylated chitosan: P-Cu-chitosan to make it amphoteric or anionic and to provide a polymeric surfactant using it.
SOLUTION: This chitosan derivative is obtained by acylating, by a polyvalence fatty acid or its anhydride, at least a part of amino groups in a chitosan which is partially acylated with a long chain fatty acid or its anhydride.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

カニやエビの殻から取れるキトサンは、抗菌性や免疫賦活作用などの色々な薬理的な効果を示すため、最近その応用研究が盛んに行われている。一方、界面活性剤は薬品、化粧品、食品などの多様な分野においてきわめて重要な基礎材料であることが知られているが、多くのものは毒性を示したり、皮膚への刺激性があったりしてその使用が制限されるのが現状である。このような界面活性剤の問題点は、その大半が石油系の合成低分子界面活性剤であることから、人体及び環境中において非分解性で、かつ長期間に渡り残存するという点で是非とも解消されなければならない課題となっている。しかし現状では、これらに代わる新たな界面活性剤がほとんど実現されていないため、利便性や価格等を重視した従来どおりの製品作りが進められている。そこで、この出願の発明者らは、このような問題点は、界面活性剤を高分子化することによって避けられると考え、これまですでに天然高分子であるキトサンを原料とした界面活性剤を創案した(特許文献1-3)。


発明者らが創案したこれらのキトサン界面活性剤においては、たとえば、キトサンを部分的(10%程度)に長鎖脂肪酸でアシル化し、フリーのアミノ基の対イオンとして、ピロリドンカルボン酸または乳酸を使用し、高級アシル化キトサン塩としたもの(特許文献2)では、水溶性で、油(スクアラン)と水の混合系において大きな乳化能を示し、化粧品に対して要求される各種の安全試験に合格したものが実現されており、これらについては、その他にもMRSAなどに対する抗菌性、環境中での生分解性などが確認されている。
【特許文献1】
特許第3204620号公報 特開2000-212203号公報 特開2001-64149号公報

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
長鎖脂肪酸もしくはその無水物により部分アシル化されたキトサンにおいて、アミノ基の少くとも一部が多価脂肪酸またはその無水物によりアシル化されていることを特徴とするキトサン高分子界面活性剤

【請求項2】
 
アミノ基の15%以上が多価脂肪酸またはその無水物によりアシル化されていることを特徴とする請求項1のキトサン高分子界面活性剤

【請求項3】
 
多価脂肪酸またはその無水物が生分解性もしくは自然環境での分解性を有している脂肪酸またはその無水物であることを特徴とする請求項1または2のキトサン高分子界面活性剤

【請求項4】
 
多価脂肪酸またはその無水物が二価脂肪酸またはその無水物であることを特徴とする請求項1から3のいずれかのキトサン高分子界面活性剤

【請求項5】
 
二価脂肪酸またはその無水物がコハク酸または無水コハク酸であることを特徴とする請求項4のキトサン高分子界面活性剤

【請求項6】
 
長鎖脂肪酸もしくはその無水物が炭素数7~20の脂肪酸であることを特徴とする請求項1から5のいずれかのキトサン高分子界面活性剤

【請求項7】
 
長鎖脂肪酸もしくはその無水物によるアシル基の導入率が1~30%であることを特徴とする請求項1から6のいずれかのキトサン高分子界面活性剤

【請求項8】
 
請求項1から7のいずれかのキトサン高分子界面活性剤の製造方法であって、キトサンのアミノ基の対イオンをもっての塩を長鎖脂肪酸もしくはその無水物により部分アシル化反応させ、次いで多価脂肪酸またはその無水物を反応させることを特徴とするキトサン高分子界面活性剤の製造方法。

【請求項9】
 
請求項1から7のいずれかのキトサン高分子界面活性剤とこれに低分子の界面活性剤が併用されることを特徴とするキトサン高分子界面剤組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
License status (In Japanese)通常実施権[L05-13]
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close