Top > Search of Japanese Patents > CULTURE SYSTEM CONTAINING DAPHNIA PULEX AND TUBIFEX

CULTURE SYSTEM CONTAINING DAPHNIA PULEX AND TUBIFEX

Patent code P05A007598
File No. NIRS-188
Posted date Sep 22, 2005
Application number P2003-376040
Publication number P2005-137236A
Patent number P4228074
Date of filing Nov 5, 2003
Date of publication of application Jun 2, 2005
Date of registration Dec 12, 2008
Inventor
  • (In Japanese)柳澤 啓
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title CULTURE SYSTEM CONTAINING DAPHNIA PULEX AND TUBIFEX
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a culture system useful for researching environmental protection technology and testing the toxicity of an injurious factor or injurious substance against organisms by long period exposure, to provide a method for maintaining the culture system, and to provide a method for utilizing the culture system to evaluate an environmental effect given by chemical and/or physical irritation.
SOLUTION: This culture system comprises Daphnia pulex, Tubifex, animal planktons and/or plant planktons, decayed organic substances, and water. The method for maintaining the culture system is characterized by holding the culture system at 15 to 30°C under irradiation. The method for evaluating the environmental effect given by chemical and/or physical irritation comprises giving the chemical and/or physical irritation to the culture system, holding the culture system at 15 to 30°C under irradiation for a prescribed period, and then observing the living states of the Daphnia pulex and/or the Tubifex.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


工場廃水などに含まれる物質で有害作用が予想される産業廃棄物を環境中に放出する際には、環境に及ぼす影響を予測するために生物に対する毒性を試験する必要がある。こうした試験には実際に水中で生活する生物を用いた試験が行なわれている。OECDにおける生態影響試験法はこのような目的で開発された方法であり我が国においても各種有害物質の毒性を評価する方法として導入が検討されている(非特許文献1及び2参照)。
このうちミジンコ類急性遊泳阻害試験は、ミジンコが毒物に対して感受性が高い事を利用した簡便な試験法であるため、その試験キットが市販されている。この方法で毒性試験を行うと毒物添加後、24時間後、48時間後の観察結果より毒性が評価される。他にミジンコ類繁殖試験法が知られているが、これは親ミジンコの生死と状態および仔ミジンコの数と状態を観測する方法で試験期間は最長21日である。
しかし、上記の方法ではミジンコが数日で死ぬような毒物あるいは数週間で影響が現れる場合のみ生殖能力への影響等が観測される。これに対し短期間の曝露では影響が現れにくい低濃度の有害物質あるいは低線量の放射線照射の影響、さらにそれらの影響の世代継承を観測するためには、数ヶ月あるいはそれ以上の期間継続して飼育する必要がある。



【非特許文献1】
OECD GUIDELINES FOR THE TESTING OF CHEMICALS (http://www1.oecd.org/ehs/test/Biotec.htm)
【非特許文献2】
OECD (1999):Environmental Health & Safety News, No.9

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ミジンコとイトミミズを含む培養系に関するものである。さらに詳細には、環境保護技術の研究、有害因子や有害物質の生物に対する毒性を長期間曝露して試験するのに有用な培養系、実験系に関するものであり、環境科学、農学、生態学に応用しうる新規な培養系に関する。本発明はさらに、上記培養系の維持方法、上記培養系を利用して被験物質が環境に与える影響を評価する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ミジンコ、イトミミズ、動物プランクトン及び/又は植物プランクトン、腐朽有機物質及び水を含む培養系であって、
培養系5リットル当たり、腐朽有機物質を乾燥質量で0.2~1.0質量%加え、これにイトミミズを20~30匹とミジンコを20~30匹入れ、15~30℃で、2000~50000ルックスの照明を、昼夜連続で、又は昼間のみ照射する条件下で、1ヶ月から6ヶ月培養することにより確立され、
平衡状態に於いてイトミミズ200~500匹、ミジンコ300~1000匹を含み、
空気に開放されており、自然蒸発により減少する水分を補充し、上記照明下で上記温度に保持することによりミジンコとイトミミズが世代交代しながら維持される培養系。

【請求項2】
 
請求項1記載の培養系を15~30℃で、2000~50000ルックスの照明を、昼夜連続で、又は昼間のみ照射する条件下で保持することを特徴とする培養系の維持方法。

【請求項3】
 
請求項1記載の培養系に、化学的及び/又は物理的刺激を与え、15~30℃で、2000~50000ルックスの照明を、昼夜連続で、又は昼間のみ照射する条件下で保持し、所定期間経過後に、ミジンコ及び/又はイトミミズの生息状態を観察し、該化学的又は物理的刺激が環境に与える影響を評価する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close