Top > Search of Japanese Patents > RADAR

RADAR

Patent code P05A007961
File No. 1993
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2001-252491
Publication number P2003-066135A
Patent number P3513602
Date of filing Aug 23, 2001
Date of publication of application Mar 5, 2003
Date of registration Jan 23, 2004
Inventor
  • (In Japanese)末田 八郎
  • (In Japanese)中治 一秀
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title RADAR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a radar in which the searching speed of an medium pulse repetition radar, transmitting a next pulse before the reflection signal of a radio wave transmitted from the maximum design detection range of the radar is returned, can be increased without decreasing the detection range thereof.
SOLUTION: A scan correlation processor 2 is added to the body section 1 of a medium pulse repetition radar and target candidate signals having a high possibility of being a target signal are obtained at a different pulse repetitive frequency for every scan at the body section 1 of radar. The scan correlation processor 2 correlates the target candidate signals between scans and determines presence of a target signal and the position and Doppler frequency of a target signal. The scan correlation processor 2 performs correlation efficiently by estimating the future position where the possibility of being a target signal is high upon elapsing a single scan.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に、レーダの設計最大探知距離から送信した電波の反射信号が帰る前に次のパルスを送信する中パルス繰返方式のレーダ装置の場合、目標信号の距離とドップラ周波数を確定するためには、複数のパルス繰返周波数で目標候補信号を得て、それら目標候補信号の可能性ある距離及びドップラ周波数として共通して示す値を求める必要がある。このため、従来の中パルス繰返方式のレーダ装置では、一方向の捜索時に複数パルス繰返周波数で目標信号を得るとともに、目標信号の距離及びドップラ周波数を確定していた。その結果、複数のパルス繰返周波数による捜索を必要としないレーダ方式に比して、この方式のレーダ装置は捜索に時間を要するという問題があった。
上述の問題に対処する方策として、幅広いビームで送信することで捜索速度を上げるという手法が提案されている。しかし、これによると、同時に複数のビームで受信するとしても、送信電力は分散するため、レーダの探知距離は短くなるという問題が生ずる。
また、1つのパルス繰返周波数で捜索を行いつつ、目標候補信号が得られた場合に限り、複数のパルス繰返周波数でその目標信号有無と目標信号の距離及びドップラ周波数を確定するという方策も考えられる。しかし、これによれば、目標候補信号が得られた方向に電波を再指向するため、レーダ装置のアンテナ系をビーム操作が容易なフェイズドアレイ方式にする必要があり、費用を要すという問題が生ずる。
なお、観測データ相互の相関処理自体は例えば本発明者等による特許第2837257号公報で提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、レーダの設計最大探知距離から送信した電波の反射信号が帰る前に次のパルスを送信する中パルス繰返方式のレーダ装置において、その捜索速度を上げる手法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
中パルス繰返方式のレーダ装置本体部にスキャン相関処理装置を付加して、前記レーダ装置本体部ではスキャン毎に異なるパルス繰返周波数で目標信号である可能性の高い目標候補信号を得、前記スキャン相関処理装置では、前記目標候補信号のドップラ周波数を利用して、1スキャン経過後の目標の可能性ある未来位置を推定して前記目標候補信号についてスキャン間で相関をとり、目標信号有無と目標信号の位置及びドップラ周波数を確定することを特徴とするレーダ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001252491thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close