Top > Search of Japanese Patents > SPACE-FEED PHASED ARRAY ANTENNA DEVICE

SPACE-FEED PHASED ARRAY ANTENNA DEVICE

Patent code P05A007942
File No. 1958
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2000-210277
Publication number P2002-022820A
Patent number P3404717
Date of filing Jul 11, 2000
Date of publication of application Jan 23, 2002
Date of registration Mar 7, 2003
Inventor
  • (In Japanese)戸梶 功
  • (In Japanese)森 健一
  • (In Japanese)田中 亨
  • (In Japanese)中村 智
  • (In Japanese)蜂須 裕之
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
  • (In Japanese)株式会社東芝
Title SPACE-FEED PHASED ARRAY ANTENNA DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce a transmission blind region by a simple constitution.
SOLUTION: In a reflector 112 by an array antenna, a reflection-type phase shifter is connected to every antenna element, a space feed is executed from a primary radiator 111 toward the arrangement face of the antenna element in a transmission, a transmission signal is sent out, and a reception signal which is sent out from every antenna element is fetched by the primary radiator 111 in a reception. A transmitting antenna 113 is arranged on a face on the opposite side of the signal sending-out face of the primary radiator 111, and the transmission signal can be sent out to a direction opposite to the primary radiator 111. Since radio waves radiated from the transmitting antenna 113 hardly creep to a reception system, the transmission blind region can be reduced. When a target is brought close, the radio waves are transmitted by using the transmitting antenna 113 by a selector switch 116, and the radio waves which are captured by the array antenna are switched in such a way that they are collected by the primary radiator 111 so as to be received.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般的なパルス変調型レーダ装置は、自ら電波を照射し、目標によって反射された電波の受信信号を処理して、目標情報(距離、角度等)を得るものである。これらのレーダ装置に用いられるアンテナ装置として、近時、小型軽量化された反射型の空間給電フェーズドアレイアンテナ装置が注目されている。
ところで、上記のレーダ装置に用いられる従来のアンテナ装置では、自己の送信パルス幅に比例した送信ブラインド領域なるものが存在する。この送信ブラインド領域では、過大な送信電波が受信系へ漏れ込むことを防ぐため、受信系への入力を電気的に切断している。そのことにより、送信ブラインド領域に入るような近距離にある目標から反射された電波を受信することは困難であった。特に、極近距離まで目標検出機能が必要となる飛しょう体搭載用のアクティブレーダ装置においては、この送信ブラインド領域内での目標検出のために、レーダ装置とは別に近接目標検出専用の近接センサを用いる必要があった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、レーダ・通信等に使用される反射型の空間給電フェーズドアレイアンテナ装置に係り、送信パルス幅に比例して大きくなる送信ブラインド領域を有するパルス変調型レーダ装置において、目標信号の抽出が可能となるアンテナ技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
繰り返し送信パルスを送出し、その反射信号を受信して目標情報を計測するパルスレーダに用いられ、
それぞれ反射型移相器が接続される複数のアンテナ素子をアレイ状に配列し、前記複数のアンテナ素子の励振信号をそれぞれ前記反射型移相器によりビーム形成方向に対応した位相制御を施しつつ反射して、前記複数のアンテナ素子から再放射する反射器と、
前記反射器のアンテナ素子配列面に対向配置され、前記反射器のアンテナ素子配列面への送信信号放射による空間給電及び前記アレイアンテナの再放射信号の受信を選択的に行う一次放射器と、
前記一次放射器の背面に配置され、前記目標方向に送信信号を放射する送信用アンテナと、
前記送信パルスを前記一次放射器に供給して前記空間給電により送出する第1の送信状態と、前記送信パルスを前記送信用アンテナに供給して直接放射により送出する第2の送信状態とを選択的に切り替える送信切替手段とを具備し、
前記第1及び第2の送信状態によって送出される前記送信パルスの反射信号を、いずれも前記反射器で受けてその再放射信号を前記一次放射器により受信することを特徴とする空間給電フェーズドアレイアンテナ装置。

【請求項2】
 
前記送信切替手段は、初期状態では前記1の送信状態とし、前記目標までの距離が一定値以下となったとき前記第2の送信状態に切り替えることを特徴とする請求項1記載の空間給電フェーズドアレイアンテナ装置。

【請求項3】
 
前記送信用アンテナは、複数のアンテナ素子をアレイ状に配列してなることを特徴とする請求項1記載の空間給電フェーズドアレイアンテナ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000210277thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close