Top > Search of Japanese Patents > DOUBLE-FACED LIGHT-EMITTING ORGANIC EL PANEL

DOUBLE-FACED LIGHT-EMITTING ORGANIC EL PANEL

Patent code P05P003980
File No. TOYAMA-34JP
Posted date Oct 4, 2005
Application number P2004-075574
Publication number P2005-267926A
Patent number P4002949
Date of filing Mar 17, 2004
Date of publication of application Sep 29, 2005
Date of registration Aug 31, 2007
Inventor
  • (In Japanese)中 茂樹
  • (In Japanese)岡田 裕之
  • (In Japanese)女川 博義
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title DOUBLE-FACED LIGHT-EMITTING ORGANIC EL PANEL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a double-faced light-emitting organic EL panel capable of appropriately displaying an image or a letter information, without mirror reversing.
SOLUTION: Image or a letter information completely different or independent of one other are displayed on front and back face respectively, by arranging an intermediate electrode 3 impressing a scanning signal to the middle part of a first organic EL part 1 and a second organic EL part 2 facing each other, and arranging the a first transparent electrode 4 and a second transparent electrode 5 at the opposite side of the intermediate electrode 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


昨今、有機エレクトロルミネッセンス(EL)素子は、低駆動電圧、高輝度、超薄型、軽量、フレキシブル等の特徴を有する次世代フラットパネルディスプレイを構築できる素子として注目を集めている。



また、両面に発光表示できる有機ELパネルとして透明有機EL素子が注目され、各所で開発されている。



応用例としては、以下のような報告例がある。



(1)有機EL層を透明電極であるITOで挟み込んだ透明電極有機EL素子(下記非特許文献1)が開示されている。



(2)両面発光型エレクトロルミネッセンス素子および両面自発光型情報表示素子(下記特許文献1)が開示されている。
【特許文献1】
特開2000-58260号公報
【非特許文献1】
G.Gu,V.Bulovic,P.E.Burrows,and S.R.Forrest:Applied Physics Letters,68(19),PP.2606-2608(1996)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、両面発光有機ELパネルに関するものであり、詳細には、全く異なる独立な画像や文字情報を表裏両面に対し同時に表示することが可能な有機ELパネルに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1の有機EL部と第2の有機EL部との対向する中央部に走査信号を印加するAlNd層からなる中間電極を配置し、該中間電極とは第1、第2の有機EL部を挟んで反対側に第1の透明電極と第2の透明電極をそれぞれ配置するとともに、前記第1の有機EL部がα-NPD膜(13)と該α-NPD膜(13)上に形成されるAlq3 膜(14)と該Alq3 膜(14)上に形成されるErF3 膜(15)とからなり、前記第2の有機EL部がα-NPD膜(18)と該α-NPD膜(18)上に形成されるAlq3 膜(19)と該Alq3 膜(19)上に形成されるLiF膜(20)とからなり、全く異なる独立な画像や文字情報を表裏両面に対し同時に表示可能にすることを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項2】
 
第1の有機EL部と第2の有機EL部との対向する中央部に走査信号を印加するAlNd層からなる中間電極を配置し、該中間電極とは第1、第2の有機EL部を挟んで反対側に第1の透明電極と第2の透明電極をそれぞれ配置するとともに、前記第1の有機EL部がα-NPD膜(13)と該α-NPD膜(13)上に形成されるAlq3 膜(14)と該Alq3 膜(14)上に形成されるErF3 膜(15)とからなり、前記第2の有機EL部がα-NPD膜(18)と該α-NPD膜(18)上に形成されるAlq3 膜(19)と該Alq3 膜(19)上に形成されるCa膜(31)とからなり、全く異なる独立な画像や文字情報を表裏両面に対し同時に表示可能にすることを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項3】
 
第1の有機EL部と第2の有機EL部との対向する中央部に走査信号を印加するAlNd層からなる中間電極を配置し、該中間電極とは第1、第2の有機EL部を挟んで反対側に第1の透明電極と第2の透明電極をそれぞれ配置するとともに、前記第1の有機EL部がα-NPD膜(13)と該α-NPD膜(13)上に形成されるAlq3 膜(14)と該Alq3 膜(14)上に形成されるErF3 膜(15)とからなり、前記第2の有機EL部がMoO3 膜(33)と該MoO3 膜(33)上に形成されるα-NPD膜(18)と該α-NPD膜(18)上に形成されるAlq3 膜(19)と該Alq3 膜(19)上に形成されるCa膜(31)とからなり、全く異なる独立な画像や文字情報を表裏両面に対し同時に表示可能にすることを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項4】
 
請求項1から3の何れか一項記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記第1の透明電極、前記第2の透明電極の一方、又は両方が、ITO又はIZOであることを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項5】
 
請求項1から3の何れか一項記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記第1の透明電極、前記第2の透明電極の一方、又は両方が、薄層金属であることを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項6】
 
請求項1から3の何れか一項記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記第1の透明電極、前記第2の透明電極の両方が、それぞれ前記第1の有機EL部、前記第2の有機EL部に対して電子注入を行い、前記中間電極が前記第1の有機EL部、前記第2の有機EL部に対して正孔注入を行うことを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項7】
 
請求項1から3の何れか一項記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記第1の透明電極、前記第2の透明電極の両方が、それぞれ前記第1の有機EL部、前記第2の有機EL部に対して正孔注入を行い、前記中間電極が前記第1の有機EL部、前記第2の有機EL部に対して電子注入を行うことを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項8】
 
請求項1から3の何れか一項記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記第1の透明電極が前記第1の有機EL部に対して正孔注入を行い、前記第2の透明電極が前記第2の有機EL部に対して電子注入を行い、前記中間電極が前記第1の有機EL部に対して電子注入を行い、かつ前記第2の有機EL部に対して正孔注入を行うことを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項9】
 
請求項1から3の何れか一項記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記第1の透明電極が前記第1の有機EL部に対して電子注入を行い、前記第2の透明電極が前記第2の有機EL部に対して正孔注入を行い、前記中間電極が前記第1の有機EL部に対して正孔注入を行い、かつ前記第2の有機EL部に対して電子注入を行うことを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項10】
 
請求項1から9の何れか一項記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記中間電極を前記第1あるいは前記第2の少なくとも一方の有機EL部に正孔注入電極として使用する場合、前記中間電極と正孔注入を行う有機EL部間に、少なくとも1種以上の遷移金属元素を含む酸化物を挿入することを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項11】
 
請求項10記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記遷移金属元素を含む酸化物が半導体的性質を示すことを特徴とする両面発光有機ELパネル。

【請求項12】
 
請求項11記載の両面発光有機ELパネルにおいて、前記酸化物半導体が2.0eV以上のバンドギャップを持つことを特徴とする両面発光有機ELパネル。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004075574thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close