Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR EXTRACTING ESSENTIAL OIL

METHOD FOR EXTRACTING ESSENTIAL OIL achieved

Patent code P05P002608
File No. RSP60P04
Posted date Dec 19, 2005
Application number P2004-113587
Publication number P2005-298580A
Patent number P3842794
Date of filing Apr 7, 2004
Date of publication of application Oct 27, 2005
Date of registration Aug 18, 2006
Inventor
  • (In Japanese)沢村 正義
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD FOR EXTRACTING ESSENTIAL OIL achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method for extracting essential oil in which reaction conditions in the pre-treatment of essential oil extraction can be set easily; the essential oil can be extracted from a residue in a high yield; and remaining pericarp after squeezing can be efficiently composted.
SOLUTION: The residue after squeezing fruits is subjected to acid treatment followed by ordinary pressure- or reduced pressure-steam distillation to extract the essential oil from the residue.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に柑橘系の果実は、爽やかで、強い香りを有している。その中でも特に、柚子は世界的にもきわめてユニークで強烈な香りを有する柑橘系の果実である。このため、柚子の果皮精油は、生果においてはもとより、食品、香粧品、香水用の香料等として広く利用されている。最近は、アロマセラピーの面からも関心が寄せられている。また、その他の果実、特に柑橘系の果実の精油も、柚子の例と同様に広く利用されている。



これら柑橘系をはじめとする果実の果汁や精油は、各種の搾汁装置等を利用することで得ることができる。しかしながら、果実を搾汁した後に残存する果皮(外果皮、内果皮)や種子等の残滓には、精油が多く残存している。そこで、従来より、たとえば、酵素製剤を用いることで酵素処理を行なうことで、残滓から精油を抽出する方法(特許文献1)が提案されている。この抽出方法は、果皮等の残滓に残存する精油は、果皮(たとえば、内果皮のアルベド)等に含まれるペクチン類に包まれているため、ペクチンを分解消化するために酵素処理を行い、有害な有機溶媒を使用することもなく精油の抽出を行っている。これによって、残滓の精油の含有率が減少するため、柚子等の多くの柑橘系果実由来の精油が有する抗菌作用による堆肥化のための微生物活性の阻害を抑えることができ、残滓を効率よく堆肥化することができるとしている。
【特許文献1】
特開2004-18737号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この出願の発明は、精油抽出方法に関するものである。さらに詳しくは、この出願の発明は、精油抽出の前処理における反応条件の設定を簡単にでき、残滓から高収率で精油を抽出でき、また搾汁後の残滓果皮を効率よく堆肥化することのできる、新しい精油抽出方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
果実の搾汁後の残滓にヘキサメタリン酸ナトリウム水溶液による酸処理を施して、常圧または減圧の水蒸気蒸留で残滓から精油を抽出することを特徴とする精油抽出方法。

【請求項2】
 
果実の搾汁後の残滓に超音波を印加しつつ、常圧または減圧の水蒸気蒸留で残滓から精油を抽出することを特徴とする精油抽出方法。

【請求項3】
 
果実の搾汁後の残滓にヘキサメタリン酸ナトリウム水溶液による酸処理を施して、超音波を印加しつつ常圧または減圧の水蒸気蒸留で残滓から精油を抽出することを特徴とする精油抽出方法。

【請求項4】
 
果実は、柑橘系果実である請求項1から3のいずれか記載の精油抽出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close