Top > Search of Japanese Patents > INTRA-ARTICULAR ULTRASONIC ENDOSCOPE

INTRA-ARTICULAR ULTRASONIC ENDOSCOPE meetings

Patent code P05P004003
File No. IP33
Posted date Feb 16, 2006
Application number P2004-167410
Publication number P2005-342315A
Patent number P3689742
Date of filing Jun 4, 2004
Date of publication of application Dec 15, 2005
Date of registration Jun 24, 2005
Inventor
  • (In Japanese)森 浩二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title INTRA-ARTICULAR ULTRASONIC ENDOSCOPE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an intra-articular ultrasonic endoscope capable of being freely controlled so as to be able to irradiate ultrasound to the surface of an articular cartilage at a right angle in an articular cavity while preventing an ultrasonic probe from coming into contact with the surrounding tissues in the articular cavity, and a measuring method by the same.
SOLUTION: The intra-articular ultrasonic endoscope has the ultrasonic probe transmitting the ultrasound into the articular cavity and receiving the ultrasound reflected within the articular cavity as a reflecting echo, a distal end portion capable of inclining equipped with the ultrasonic probe, and a grip body portion arranged at an opposite position spaced apart from the distal end portion. The distal end portion can be freely inclined from an erected position to a horizontal position by arranging a base shaft and a movable shaft moving forward and rearward between the distal end portion and the grip body portion, turnably bearing each one end side of the base shaft and the movable shaft moving forward and rearward at spaced apart locations of the distal end portions, the other end portion is fixedly secured to the grip body portion, and moving forward and rearward the other end of the movable shaft moving forward and backward along a groove portion carved and formed in a longitudinal axial line direction of the grip body portion.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より超音波の照射角度を変更できる関節内超音波内視鏡については、様々な形態の装置が発明されている。例えば、微小な超音波探触子の角度を少しずつ変えて多数配列して、それを電子的に駆動する順番を変えることにより超音波の照射角度を変更する機構の発明がある。(例えば、特許文献1、特許文献2)



また、図11に示す直胴状の関節内超音波内視鏡60の先端部域には凹部状の刻設部があり、ここにプローブである超音波探触子62が配設してある。超音波探触子62から関節軟骨表面64に対して超音波15が照射されるようになっている。なお、符号66は切開位置を示す。(特許文献3)



【特許文献1】
特開平10-2255457号公報
【特許文献2】
特開2004-16727号公報
【特許文献3】
特開2002-345821号公報

Field of industrial application (In Japanese)


関節軟骨を含む関節近傍組織の診断を行う関節内超音波内視鏡とその測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
超音波を関節腔内に送信するとともに関節腔内で反射した超音波を反射エコーとして受信する超音波探触子と、該超音波探触子が配設された傾転自在な先端部位と、該先端部位と離間した対向位置に配設された把持本体部と、該先端部位と該把持本体部間に基軸と前後移動軸を配設し、該基軸と該前後移動軸の一端部側は該先端部位の離間した位置で回動自在に軸支するとともに、該基軸の他端部は把持本体部に固着し、該前後移動軸の他端部は把持本体部の縦軸線方向に刻設された溝部に沿って前後動させることによって該先端部位を起立位置から水平位置間で傾転自在な構成としたことを特徴とする関節内超音波内視鏡。

【請求項2】
 
該把持本体部側の該前後移動軸の端部をL字状に曲折したことを特徴とする請求項1記載の関節内超音波内視鏡。

【請求項3】
 
超音波を関節腔内に送信するとともに関節腔内で反射した超音波を反射エコーとして受信する超音波探触子と、該超音波探触子が配設された傾転自在な先端部位と、該先端部位と離間した対向位置に配設された把持本体部と、該把持本体部の途中に周方向に一定幅に開口された開口部と、該開口部に内周部にねじが刻設されて回動自在に配設されたねじ付きロールと、該先端部位と該把持本体部間に基軸と前後移動軸を配設し、該前後移動軸の途中に該前後移動軸より大径かつ該ねじ付きロールと噛合可能に配設したねじ軸部と、該基軸と該前後移動軸の一端部側は該先端部位の離間した位置で回動自在に軸支し、該基軸の他端部は把持本体部に固着するとともに該前後移動軸は自由端とし、該基軸の途中に該基軸より大径で該ねじ付きロールの内側に摺動する半円形形状の摺動部材を該ねじ付きロール位置に配設し、該ねじ付きロールを左右に回動させることによって該先端部位を起立位置から水平位置間で傾転自在な構成としたことを特徴とする関節内超音波内視鏡。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004167410thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close