Top > Search of Japanese Patents > OSCILLATOR ARRAY AND ITS SYNCHRONIZATION METHOD

OSCILLATOR ARRAY AND ITS SYNCHRONIZATION METHOD commons

Patent code P05A008273
File No. 282
Posted date Feb 24, 2006
Application number P2004-014580
Publication number P2005-210401A
Patent number P3861155
Date of filing Jan 22, 2004
Date of publication of application Aug 4, 2005
Date of registration Oct 6, 2006
Inventor
  • (In Japanese)松本 紘
  • (In Japanese)篠原 真毅
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title OSCILLATOR ARRAY AND ITS SYNCHRONIZATION METHOD commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an oscillator array and its synchronization method for stabilizing the oscillation frequencies of respective oscillators and synchronizing a plurality of oscillators.
SOLUTION: Signals generated by oscillators 1-1, 1-2 to 1-n are in phase with signals reflected by band-rejection filters 3-1, 3-2 to 3-n at the rejection frequencies of the band-elimination filters 3-1, 3-2 to 3-n and opposite in phase to signals leaking from the corresponding band-rejection filters 3-1, 3-2 to 3-n. Consequently, the oscillation frequencies of the oscillators 1-1, 1-2 to 1-n are balanced with optimum frequencies between frequencies characteristics of the oscillators 1-1, 1-2 to 1-n and the rejection frequencies of the band-rejection filters 3-1, 3-2 to 3-n to achieve stable oscillation, and the oscillators 1-1, 1-2 to 1-n can be synchronized by using the rejection frequencies as reference frequencies.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、直列接続(アレイ化)した複数の発振器を具える簡易構成の発振器アレイが従来提案されている(例えば、特許文献1~3参照)。この場合、分配損などがない高効率な送電部として期待できるとともに、マイクロ波送電における装置規模を減少することができる。
【特許文献1】
特開2002-299943号公報(請求項1)
【特許文献2】
特開2003-133952号公報(請求項1)
【特許文献3】
特開2003-258556号公報(請求項1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、フェーズドアンテナアレイのようにマイクロ波送電を行う発振器アレイ及びその同期方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
直列接続された複数の発振器と、
これら発振器の間にそれぞれ配置された帯域阻止フィルタとを具えることを特徴とする発振器アレイ。

【請求項2】
 
前記発振器と前記帯域阻止フィルタとの間に他の帯域阻止フィルタを配置するとともに、前記帯域阻止フィルタと前記他の帯域阻止フィルタとの間のポイントと、接地点との間に抵抗を配置したことを特徴とする請求項1記載の発振器アレイ。

【請求項3】
 
直列接続された複数の発振器と、これら発振器の間にそれぞれ配置された帯域阻止フィルタとを具えることを特徴とする発振器アレイの同期方法であって、
発振器の各々から発せられた信号が、前記帯域阻止フィルタの阻止周波数において、対応する帯域阻止フィルタで反射した信号と同相になるとともに、対応する帯域阻止フィルタから漏洩した信号と逆相になることによって、前記発振器の発振周波数を、前記発振器固有の周波数と前記帯域阻止フィルタの阻止周波数との間の最適な周波数に均衡して安定した発振を行うとともに、前記阻止周波数を基準周波数として前記発振器を同期させることを特徴とする発振器アレイの同期方法。

【請求項4】
 
前記帯域阻止フィルタは、該帯域阻止フィルタの阻止周波数において、(i)該帯域阻止フィルタに対応する発振器から発せられた信号の一部を、対応する前記発振器へ同相で反射するとともに、(ii)対応する前記発振器から発せられた信号の他の一部を逆相で漏洩することを特徴とする請求項1記載の発振器アレイ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004014580thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close