Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PREPARING EMULSION AND EMULSION

METHOD FOR PREPARING EMULSION AND EMULSION

Patent code P05A007541
File No. 化学・薬品-131
Posted date Sep 21, 2005
Application number P2003-414858
Publication number P2005-170883A
Patent number P4139896
Date of filing Dec 12, 2003
Date of publication of application Jun 30, 2005
Date of registration Jun 20, 2008
Inventor
  • (In Japanese)安達 修二
  • (In Japanese)中嶋 光敏
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR PREPARING EMULSION AND EMULSION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for preparing extremely fine emulsion having ≤100 nm disperse phase particles (oil droplets) diameter.
SOLUTION: Water in a container 3 is fed through a pump 5, piping 6 and a preheating coil 7 into a pressure-resistant container 2. A fatty acid, or the like, is dissolved in water fed into the pressure-resistant container 2 under high temperature and high pressure, and further, the aqueous solution is drawn from the pressure-resistant container 2 through piping 8 and mixed with an emulsifying agent in a three-way valve 9 and the mixture is cooled to about room temperature. Fine disperse phase particles having a submicron unit are deposited in the cooling process to prepare the emulsion.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


エマルションの製法としては、ミキサー、コロイドミル、ホモジナイザー等を用いる方法や超音波等で分散させる方法が一般的である(非特許文献1)。しかしながら、ホモジナイザー等を方法では、連続相中の分散相粒子(O/W型エマルションの場合は油滴)の粒径分布の幅が大きいという欠点がある。



一般的なエマルションの作製方法の代わりに、均一な細孔を持つ多孔質ガラス膜を通して連続相に送り込み均質なエマルションを製造する方法が提案されている(特許文献1)。



更に上記特許文献よりも分散相粒子の粒径の均一性を高めるため、基板(例えばシリコン基板)によって連続相と分散相とを隔離するとともに、当該基板に形成した貫通孔を通して分散相を連続相中に送り込む方法が提案されている(特許文献2)。
【特許文献1】
特許文献1:特開平2-95433号公報特許文献2:特開2002-119841号公報
【非特許文献1】
非特許文献1:エマルションの化学(朝倉書店:1971)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、脂肪酸、高級アルコールまたは油脂(脂肪酸とグリセンリンとのトリエステル、即ちトリグリセリドを主成分とする物質)を分散相、水を連続相とするエマルションの作製方法とこの作製方法によって得られた分散相粒子径が微細なエマルションに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
脂肪酸、高級アルコールまたは油脂と水とを温度を170℃以上、圧力を1MPa以上とした雰囲気で接触せしめることで水に脂肪酸または油脂を溶解せしめ、この脂肪酸または油脂を溶解した水溶液に非イオン性乳化剤を共存させるとともに当該水溶液を冷却することで、分散相を脂肪酸または油脂とし連続相を水としたエマルションとすることを特徴とするエマルションの作製方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載のエマルションの作製方法において、前記乳化剤の添加時期は水に脂肪酸または油脂を溶解せしめた後に行うことを特徴とするエマルションの作製方法。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2のいずれかに記載の方法にて得られたエマルションであって、分散相粒子の平均メディアン径が100nm以下であることを特徴とするエマルション。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003414858thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close