Top > Search of Japanese Patents > EARTH-SURFACE DISCRIMINATION APPARATUS AND REMOTE- OBJECT DISCRIMINATION APPARATUS

EARTH-SURFACE DISCRIMINATION APPARATUS AND REMOTE- OBJECT DISCRIMINATION APPARATUS

Patent code P05A007968
File No. 1997
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2001-397745
Publication number P2003-194931A
Patent number P3542083
Date of filing Dec 27, 2001
Date of publication of application Jul 9, 2003
Date of registration Apr 9, 2004
Inventor
  • (In Japanese)荒木 完
  • (In Japanese)伊藤 秀雄
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
  • (In Japanese)日本無線株式会社
Title EARTH-SURFACE DISCRIMINATION APPARATUS AND REMOTE- OBJECT DISCRIMINATION APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an earth-surface discrimination apparatus by which the discrimination accuracy of the kind of an earth surface can be enhanced by using new information.
SOLUTION: From a radar altimeter 1, an altitude and an earth-surface scattering coefficient are output. In an arithmetic circuit 41 and an arithmetic circuit 42, a fractal dimension value of the altitude and a fractal dimension value of the scattering coefficient are calculated respectively on the basis of the prescribed number of sampling values. In an arithmetic and decision circuit 6, the kind of the earth surface such as a rice field, a forest, a city area or the like is discriminated on the basis of both fractal dimension values.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


航空機等の飛しょう体の直下の地表面がどの様な種類の地表面であるかを推測する場合、従来は航空機等に搭載する電波高度計を利用して反射波の強度を測定し、その強度に基づいて地表面の種類を識別していた。この方法は例えば、海面上や湖水面上では反射波が強く、森林地帯では逆に反射波が弱くなる等の性質を利用したものである。



しかしながら、反射波の強度は、電波高度計の出力変動や飛しょう体の高度変動等、種々の条件によって同一の地表に対する場合でも大きく変動する。また、互いに異なる種類の地表が、ほぼ同程度の反射波の強さを持つこともしばしばある。従って、反射波の強さだけからでは地表を正確に識別することが困難であり、さらに何か別の情報(パラメータ)によって、地表識別の識別度を向上させる必要がある。



この点、特開平8-278366号公報に係る地表識別装置では、地表面からの反射波の強度のゆらぎ(fluctuation)の分散(dispersion)が該地表面の種類によって異なることを利用し、地表識別の精度向上を図っている。かかる技術によれば、反射波の強度を用いたフラクタル次元解析を行うことにより、電波高度計の出力変動や飛しょう体の高度変動に起因する反射波強度の変化の影響を低減して、より確実に地表面の種類を識別することができる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば航空機等の飛しょう体上で地表面の種類を識別する地表識別装置、及び遠隔物の表面状態を識別する遠隔物識別装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
飛しょう体の高度を逐次計測して出力する高度計と、
前記飛しょう体から該飛しょう体の下方に広がる地表面に向けて電波を放射するとともに、前記地表面からの反射波を受信する送受信機と、
前記高度の変化の乱雑さ及び前記反射波の強度変化の乱雑さに基づいて前記飛しょう体の下方に広がる地表面の種類を識別する識別手段と、
を含むことを特徴とする地表識別装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の地表識別装置において、
前記高度計は電波高度計であり、前記送受信機は前記高度計に含まれる送受信機であることを特徴とする地表識別装置。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載の地表識別装置において、
前記識別手段は、さらに前記反射波の強度に基づいて前記飛しょう体の下方に広がる地表面の種類を識別することを特徴とする地表識別装置。

【請求項4】
 
遠隔物への距離を逐次計測して出力する距離計と、
前記遠隔物表面に向けて電波を放射するとともに、該遠隔物表面からの反射波を受信する送受信機と、
を含み、
前記距離の変化の乱雑さ及び前記反射波の強度変化の乱雑さに基づいて前記遠隔物の表面状態を識別することを特徴とする遠隔物識別装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001397745thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close