Top > Search of Japanese Patents > SOUND VELOCITY MEASURING DEVICE OF UNDERWATER SOUND ABSORBING MATERIAL

SOUND VELOCITY MEASURING DEVICE OF UNDERWATER SOUND ABSORBING MATERIAL

Patent code P05A007972
File No. 1996
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2002-040177
Publication number P2003-240635A
Patent number P3533445
Date of filing Feb 18, 2002
Date of publication of application Aug 27, 2003
Date of registration Mar 19, 2004
Inventor
  • (In Japanese)三上 宏幸
  • (In Japanese)嶋村 英樹
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title SOUND VELOCITY MEASURING DEVICE OF UNDERWATER SOUND ABSORBING MATERIAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple and easy measuring method in the atmosphere of the sound velocity of underwater sound absorbing material.
SOLUTION: Piezoelectric sheets 10, 20 are placed on both faces of the underwater sound absorbing material, and an impact wave is imparted onto the center of the upper face by drop of an impact ball 300. Signals of the piezoelectric sheets 10, 20 are stored by a waveform storage device 30. By using the ratio k of a ratio station 40, the time Ta when the signal of the piezoelectric sheet 10 becomes the value of kA to the peak value A of the piezoelectric sheet 10 is calculated by a constant ratio amplitude time calculator 50, and the time Tb when the signal of the piezoelectric sheet 20 becomes kB to the peak value B of the signal of the piezoelectric sheet 20 is calculated by a constant ratio amplitude time calculator 60. By using the ratio c set by a ratio station 80, the time To when the signal of the piezoelectric sheet 20 becomes cB to the peak value B is calculated by a constant ratio amplitude time calculator 70. The difference Tm between the times Ta, Tb is calculated by a time difference calculator 90 and the difference Tr between the times To, Tb is calculated by a time difference calculator 100. Then, the sound velocity V of the underwater sound absorbing material is calculated by the expression V=L/(Tm-P*Tr) by a sound velocity calculator 110 by using the ratio p set by a ratio station 120.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、水中吸音材の音速を測定する手法としては、水を満たした水槽の水中に所定の間隔をおいて水中送波器と水中受波器を設置し、両者を水中音響測定装置に接続して計測を行なう方法が採られていた。即ち、水中送波器と水中受波器の間に試料となる水中吸音材を置いた場合と置かない場合とで異なる水中音響測定装置の計測結果から、当該水中吸音材の音速を計算することができた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水中吸音材の音速を測定する音速測定器に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
試料とする水中吸音材の両面に設けられた入力側及び出力側の圧電シートと、前記入力側の圧電シートに落下して衝撃波形を与える衝撃波形付与手段と、前記圧電シートが出力する信号を記憶する波形記憶器と、比率kが設定される第1の比率設定器と、入力側の前記圧電シートが出力する信号のピーク値Aに対して入力側の前記圧電シートが出力する信号がk*Aの値となる時刻Taを算出する第1の定比振幅時刻算出器と、出力側の前記圧電シートが出力する信号のピーク値Bに対して出力側の前記圧電シートが出力する信号がk*Bとなる時刻Tbを算出する第2の定比振幅時刻算出器と、比率cが設定される第2の比率設定器と、出力側の前記圧電シートが出力する信号のピーク値Bに対して出力側の圧電シートが出力する信号がc*Bとなる時刻Toを算出する第3の定比振幅時刻算出器と、前記時刻Taと前記時刻Tbとの時間差Tmを算出する第1の時間差算出器と、前記時刻Toと前記時刻Tbとの時間差Trを算出する第2の時間差算出器と、比率pが設定される第3の比率設定器と、式V=L/(Tm-p*Tr)を算出する音速算出器とを備えた水中吸音材音速測定器。

【請求項2】
 
試料とする水中吸音材の両面に設けられた入力側及び出力側の圧電シートのうち少なくとも入力側の圧電シートの表面に衝撃波を伝搬する板材を設けたことを特徴とする請求項1記載の水中吸音材音速測定器。

【請求項3】
 
試料とする水中吸音材の両面に入力側の圧電シートと出力側の圧電シートを設け、前記入力側の圧電シートに衝撃波形を与えた場合に入力側と出力側の圧電シートがそれぞれ出力する信号を用いて前記水中吸音材の音速を算出するためにコンピュータを水中吸音材音速測定器として機能させるためのプログラムを格納した水中吸音材音速測定器において、
前記プログラムが、前記コンピュータを、
前記圧電シートが出力する信号を記憶する波形記憶器として機能させ、比率kが設定される第1の比率設定器として機能させ、入力側の前記圧電シートが出力する信号のピーク値Aに対して入力側の前記圧電シートが出力する信号がk*Aの値となる時刻Taを算出する第1の定比振幅時刻算出器として機能させ、出力側の前記圧電シートが出力する信号のピーク値Bに対して出力側の前記圧電シートが出力する信号がk*Bとなる時刻Tbを算出する第2の定比振幅時刻算出器として機能させ、比率cが設定される第2の比率設定器として機能させ、出力側の前記圧電シートが出力する信号のピーク値Bに対して出力側の圧電シートが出力する信号がc*Bとなる時刻Toを算出する第3の定比振幅時刻算出器として機能させ、前記時刻Taと前記時刻Tbとの時間差Tmを算出する第1の時間差算出器として機能させ、前記時刻Toと前記時刻Tbとの時間差Trを算出する第2の時間差算出器として機能させ、比率pが設定される第3の比率設定器として機能させ、式V=L/(Tm-p*Tr)を算出する音速算出器として機能させることを特徴とする水中吸音材音速測定器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002040177thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close