Top > Search of Japanese Patents > COMPRESSOR

COMPRESSOR

Patent code P05A007937
File No. 1953
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2000-154969
Publication number P2001-336498A
Patent number P3380897
Date of filing May 25, 2000
Date of publication of application Dec 7, 2001
Date of registration Dec 20, 2002
Inventor
  • (In Japanese)杉山 洋吉
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title COMPRESSOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To suppress variability with time of an incidence angle into a stationary blade, suppress a development of a boundary layer in a passage between a dynamic blade and a stationary blade, improve compressibility as well as to miniaturize a compressor.
SOLUTION: The compressor is composed of a dynamic blade driven to rotate by placing at a curved passage bent radially outward from a rotation driving shaft and a stationary blade placing at an almost axial passage connected to a lower stream of a curved passage and a form of a passage at an exit of the dynamic blade is axially bent so that a following edge at an exit side of the dynamic blade is placed in the almost axial passage.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ガスタービン、過給器等に用いる従来の遠心圧縮機および斜流圧縮機は、図5(a)および図5(b)に示すように、回転駆動軸D1の周りに、複数の動翼D2が配され、その下流には、複数の静翼D3が配される。
動翼D2は、曲線流路D4に位置されており、その下流側に静翼D3が位置されており、動翼後縁部D2aと静翼前縁部D3aの間を流路D6が接続している。上記動翼D2と静翼D3は、動翼後縁部D2aの回転駆動軸D1からの半径距離よりも、静翼D3の回転駆動軸D1からの半径距離が大きく設定されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、圧縮機の構造に係り、特に、圧縮機の高性能化および小型化を図る技術に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
回転駆動軸から半径方向外側に曲げられた曲線流路を有し、回転する動翼、およびその動翼出口の下流に静翼が位置する圧縮機であって、動翼出口から流出する流体がほぼ軸方向に流出するように、動翼出口付近の流路形状が軸方向に湾曲することを特徴とする圧縮機。

【請求項2】
 
上記圧縮機において、静翼、および動翼出口と静翼を接続する流路が、動翼出口の回転駆動軸からの半径に略等しい半径位置で、ほぼ軸方向に位置することを特徴とする請求項1に記載の圧縮機。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000154969thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close