Top > Search of Japanese Patents > FLIGHT PLAN SUPPORTING METHOD

FLIGHT PLAN SUPPORTING METHOD

Patent code P05A007965
File No. 2006
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2001-328006
Publication number P2003-130677A
Patent number P3584325
Date of filing Oct 25, 2001
Date of publication of application May 8, 2003
Date of registration Aug 13, 2004
Inventor
  • (In Japanese)藤本 直
  • (In Japanese)國頭 聖
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
  • (In Japanese)川崎重工業株式会社
Title FLIGHT PLAN SUPPORTING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a low-altitude flight plan supporting method that can support accurate navigation in accordance with a flight plan.
SOLUTION: Both or either a deviation in position between the present position of an own aircraft and a normal position to be originally flown in the low-altitude flight plan, and/or a deviation in time between a present time and a normal time to be originally flown in the low-altitude flight plan are/is displayed. Therefore both or either information of the positional evaluation and the timewise evaluation of the own aircraft to the low-altitude flight plan can be provided to a pilot, and thereby the present flight state of the own aircraft can be continuously and accurately grasped in time sequence. Then accurate navigation based on the flight plan can be supported by more exact information in the low-altitude flight. In addition the present flight state of the own aircraft can be intuitively, quickly, and easily grasped by visually capturing the present flight state.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


典型的な従来の技術として、たとえば特開平9-91600号公報に、航空機用ナビゲーション装置が示されている。このナビゲーション装置は、電波航法または自立慣性航法によって自機の地表上の位置を検出する手段と、記憶媒体から所定地域における地形の標高情報、道路網情報、目印となる建築物等の目印情報からなる地表の地図情報を選択的に読み出して、表示器の画面に地表の地図を平面的に写し出す手段と、検出された位置から画面に写し出される地図上の位置をわり出して、その地図上に自機の現在位置を更新的に表示する手段と、自機の飛行方向を検出して、画面に写し出された地図上に自機の飛行方向を表示する手段とによって構成される。



これによって現在飛行中の所定地域における地表の地図を画面に写し出して、その地図上に自機の現在位置を、その位置における飛行方向および高度とともに更新的に表示するようにしており、その画面の表示内容をみることによって、自機の現在位置の確認および飛行状況の把握を容易になすことができる。そして地形の起伏、道路網、目印となる建築物などの実際の情景に応じた様々な視覚情報が得られ、また、航空管制および飛行予定コースなどの情報を視覚情報として得ることができ、視覚が不良の場合にも計器飛行に頼ることなく、自機の誘導案内をパイロットに負担をかけることなく容易に行わせることができ、フライトシミュレーション感覚で自機の操縦をすることができる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、飛行計画と自機位置とを比較して飛行計画に対する現在位置を特定し、飛行中の位置偏差、時間偏差および残りの経路などの飛行管理に必要な情報を提供する飛行計画支援方法に関する。



本発明において、用語「地上レーダ」は地上に設置されるレーダおよび車両等に積載され地上を移動するレーダを意味し、用語「空中レーダ」は航空機等に搭載されるレーダを意味する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
目的地までの旋回、上昇及び下降の空間的位置及び3次元の軌道並びに経路上の通過時刻を定義した飛行計画と自機位置とを比較して、自機位置の低高度飛行計画に対する位置偏差および時間偏差を計算して求め、
位置偏差および時間偏差のうち少なくともいずれか一方を、表示画面に目視可能に表示するとともに、
自機の飛行状態を検出する手段の検出結果に基づいて、表示を制御する誘導表示手段によって、飛行状態に応じた誘導表示内容を視界の悪化を防ぐための簡素な誘導表示内容、旋回経路の空間的な把握が可能な誘導表示内容および飛行計画経路を詳細に示す誘導表示内容の少なくともいずれか1つに自動的に選択することを特徴とする飛行計画支援方法。

【請求項2】
 
前記偏差表示は、ヘッドアップディスプレイによって外視界に重畳して表示されることを特徴とする請求項1記載の飛行計画支援方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001328006thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close