Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS FOR ATTACHING PRUNING MACHINE

APPARATUS FOR ATTACHING PRUNING MACHINE

Patent code P05A007501
File No. 機械・加工・装置-169
Posted date Sep 21, 2005
Application number P2003-277454
Publication number P2005-040052A
Patent number P3716312
Date of filing Jul 22, 2003
Date of publication of application Feb 17, 2005
Date of registration Sep 9, 2005
Inventor
  • (In Japanese)土居 克人
  • (In Japanese)宮本 和美
  • (In Japanese)飯泉 斗志雄
  • (In Japanese)萩原 利喜一
  • (In Japanese)横田 武
  • (In Japanese)小松崎 昭男
  • (In Japanese)岩瀬 茂夫
  • (In Japanese)飯島 正博
  • (In Japanese)潮田 伸雄
  • (In Japanese)稲葉 伸一
  • (In Japanese)石井 健一
  • (In Japanese)青葉 裕二
  • (In Japanese)寺田 恒夫
  • (In Japanese)鈴木 勝征
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title APPARATUS FOR ATTACHING PRUNING MACHINE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus for attaching a pruning machine, with which a conventionally known pruning machine mainly useful for tea is fitted into a tractor so that the pruning machine is used for a new treetop pruning operation in a method for preparing small fruit trees and small trees.
SOLUTION: This apparatus for attaching the pruning machine is equipped with a first frame body 10 to be fixed on the three-point hitch of a tractor R, a second frame body 20, changeably in position in the transverse direction, fixed through a parallel link mechanism on the first frame body 10, and a third frame body 30, changeably in position in the vertical direction, and fixed on the second frame body 20. A winch 36 is attached to a strut 35 stood on the third frame body 30. The pruning machine 70 is fixed to a side face of the third frame body 30 so that the outer end of the pruning machine is shaken in the vertical direction, and a wire 40 to be wound by the winch 36 is attached by latching to a hook 77 of the pruning machine 70.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


我が国の果樹園芸は、高齢化や後継者難などにより農家数および果樹栽培面積が減少傾向にある。このようななか、高品質で値頃感のある果実を、低コストで省力・軽労的に生産する果樹栽培技術が求められている。そのための1つの方策として、小木・小樹化仕立て方法が提案されており、本出願人および発明者らは、一般的な果樹管理を想定し、列間4.0m、株間1.2mで10a当たり約200本栽培のモモ密植品種保存園(30a)を、年4回程度の新梢刈り込み(剪除)を行うことにより、実現した。



従来の方式では同程度の品種数を保存するには、3~4倍の圃場面積を要し樹木も大きくなり、管理経費も多大になるところ、上記の品種保存・維持のための超密植栽培法は、圃場の有効利用と労力・資源の節減につながり、限られた人員での広大な試験圃場・供試樹管理に有効な方法である。この新梢刈り込みによる小木・小樹化仕立て方法は、ナシの品種保存・遺伝資源圃場などにも有効に採用できる。また、試験圃場のみならず、一般の果樹園芸圃場さらには街路樹などにおいても今後有効に採用されることが期待される。



本発明者らは、上記モモ密植品種保存園における新梢刈り込み作業を、当初は従来の剪定鋏や刈り込み鋏を用いて手作業で行った。その作業量は膨大であることから、省力化のために、特許文献1(特開平07-227126号公報)などに記載される2人で操作する茶樹管理用の剪定機を用いることを考えた。しかし、小木・小樹化仕立てとはいっても、茶樹と比較してモモ樹の樹高は高く、作業者が手作業で剪定機を操作して剪枝を行うことは、困難であった。



【特許文献1】
特開平07-227126号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば、果樹の小木・小樹化仕立て方法などにおいて必要となる剪枝管理作業時に、トラクタを用いて剪枝機を効率よく利用できるようにした剪枝機取り付け装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
トラクタの3点ヒッチに装着される第1枠体と、第1枠体に対して平行リンク機構を介して横方向に位置変更自在に取り付けられた第2枠体と、該第2枠体に対して上下方向に位置変更自在に取り付けられた第3枠体と、第3枠体に取り付けられたウインチと、第3枠体の側辺に外側端が上下方向に揺動できるように取り付けられた剪枝機と、第3枠体に取り付けられた剪枝機に先端が係着されておりウインチにより巻き取り可能とされたワイヤ、とを少なくとも備えることを特徴とする剪枝機取り付け装置。

【請求項2】
 
剪枝機が駆動源を持つバリカン式のものであることを特徴とする請求項1に記載の剪枝機取り付け装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003277454thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close