Top > Search of Japanese Patents > POLYMER ACTUATOR USING CARBON NANOFIBER

POLYMER ACTUATOR USING CARBON NANOFIBER meetings foreign

Patent code P05P003292
Posted date Aug 19, 2005
Application number P2004-027336
Publication number P2005-223025A
Patent number P4277103
Date of filing Feb 3, 2004
Date of publication of application Aug 18, 2005
Date of registration Mar 19, 2009
Inventor
  • (In Japanese)平井 利博
  • (In Japanese)遠藤 守信
Applicant
  • (In Japanese)学校法人信州大学
Title POLYMER ACTUATOR USING CARBON NANOFIBER meetings foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a polymer actuator using carbon nanofibers that can deform extensively and an electrode material applicable for use in the actuator.

SOLUTION: Electrodes mainly composed of carbon nanofibers are formed on both side faces of a sheet made of a flexible polymer material. Respective carbon nanofibers composing the electrodes are merely in contact with each other in a flexible manner and follow the deformation of the sheet while maintaining the contact between each fiber, so that the polymer material of the sheet, which is originally capable of an extensive deformation, is allowed to deform to the maximum.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


高分子材料からなるシート体の両面に電極を形成し、電圧を印加することによってシート体を変形させるアクチュエータが開発されている。
例えば、特開2000-49397には、両面に電極を有する一層のポリウレタン膜からなり、電場の印加により変形(曲げ電歪)を起すアクチュエータが示されている。
このアクチュエータ10では、図17に示すように、電極11は、ポリウレタン膜12の両面に金を蒸着して形成される。

【特許文献1】特開2000-49397(特許請求の範囲)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、電場を印加することによって、高分子材料を大きく変形させることができるカーボンナノファイバーを用いる高分子アクチュエータおよびこのアクチュエータ用電極材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
柔軟性を有する高分子材料からなるシート体の両面に、カーボンナノファイバーを主体とする電極が形成され、該電極を構成するカーボンナノファイバーの一端側が前記シート体内に埋没しており、かつ前記カーボンナノファイバー同士が接触していて、カーボンナノファイバー同士の接触が維持されつつシート体の変形に追従して前記電極が変形可能であることを特徴とするカーボンナノファイバーを用いる高分子アクチュエータ。

【請求項2】
 
前記高分子材料に電解質がドーピングされていることを特徴とする請求項1記載のカーボンナノファイバーを用いる高分子アクチュエータ。

【請求項3】
 
前記電解質が酢酸ナトリウムであることを特徴とする請求項1または2記載のカーボンナノファイバーを用いる高分子アクチュエータ。

【請求項4】
 
前記高分子材料がポリウレタン樹脂であることを特徴とする請求項1~3いずれか1項記載のカーボンナノファイバーを用いる高分子アクチュエータ。

【請求項5】
 
前記高分子材料がシリコーン樹脂であることを特徴とする請求項1~3いずれか1項記載のカーボンナノファイバーを用いる高分子アクチュエータ。
Industrial division
  • Solid device
  • High polymer
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004027336thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close