Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE FUNCTION MATRIX ARRAY

COMPOSITE FUNCTION MATRIX ARRAY

Patent code P05P003978
File No. TOYAMA-35JP
Posted date Oct 4, 2005
Application number P2004-075572
Publication number P2005-268354A
Patent number P4018070
Date of filing Mar 17, 2004
Date of publication of application Sep 29, 2005
Date of registration Sep 28, 2007
Inventor
  • (In Japanese)岡田 裕之
  • (In Japanese)中 茂樹
  • (In Japanese)女川 博義
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title COMPOSITE FUNCTION MATRIX ARRAY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a composite function matrix array capable of implementing, by a multilayered element, light emission by an organic EL element, and sensing by an organic photodiode.
SOLUTION: The composite function matrix array comprises a transparent electrode 4, an organic light emitting element 1 formed on the transparent electrode 4, an opaque electrode 3 formed on the organic light emitting element 1, a photodiode element 2 formed on the opaque electrode 3, and a transparent electrode 5 formed on the photodiode element 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、有機素子を多層化した高性能デバイスの開発が相次いでいる。



例えば、有機EL素子を多層化することで、一デバイスとして実効的に効率向上可能なマルチフォトンエミッション素子(下記非特許文献1)が報告されている。また、太陽電池の効率向上の試みとして、有機タンデム形太陽電池により3%の効率を有する太陽電池(下記非特許文献2)が報告されている。



さらに、有機EL素子と有機感光体を組み合わせたデバイス(下記非特許文献3)の報告や、有機EL素子とフォトダイオードを組み合わせた光応答型有機EL素子(下記非特許文献4)の報告がされている。後者では、光入射に対しフォトダイオードを光検出に用い有機EL素子を発光させている。
【非特許文献1】
城戸他 第49回春季応用物理学関係連合講演会講演予稿集、27p-YL-3(2002)
【非特許文献2】
K.Triyana,T.Yasuda,K.Fujita and T.Tsutsui;Ext.Abstract of SSDM,pp.784-785(2003)
【非特許文献3】
J.Xue and S.R.Forrest;Appl.Phys.Lett.,82(1)pp.136-138(2003)
【非特許文献4】
近松、吉田、八瀬 電子情報通信学会技術報告OME2003-97(2003)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、複合機能マトリクスアレイに関するものであり、詳細には、有機ELディスプレイによる発光と有機フォトダイオードによるスキャナの複合機能を有するマトリクスアレイに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)透明電極(4)と、
(b)該透明電極(4)上に形成される有機発光素子(1)と、
(c)該有機発光素子(1)上に形成される中間電極としての透明電極(3)と、
(d)該透明電極(3)上に形成される有機フォトダイオード素子(2)と、
(e)該有機フォトダイオード素子(2)上に形成される不透明電極(5)とを備え、
(f)多層化された前記有機発光素子(1)と前記有機フォトダイオード素子(2)により、前記透明電極(4)側からのみ発光と受光動作が独立に行えるように構成するとともに、発光時にセンシングは行わず、センシング時には発光させないように発光部とセンシング部が独立に動作し、前記有機発光素子(1)による発光機能と前記有機フォトダイオード素子(2)によるスキャナ機能との複合機能を有することを特徴とする複合機能マトリクスアレイ。

【請求項2】
 
(a)透明電極(14)と、
(b)該透明電極(14)上に形成される有機フォトダイオード素子(11)と、
(c)該有機フォトダイオード素子(11)上に形成される中間電極としての透明電極(13)と、
(d)該透明電極(13)上に形成される発光エレクトロルミネッセンス素子(12)と、
(e)該発光エレクトロルミネッセンス素子(12)上に形成される不透明電極(15)とを備え、
(f)多層化された前記発光エレクトロルミネッセンス素子(12)と前記有機フォトダイオード素子(11)により、前記透明電極(14)側からのみ発光と受光動作が独立に行えるように構成するとともに、発光時にセンシングは行わず、センシング時には発光させないように発光部とセンシング部が独立に動作し、前記発光エレクトロルミネッセンス素子(12)による発光機能と前記有機フォトダイオード素子(11)によるスキャナ機能との複合機能を有することを特徴とする複合機能マトリクスアレイ。

【請求項3】
 
(a)透明電極(24)と、
(b)該透明電極(24)上に形成される透過有機発光素子(21)と、
(c)該透過有機発光素子(21)上に形成される中間電極としての透明電極(23)と、
(d)該透明電極(23)上に形成される有機フォトダイオード素子(22)と、
(e)該有機フォトダイオード素子(22)上に形成される透明電極(25)とを備え、
(f)多層化された前記透過有機発光素子(21)と前記有機フォトダイオード素子(22)により、前記透明電極(24)側より発光を、前記透明電極(25)側より受光を行い、発光と受光動作が独立に行えるように構成するとともに、発光時にセンシングは行わず、センシング時には発光させないように発光部とセンシング部が独立に動作し、前記透過有機発光素子(21)による発光機能と前記有機フォトダイオード素子(22)によるスキャナ機能との複合機能を有することを特徴とする複合機能マトリクスアレイ。

【請求項4】
 
請求項1~3の何れか一項記載の複合機能マトリクスアレイにおいて、前記中間電極は走査用電極であることを特徴とする複合機能マトリクスアレイ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004075572thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close