Top > Search of Japanese Patents > ACTUATOR FOR CONTROLLING MULTIPLE OPERATING PARTS BY SINGLE POWER SOURCE

ACTUATOR FOR CONTROLLING MULTIPLE OPERATING PARTS BY SINGLE POWER SOURCE

Patent code P05A007936
File No. 1933
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2000-116202
Publication number P2001-304368A
Patent number P3336383
Date of filing Apr 18, 2000
Date of publication of application Oct 31, 2001
Date of registration Aug 9, 2002
Inventor
  • (In Japanese)篠田 芳明
  • (In Japanese)金子 学
  • (In Japanese)丹羽 雄一郎
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title ACTUATOR FOR CONTROLLING MULTIPLE OPERATING PARTS BY SINGLE POWER SOURCE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem in the conventional cases that difficultly existed in reducing weight and volume by a large margin due to requiring individual power sources for independently operating a plurality of operating functions because of the need for independently moving a plurality of action for constituting a multifunctional manipulator.
SOLUTION: This actuator is provided with a screw 2 rotated by a motor 1 serving as the single power source; a plurality of claws 3 movable parallel with the rotation axis direction of the screw 2; and solenoids 4 controlled by an electric signal to engage the claws 3 with the screw 2 or release the engagement. The constitution is such that a operating force is generated with respect to the operating part 40 by the claws 3 put in the engaged state with the screw 2 by the solenoids 4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


これまで、ロボット装置等におけるマニピュレータの一つの作動部(可動部)を動かすことに対応して、一つのアクチュエータを使用していたため、複数動作をさせるためには多くの動力源を必要とする問題点があった。このため、アクチュエータの小型化、高性能化によって重量、容積の軽減を図る努力がなされているが、その努力にも限界があった。
さらに、多機能のマニピュレータが機能を発揮する場合、複数あるアクチュエータの操作力は、対応する作動部が必要とする負荷を稼動させる動力源として、それぞれの作動部が必要とする最大値に設計する必要があった。
上記構成のマニピュレータシステムにおいては、個々の動力源は動作する機会が間欠的に訪れるため、動力源が休止している時間帯は、その休止している動力源が無効な容積、重量を占める事となっていた。
また、上記構成によれば、個々の動力源はその有効稼働率が低いため、全ての動力源の合計出力を高く設計する必要があり、多機能のマニピュレータの容積、重量を一層大きくしている原因ともなっていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、単一の動力源によって回転するスクリューの周辺にスクリューと平行に可動する爪が押し付けられることによって発生する操作力を利用するアクチュエータに係り、とくに牽引力を利用して複数の牽引機能を作為しようとするもので、多数の機械的制御機能を小さな容積で実現でき、多機能を発揮するマニピュレータ等へ応用可能な単一動力源による複数作動部制御用アクチュエータに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
単一の動力源によって回転するスクリューと、紐状又は帯状体に固定されていて前記スクリューの回転軸方向と平行に移動自在な複数対の爪と、電気信号により制御されて前記爪を前記スクリューに対して係合又は係合解除とするソレノイドとを備え、
1個の作動部に対して牽引力を伝える前記紐状又は帯状体が1本割り当てられ、該1本の紐状又は帯状体は滑車に架けられていて、当該紐状又は帯状体の移動方向が互いに反対方向となる部分に、前記複数対の爪のうちの一対の爪がそれぞれ固定されおり、該一対の爪の一方の爪が前記スクリューに係合しているときに他方の爪が係合解除となり、前記ソレノイドにより前記スクリューに係合状態とされた爪によって前記作動部に対して牽引力を発生することを特徴とする単一動力源による複数作動部制御用アクチュエータ。

【請求項2】
 
前記爪に固定された前記紐状又は帯状体は、前記作動部を牽引する方向が順方向となるワンウェイクラッチに通されている請求項1記載の単一動力源による複数作動部制御用アクチュエータ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000116202thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close