Top > Search of Japanese Patents > HANDLE HAMMER TYPE SOIL SAMPLER

HANDLE HAMMER TYPE SOIL SAMPLER

Patent code P05A007497
File No. 機械・加工・装置-170
Posted date Sep 21, 2005
Application number P2003-197171
Publication number P2005-036405A
Patent number P3772218
Date of filing Jul 15, 2003
Date of publication of application Feb 10, 2005
Date of registration Feb 24, 2006
Inventor
  • (In Japanese)吉留 克彦
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title HANDLE HAMMER TYPE SOIL SAMPLER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To perform work, wherein a soil sample penetrating into a soil sampling tube is gathered by making the soil sampling tube penetrate into soil by a predetermined depth and pulling it out, in a labor-saving manner by man power.
SOLUTION: A handle hammer type soil sampler is equipped with: a main body part 2 for attaching a base end of the soil sampling tube 3; a main shaft 4 which is elongated upward concentrically with the soil sampling tube 3 attached to a lower part of the main body part 2 and which has a predetermined length and a smaller diameter than the main body part 2; a handle/hammer part 5 which is fitted and inserted into the main shaft 4 in a vertically reciprocatable manner; and a fixing means 6 for fixing the handle/hammer part 5 to the main shaft 4 in a state wherein a lower end of the handle/hammer part 5 abuts on an upper end of the main body part 2. The soil sampling tube 3 can be attached to/detached from the main body part 2, and can be replaced with a soil sampling tube 11 with a different length. A weight part 8 for increasing inertia is detachably provided in the handle/hammer part 5. A calibration 10 is annexed to the soil sampling tube 3 along its length direction, and the soil sampling tube 3 is provided with a window part 3b from which the soil sample can be observed and taken out.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来、先端部を開口した筒状の採土管を土壌中に所定深さ貫入させ、引き抜いて、採土管内に貫入された円柱状の土壌サンプルを採取する採土器が周知である。この採土器には、人力式のものと、動力式のものがある。本願発明者らは、スラリー連用圃場やソルガム栽培土壌枠等から、人力式の採土器及び動力式の採土機を用いて定期的に土壌採取を行っている。人力式の採土器は、採土管(長さ20cm)の先端部を採取しようとする土壌表面に立て、採土管の頂部に当て木をして該当て木をハンマー(1.5kg)により叩打し、採土管を土壌中に所定深さ(20cm)まで打ち込み、その後採土管を引き抜いて土壌サンプルを採取しているが、土壌採取点数が多いことや圃場土壌が経時変化により固く締まっている際には、採土管の打ち込み、引き抜きに困難を生じている。





とりわけ、スラリー連用圃場周囲の草地部分からの土壌採取は、土壌が極めて固いため採取土壌の深度により、携行が困難な動力式(パーカッション式)の採土機を用いて土壌サンプルを採取(50~400cm)していた。ところで、人力式の採土器において、上下端が開放され、外周部に螺旋状の掘進刃を有する中空の外筒と、この外筒内にその上端側から挿脱可能に収容され、収容された状態で外筒に対する回転を阻止する係止手段を有するサンプル収納筒と、サンプル収納筒内に収容される複数個に分割された採土管と、外筒を土壌表面側から土中に掘進または土中から引抜く方向に回動させる回動手段とを備え、土壌サンプル採取作業を省力的に行えるようにした技術が開示されている(例えば、特許文献1参照)。





【特許文献1】

実公昭63-32220号公報

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、先端部を開口させた筒状の採土管を土壌中に所定深さ貫入させ、引き抜いて採土管内に貫入した土壌サンプルを採取する作業を、人力により省力的に行えるようにしたハンドルハンマー式採土器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 先端部を開口した筒状の採土管を土壌中に所定深さ貫入させ、引き抜いて採土管内に貫入した土壌サンプルを採取する採土器であって、
前記採土管の基端部を取付ける本体部と、該本体部の下部に取付けられる採土管と同心状に上方に向けて延び、該本体部より細径で所定長さを有する主軸と、該主軸に対して上下方向に往復移動可能に嵌挿され、ハンドルとハンマーを兼ねるハンドル・ハンマー部と、該ハンドル・ハンマー部の下端部が本体部の上端部に当接した状態でハンドル・ハンマー部を主軸に対して固定する固定手段とを備え、
前記ハンドル・ハンマー部を人力により主軸に沿って上下往復動させることにより、ハンドル・ハンマー部の下端部が本体部の上端部を叩打し、その衝撃により採土管を土壌中に貫入させ、該採土管が土壌中に所定深さまで貫入した時点で前記固定手段によりハンドル・ハンマー部を主軸に固定し、ハンドル・ハンマー部により採土管を土壌中から引き抜いて土壌サンプルを採取すること特徴とするハンドルハンマー式採土器。
【請求項2】
 前記本体部に対して採土管を着脱可能とし、長さの異なる採土管と交換可能としたことを特徴とする請求項1記載のハンドルハンマー式採土器。
【請求項3】
 前記ハンドル・ハンマー部に、ハンドル・ハンマー部の慣性を増大させるためのウエイト部を着脱可能に設けたことを特徴とする請求項1又は2記載のハンドルハンマー式採土器。
【請求項4】
 前記採土管に、その長さ方向に沿って目盛りを付設すると共に、土壌サンプルが観察でき、また土壌サンプルを取り出すことができる窓部を設けたことを特徴とする請求項1又は2記載のハンドルハンマー式採土器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003197171thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close