Top > Search of Japanese Patents > HEARING AID PROCESSING METHOD AND HEARING-AID USING SAME

HEARING AID PROCESSING METHOD AND HEARING-AID USING SAME

Patent code P05A008105
File No. WASEDA-390
Posted date Dec 9, 2005
Application number P2004-105909
Publication number P2005-295119A
Patent number P4127680
Date of filing Mar 31, 2004
Date of publication of application Oct 20, 2005
Date of registration May 23, 2008
Inventor
  • (In Japanese)東山 三樹夫
  • (In Japanese)風間 道子
  • (In Japanese)高橋 義典
  • (In Japanese)寺田 清明
  • (In Japanese)坂本 真一
  • (In Japanese)中市 健志
Applicant
  • (In Japanese)早稲田大学
  • (In Japanese)リオン(株)
Title HEARING AID PROCESSING METHOD AND HEARING-AID USING SAME
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hearing aid capable of adjusting hearing aiding based on degradation in selectivity of frequency of a hearing aid wearer (hearing impaired person).

SOLUTION: A hearing aid 1 processes for hearing aiding with acoustic signal inputted from a microphone 2, and outputs the acoustic signal through an earphone 4. It comprises a signal processor 5, auditory nerve excitation pattern calculators 6 and 7, auditory filter form memories 8 and 9, comparator 10, correction processor 11, or the like. The auditory nerve excitation pattern calculators 6 and 7 calculate auditory nerve excitation pattern of hearing impaired person and hearing normal person based on the output signal of the signal processor 5 and the auditory filter form of the hearing impaired person and hearing normal person stored in the auditory filter form memories 8 and 9. The comparator 10 compares the auditory nerve excitation patterns of them, and the correction processor 11 corrects the input acoustic signal to provide an output acoustic signal so that the auditory nerve excitation pattern of the hearing impaired person comes to be equal to that of the hearing normal person.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)【背景技術】
現在一般に普及している補聴器のほとんどは、数種類の調整機能を有する。これらの調整機能には、例えばサブボリューム、出力制限、音質調整(主にフィルタを用いた周波数特性変更装置)、自動利得調整(AGC)などがあり、各調整の度合はユーザ若しくは調整者(医師、販売店員等)が自由に変更することができる。これらの調整は、装用者のオージオグラム(最小可聴閾値の上昇)を特定の計算式に代入して得られた調整値に基づいて行われる。 また、難聴の要因としては、オージオグラムの形状の他に、周波数選択性の劣化などが考えられる。オージオグラムの形状が殆ど同じであっても、周波数選択性の劣化の度合が異なると、オージオグラムの形状を基に補聴器を調整したとても、文章了解度が改善されない場合がある。また、同じタイプの補聴器を使用している難聴者であっても、周波数選択性の劣化の度合が異なり、雑音下での文章了解度が改善されない場合がある。 周波数選択性の劣化の度合については、聴覚フィルタ形状から個々の難聴者の度合を知ることができる。健聴者における聴覚フィルタ形状の個人差は小さいが、感音性難聴者における聴覚フィルタ形状は、周波数や音圧レベルに応じて様々に異なることが知られている。 そこで、聴覚フィルタ形状を短時間で測定する方法としては,周波数分解能測定装置などが知られている(例えば、特許文献1参照)。 また,聴覚フィルタ形状の他に、臨界帯域幅やマスキングパターンなどを用いても、周波数選択性の劣化度合を知ることができる。
【特許文献1】特開2001-95785号公報
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、周波数選択性の劣化に基づいて補聴調整する補聴処理方法及びそれを用いた補聴器に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 マイクロホンで入力した音声信号を補聴処理してイヤホンから音声信号を出力する補聴処理方法であって、入力音声信号の主要正弦波ピークに対する各聴覚フィルタの出力を周波数軸上畳み込み演算して健聴者及び難聴者の聴神経興奮パターンを算出し、難聴者の聴神経興奮パターンが、健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるように、入力音声信号を補正処理して出力音声信号とすることを特徴とする補聴処理方法。
【請求項2】
 前記聴神経興奮パターンは、入力音声信号のある特定の周波数成分を用いて算出される請求項1記載の補聴処理方法。
【請求項3】
 マイクロホンで入力した音声信号を補聴処理してイヤホンから音声信号を出力する補聴器であって、難聴者の聴神経興奮パターンが、健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるように、入力音声信号を補正処理して出力音声信号とする補聴処理部を備え、この補聴処理部は、健聴者及び難聴者の聴覚フィルタ形状を記憶する聴覚フィルタ形状記憶部と、マイクロホンの出力信号を各種処理する信号処理部と、この信号処理部の出力信号に対する各聴覚フィルタの出力を周波数軸上畳み込み演算して健聴者及び難聴者の聴神経興奮パターンを算出する聴神経興奮パターン算出部と、難聴者の聴神経興奮パターンが健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるためのゲイン係数を算出する比較部と、この比較部が算出したゲイン係数を用いて前記信号処理部の出力信号を補正処理する補正処理部からなることを特徴とする補聴器。
【請求項4】
 前記聴神経興奮パターンは、入力音声信号のある特定の周波数成分を用いて算出される請求項3記載の補聴器。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close