Top > Search of Japanese Patents > EXPANDER AND CHARGING AND LIFTING RECOVERY EQUIPMENT FOR TOWING SYSTEM

EXPANDER AND CHARGING AND LIFTING RECOVERY EQUIPMENT FOR TOWING SYSTEM

Patent code P05A007935
File No. 1973
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2000-107118
Publication number P2001-287691A
Patent number P3446098
Date of filing Apr 7, 2000
Date of publication of application Oct 16, 2001
Date of registration Jul 4, 2003
Inventor
  • (In Japanese)三上 宏幸
  • (In Japanese)菱沼 榮司
  • (In Japanese)島村 英樹
  • (In Japanese)▲吉▼川 恭司
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
  • (In Japanese)沖電気工業株式会社
Title EXPANDER AND CHARGING AND LIFTING RECOVERY EQUIPMENT FOR TOWING SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To drastically reduce the time, laborious work and risk in expanding by- eliminating manual work in expanding.
SOLUTION: In this expander for a towing system, a cable, a branch part 9 and a plurality of streamers 10 are electrically and mechanically connected to one another, and a towing body can be mounted to and removed from the branch part 9. This charging and lifting recovery device for the towing system has a double drum structure of an inner drum for winding the cable and an outer drum for winding a plurality of streamers 10, a housing part for housing the branch part 9 is provided on the outer drum, a drum cover for closing an opening part of the outer drum is interlocked with the housing part, the drum cover of the outer drum is opened and closed by entering and leaving of the branch part to the branch part supporting part, and a winding machine 1 capable of winding and delivering the cable, the branch part and a plurality of streamers 10 in a state they are electrically and mechanically connected to one another is provided. A roller table individually coping with lateral advance of the cable, the branch part 9 and a plurality of streamers 10 is provided on a lateral advance table, and a lateral advance machine 2 capable of selecting a roller table of an object by rotating the lateral advance table to a specified position is provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


海洋において海洋資源の探査等を行う場合、複数本の探査用のストリーマを所定の間隔に配置し、探査船等の母船の影響を受けない位置までケーブルを繰り出してえい航する必要があるが、そのケーブル長及びストリーマは、数百メートルにもなる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、海洋において海洋資源の探査等に用いられるストリーマをえい航するえい航システムの投入揚収装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
巻取機と横進機とより成る巻取装置を有するえい航システムの投入揚収装置において、
前記巻取機が、ケーブルを巻き取る内側ドラムと、複数のストリーマを巻き取る外側ドラムとより成る2重ドラム構造を有し、前記外側ドラムに分岐部を収納する収納部を有し、該収納部と外側ドラムの開口部を閉じるドラムカバーを連動させ、前記分岐部が分岐部支持部に出入りすることで外側ドラムのドラムカバーが開閉し、
ケーブル、分岐部、複数ストリーマが電気的かつ機械的に接続されたまま巻取機へ巻取・繰出可能であることを特徴とするえい航システムの投入揚収装置

【請求項2】
 
巻取機と横進機とより成る巻取装置を有するえい航システムの投入揚収装置において、
前記巻取機が、ケーブルを巻き取るケーブルドラムと、2本のストリーマを巻き取るストリーマドラムとより成る2重ドラム構造を有し、前記ストリーマドラムのフランジに分岐部支持部を有し、該分岐部支持部に対し分岐部が巻取・繰出可能とし、
ケーブル、分岐部、2本のストリーマが電気的かつ機械的に接続されたまま巻取機へ巻取・繰出可能であることを特徴とするえい航システムの投入揚収装置。

【請求項3】
 
巻取機と横進機とより成る巻取装置を有するえい航システムの投入揚収装置において、
前記横進機の横進台にケーブル横進、分岐部横進、複数のストリーマ横進に個々に対応するローラ台を設け、前記横進台を所定の位置に回転させることにより対象物のローラ台を選択可能であることを特徴とするえい航システムの投入揚収装置。

【請求項4】
 
請求項3記載のえい航システムの投入揚収装置において、
前記横進台が偏心形状であり、前記横進台を回転させてローラ台の高さを調整することで、2重ドラムの内側ドラムと外側ドラムのドラム径の違いによるローラ台の高低差を調整可能であることを特徴とするえい航システムの投入揚収装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000107118thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close