Top > Search of Japanese Patents > MATERIAL TESTING METHOD

MATERIAL TESTING METHOD

Patent code P05A007649
Posted date Nov 25, 2005
Application number P2003-381385
Publication number P2005-147700A
Patent number P3944558
Date of filing Nov 11, 2003
Date of publication of application Jun 9, 2005
Date of registration Apr 20, 2007
Inventor
  • (In Japanese)藤井 雄作
  • (In Japanese)山口 誉夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title MATERIAL TESTING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To accurately measure and evaluate the dynamical characteristics of an object 1 to be measured without using any force sensors.
SOLUTION: A weight 3 is mounted to the object 1 to be measured, a mass-spring system with the object 1 to be measured as a spring element is composed, the mass-spring system is vibrated, inertial force operating on the weight 3 and the displacement of the weight 3 are measured, and the dynamical characteristics of the object to be measured are evaluated, on the basis of the inertial force and displacement. Additionally, the displacement speed of the weight 3 is measured by a light wave interferometer 6, the measured displacement speed of the weight 3 is differentiated for calculating inertial force from the determined acceleration, and the measured displacement speed of the weight is integrated for calculating the displacement of the weight 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


この種の材料試験方法においては、被測定物に作用する力と被測定物の歪とを計測し、計測された力と歪とに基づいて被測定物の弾性係数等の力学的特性を評価している。そして、従来は、被測定物に作用する力をロードセル等の力センサで計測している(例えば、非特許文献1参照)。



ところで、静的な力に対するに対する力センサの検出出力の校正手法(静的校正法)は確立されているが、力センサに動的な力が作用した場合には、力の変化に対する検出出力の応答遅れ等の独特の現象を生じ、力センサの検出出力を静的校正法で校正しても、動的な力を正確に計測することはできない。従って、被測定物に作用する力が変化した場合には、その力を力センサで計測しても、計測精度を確保できず、被測定物の力学的特性を正確に評価することは困難である。
【非特許文献1】
機械工学便覧、1987年4月15日 日本機械学会発行(B3-74頁)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、被測定物の力学的特性を評価する材料試験方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被測定物に錘体を取り付けて、被測定物をばね要素とする質量―ばね系を構成し、この質量―ばね系を加振して、錘体に作用する慣性力と錘体の変位とを測定し、この慣性力と変位とに基づいて被測定物の力学的特性を評価する材料試験方法であって、
錘体を直動静圧空気軸受で支持すると共に、
錘体に設けた反射部に測定光を入射して、反射部からの反射光の状態を計測する光波干渉計を用い、計測した反射光の状態から錘体の変位と加速度とを求め、求めた錘体の加速度から前記慣性力を算出することを特徴とする材料試験方法。

【請求項2】
 
前記被測定物にアクチュエータを連結し、このアクチュエータにより前記質量―ばね系を加振することを特徴とする請求項1記載の材料試験方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003381385thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close