Top > Search of Japanese Patents > HEAT STORAGE TYPE HEAT EXCHANGER

HEAT STORAGE TYPE HEAT EXCHANGER meetings

Patent code P05A007979
File No. 2026
Posted date Dec 2, 2005
Application number P2002-366362
Publication number P2004-198020A
Patent number P3677551
Date of filing Dec 18, 2002
Date of publication of application Jul 15, 2004
Date of registration May 20, 2005
Inventor
  • (In Japanese)香川 澄
  • (In Japanese)瀧澤 英一
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title HEAT STORAGE TYPE HEAT EXCHANGER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a heat storage type heat exchanger improved in handling when laminating with high accuracy by eliminating the generation of deflection of laminating members and fray of an end, reduced in price, and improved in functional performance by deciding a shape following the optimal design based on a result of numerical computing.
SOLUTION: A metal thin sheet 1 having a thickness of 0.1-0.2 mm is formed with multiple fine holes 2 by etching or electric casting. One surface or both surfaces of the thin sheet 1 are provided with grooves 3 for connecting the fine holes 2, and a peripheral part 9 of the thin sheet 1 is formed into a flat smooth surface without providing a fine hole to obtain high dimensional accuracy.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


図9乃至図11は従来の蓄熱式熱交換器を概略的に示した図であって、金網、発泡金属、マット状金属繊維、スプリングメッシュによる積層形(図10参照)、細管、ハニカム、ヘリパック、ねじり線による配列形(図11参照)、綿状金属繊維、ペブル(粒子)によるパック形(図12参照)がある。積層形は比表面積が大きく、作動ガスとの間の熱伝達率も高く、かつ、流動損失もそれほど大きくなく、配列形は流動損失をかなり低減できるが、比表面積が小さく、熱伝達率も低く、パック形は比表面積が大きく流動損失の調整も可能であるが、2つの性能を両立させる事は難しく、取扱い性が悪い。したがって、性能的には積層形が優れており、スターリングエンジンおよびスターリング冷凍機の実機試験において積層金網の優位性が実証され、多くの機関に使用されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、スターリングエンジンやスターリング冷凍機、ビィルミエサイクル機器、パルスチューブ冷凍機、熱音響機器を始めとする熱再生機構を有する機関、並びに再生式ガスタービンの蓄熱式熱交換器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金属薄板に多数の細孔を開け、この金属薄板を積層し、該金属薄板の外周部の厚さを、その内側よりも外周方向に連続して薄く形成したことを特徴とする蓄熱式熱交換器。

【請求項2】
 
前記金属薄板の片面若しくは両面上に、前記面方向に隣り合う各細孔の間を結ぶように溝を設けたことを特徴とする請求項1に記載の蓄熱式熱交換器。

【請求項3】
 
前記金属薄板に開けた前記細孔の形状、寸法を、金属薄板上の場所によって異ならせたことを特徴とした請求項1又は2に記載の蓄熱式熱交換器。

【請求項4】
 
前記金属薄板に設けた前記溝の形状、寸法を、金属薄板上の場所によって異ならせたことを特徴とする請求項2又は3に記載の蓄熱式熱交換器。

【請求項5】
 
前記金属薄板の加工精度を向上させる目的で、前記金属薄板の外周部に、細孔および溝を有しない平滑面を外周方向に連続して設けたことを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の蓄熱式熱交換器。

【請求項6】
 
前記金属薄板の外周縁の一部に金属薄板の厚さ方向に貫通する窪みを設けたことを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の蓄熱式熱交換器。

【請求項7】
 
前記金属薄板を異なる材質を複合させて構成したことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の蓄熱式熱交換器。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002366362thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close