Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR PROCESSING FROZEN CRAB

METHOD AND APPARATUS FOR PROCESSING FROZEN CRAB

Patent code P05P002818
Posted date Nov 11, 2005
Application number P2004-093836
Publication number P2005-278423A
Patent number P4078428
Date of filing Mar 26, 2004
Date of publication of application Oct 13, 2005
Date of registration Feb 15, 2008
Inventor
  • (In Japanese)羽倉 義雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title METHOD AND APPARATUS FOR PROCESSING FROZEN CRAB
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for efficiently processing frozen crabs, by which processing of frozen shucked crabs is carried out without thawing the frozen crabs.
SOLUTION: The processing apparatus 50 is equipped with a constant low-temperature bath 52, a crab leg compression means 54, a crab leg compression control means 55, a cooling means 64 and crab leg supporting means 70a and 70b. Crab legs are compressed by the crab leg supporting means 70a and 70b in a frozen state of the crab legs at -18°C to -40°C so that the crab shells of the crab legs are broken, and frozen crab flesh is separated from the crab legs.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


国内におけるカニの漁獲量は年々減少している傾向にある。その一方で、世界の水産業におけるカニの生産量は、増加していることが報告されている。そのため、国内におけるカニの消費量のうち、海外からの輸入が占める割合は年々高くなる傾向にある。



国内の水産物輸入実績において、カニ(活、生鮮、冷蔵、冷凍)の主な輸入先は、ロシア、カナダ、米国、中国、朝鮮民主主義人民共和国である。輸入しているカニのうち、ズワイガニを例に挙げると、その輸入量が一番多い国はロシア(輸入ズワイガニの約60%を占める)、次いでカナダ(約30%)である(例えば、非特許文献1を参照)。



輸入されるカニの多くは、輸入先でボイルおよび脱甲した後、2つに裁断したものを急速冷凍した状態(以下、これを半製品と呼ぶ)にしたものを流通させている。国内にて水揚げされるカニについても、その多くはボイルおよび脱甲を中心に加工した半製品が流通している。これらの半製品は、加工業者によって剥き身、つめ、棒状といった製品に仕上げられた後、市場に販売される。
【非特許文献1】
農林水産省経済局統計情報部〔編〕:ポケット 水産統計,農林統計協会(2002)P.110,111,191,201

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、冷凍カニの加工方法および加工装置に関し、より詳細には、冷凍カニのカニ脚を凍結したままの状態でカニ殻とカニ肉に分離する方法およびその装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
凍結したカニ脚を、カニ殻とカニ肉とに分離する加工方法であって、
上記カニ脚のカニ殻を圧壊する圧壊工程と、
上記カニ脚から上記カニ肉を分離する分離工程とを含み、
上記カニ殻を圧壊する時点での上記カニ殻及び上記カニ肉は、-18℃~-40℃であり、
上記圧壊工程では、
上記カニ脚の長さ方向に対して略垂直な面を仮定した場合に、同一面上に位置する2つの部分でカニ脚を挟んで圧縮し、且つ、
上記略垂直な面内の最長の径の両端付近にて該最長の径と交差する方向にカニ脚を圧縮することを特徴とする冷凍カニの加工方法。

【請求項2】
 
上記カニ殻を圧壊する時点での上記カニ殻及び上記カニ肉は、-20℃~-30℃であることを特徴とする請求項1に記載の冷凍カニの加工方法。

【請求項3】
 
上記圧壊工程中の上記カニ殻及び上記カニ肉は、液体窒素の蒸発により発生する潜熱を用いて、冷却されることを特徴とする請求項1または2に記載の冷凍カニの加工方法。

【請求項4】
 
凍結したカニ脚を、カニ殻とカニ肉とに分離する冷凍カニの加工装置であって、
上記カニ脚を支持するカニ脚支持手段と、
上記カニ脚支持手段に荷重をかけることにより上記カニ脚支持手段に支持されたカニ脚をその長さ方向に対して略垂直な方向に圧縮するカニ脚圧縮手段と、
上記カニ脚が上記略垂直な方向に圧縮される時点の上記カニ殻及び上記カニ肉の温度を、-18℃~-40℃にする冷却手段とを備えており、
上記カニ脚支持手段は、上記カニ脚圧縮手段によって荷重がかけられると、カニ脚が、上記略垂直な面内の最長の径の両端付近にて該最長の径と交差する方向に圧縮されるように、上記略垂直な面上に位置する4つの部分にて上記カニ脚と接触する形状であることを特徴とする冷凍カニの加工装置。

【請求項5】
 
上記冷却手段は、上記カニ脚が上記略垂直な方向に圧縮される時点の上記カニ殻及び上記カニ肉の温度を、-20℃~-30℃にすることを特徴とする請求項4に記載の冷凍カニの加工装置。

【請求項6】
 
上記冷却手段は、液体窒素の蒸発により発生する潜熱を用いて、上記カニ脚を冷却するように構成されていることを特徴とする請求項4または5に記載の冷凍カニの加工装置。

【請求項7】
 
上記カニ脚支持手段は、互いに対応する面を有する一対の構造体であり、
上記互いに対応する面には、合致する位置に凹溝が設けられており、
上記凹溝の幅は、上記カニ脚の上記楕円形の最長の径よりも短く構成されていることを特徴とする請求項4から6までの何れか1項に記載の冷凍カニの加工装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004093836thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close