Top > Search of Japanese Patents > MIDDLE INFRARED SOLID-STATE LASER DEVICE

MIDDLE INFRARED SOLID-STATE LASER DEVICE

Patent code P05A008089
File No. 1815
Posted date Dec 2, 2005
Application number P1999-310359
Publication number P2001-133822A
Patent number P3081921
Date of filing Oct 29, 1999
Date of publication of application May 18, 2001
Date of registration Jun 30, 2000
Inventor
  • (In Japanese)加藤 洌
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title MIDDLE INFRARED SOLID-STATE LASER DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a middle IR solid-state laser device which is small in size and light in weight, is high in output and stably outputs a middle IR laser beam of a 3 to 5 μm band in wavelength.
SOLUTION: This middle IR solid-state laser device is characterized by finding that both of conversion efficiency and output characteristics are improved by using an AgGa1-xInSe (x=0.25 to 0.35) crystal as a nonlinear optical crystal. The AgGa1-xInSe crystal is as large as Δθext.L1/2=8.1 deg.cm1/2 in a phase matching permissible angle and is θ=90° in phase matching conditions and therefore its walk off angle (a deviation between exciting light and output light) is zero and the output characteristics with respect to the exciting light are extremely outstanding. Then, if such crystal is used as a nonlinear optical crystal, the need for the angle regulation of the crystal is eliminated and the middle IR coherent light of the 3 to 5 μm band of the stable output may be obtained with the high conversion efficiency.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、非線形光学論系に基づいて、非線形光学素子(結晶)にコヒーレントな励起光(基本光)を入力することにより、異なる波長のコヒーレント光を出力せしめるレーザ発振器(光パラメトリック発振器)が知られている。この発振器は、一般に励起光源と、非線形光学素子と、その両側に配置された一対の反射鏡とから概略構成されており、上記励起光と出力光であるシグナル及びアイドラー光との間には次式(1)及び(2)に示す関係が成り立っている。
1/λs+1/λi=1/λp …(1)
ns/λs+ni/λi=np/λp …(2)
但し、λpは励起光の波長、λsはシグナル光の波長、λiはアイドラー光の波長、npは励起光の屈折率、nsはシグナル光の屈折率、niはアイドラー光の屈折率である。
かかる構成のレーザ発振器の1例として、1.9~2.3μmの波長領域でコヒーレント光を出力する赤外光パラメトリック発振器が本発明者等によって「CTA光パラメトリック発振器」(特許第2695376号)として提案されている。これは励起光源として1.047~1.0796μmの波長のレーザ光を発振する各種固体レーザを用い、非線形光学素子としてCsTiOAsO4結晶を用いたものである。
また、波長3~5μmのパラメトリック発振を行うレーザ発振器としては、励起光源にHo:YLF、Ho:YAG等の各種固体レーザを用い、非線形光学素子としてAgGaSe2やZnGeP2結晶を用いたものが知られている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光パラメトリック発振によりコヒーレント光を励起する中赤外固体レーザ装置に係り、特に3~5μmの波長でコヒーレント光を励起する中赤外固体レーザ装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
励起光源の励起光で光パラメトリック発振用の非線形光学素子を励起し、パラメトリック発振により3~5μm帯の波長でコヒーレント光を出力する中赤外固体レーザ装置であって、前記励起光源として2.05~2.1μmの波長でレーザ発振する固体レーザを用い、前記光パラメトリック発振用の非線形光学素子として、AgGa1-xInxSe2(x=0.25~0.35)結晶を用いたことを特徴とする中赤外固体レーザ装置。

【請求項2】
 
励起光源の励起光で光パラメトリック発振用の非線形光学素子を励起し、パラメトリック発振により3~5μm帯の波長でコヒーレント光を出力する中赤外固体レーザ装置であって、前記励起光源として、CsTiOAsO4結晶を1.047~1.0796μmの波長のレーザ光で励起して1.9~2.3μmのコヒーレント光を出力するCTA光パラメトリック発振器を用い、前記光パラメトリック発振用の非線形光学素子として、AgGa1-xInxSe2(x=0.25~0.35)結晶を用いたことを特徴とする中赤外固体レーザ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP1999310359thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close