Top > Search of Japanese Patents > AGROBACTERIUM MICROBE WITH IMPROVED EFFICIENCY FOR TRANSDUCING GENE TO PLANT, AND METHOD FOR CREATING THE SAME

AGROBACTERIUM MICROBE WITH IMPROVED EFFICIENCY FOR TRANSDUCING GENE TO PLANT, AND METHOD FOR CREATING THE SAME

Patent code P05A008295
Posted date Mar 3, 2006
Application number P2004-133070
Publication number P2005-312345A
Patent number P4534034
Date of filing Apr 28, 2004
Date of publication of application Nov 10, 2005
Date of registration Jun 25, 2010
Inventor
  • (In Japanese)江面 浩
  • (In Japanese)南澤 究
  • (In Japanese)野中聡子
  • (In Japanese)菅原雅之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title AGROBACTERIUM MICROBE WITH IMPROVED EFFICIENCY FOR TRANSDUCING GENE TO PLANT, AND METHOD FOR CREATING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an Agrobacterium microbe with improved efficiency for transducing a gene to a plant, and to provide a method for creating the microbe.
SOLUTION: The Agrobacterium microbe with the improved efficiency for transducing the gene to the plant is obtained by imparting an ability for inhibiting the production of ethylene by the plant to which the foreign gene will be transduced by the Agrobacterium microbe, to the Agrobacterium microbe. The method for creating the microbe is also provided. Concretely, by this invention, the efficiency for transducing the gene to the plant is improved by introducing an ACC (a precursor of ethylene) deaminase gene or a rhizobitoxin-synthesizing gene. It is considered that a recombinant plant of a kind of plants to which the gene transduction is not carried out conventionally can be created by using the method using the Agrobacterium microbe of this invention.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現在、トウモロコシ、ダイズ、ワタ、ナタネなどの遺伝子組換え作物が商品化されている。栽培の中心は北米や南米であるが、中国やインドなど栽培地域が世界的な広がりをみせている。また、多くの種類の植物で遺伝子組換え植物の開発が実用化に向けて行われている。遺伝子組換え植物の作製法には、遺伝子銃を使用した直接法とアグロバクテリウム菌を使用した間接法が開発されているが、後者の方法が主要な方法として使用されている。なおアグロバクテリウム菌は根粒菌と近い土壌細菌であり、植物細胞をアグロバクテリウム菌に感染させることにより細菌の遺伝子がその植物細胞に転位する。よってアグロバクテリウム菌により仲介された遺伝子導入が可能となる。



しかしながら、現在までに開発されているアグロバクテリウム法は、遺伝子を導入しようとする植物の種類や品種の違いによって遺伝子導入効率に差がある。そのまたその遺伝子導入効率は極めて悪いためにしばしば問題を生じる。例えば、トマトやタバコ(Hanson et al., 1999)、イネ(Hiei et al., 1994)などでは高い効率が得られるが、コムギ(Cheng et al.,1997)、ホップ(Horlemann et al., 2003)、ナタネ(Cardoza et al., 2003)、メロン(Ezura et al., 2000)など商業的に重要な栽培植物品種への遺伝子導入の効率は低いままである。



そこで、植物細胞に遺伝子を導入する際に使用するアグロバクテリウム懸濁液にアグロバクテリウム菌の植物細胞への感染を促進する物質を添加することにより、遺伝子導入効率を促進する研究が行われている。そして既にいくつかの促進物質が見つかっており、効率的な組換え植物体の作製に利用されている。



例えば、アセトシリンゴンは、アグロバクテリウム菌の植物への感染を促進する物質であるために、ワタやトマトなどへのアグロバクテリウム法による遺伝子組換え体の作製に使用されている(Sunikumar and Rathore, 2001, Molecular Breeding, 8:37-52)。



【非特許文献1】
Sunikumar and Rathore, 2001, Molecular Breeding, 8:37-52

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、アグロバクテリウム菌に、当該アグロバクテリウム菌により外来遺伝が導入される植物のエチレンの生産を抑制する能力を付与することにより、特にACCデアミナーゼ遺伝子あるいはリゾビトキシン生合成系遺伝子を導入することにより、植物へ遺伝子を導入する効率が向上したアグロバクテリウム菌およびその作製方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アグロバクテリウム菌に、ACCデアミナーゼ遺伝子をサブクローニングすることにより、当該アグロバクテリウム菌により外来遺伝子が導入される植物のエチレンの生産を抑制する能力を付与して、植物へ外来遺伝子を導入する効率が向上したアグロバクテリウム菌を作製する方法。

【請求項2】
 
アグロバクテリウム菌に、ACCデアミナーゼ遺伝子をサブクローニングすることにより、当該アグロバクテリウム菌により外来遺伝子が導入される植物のエチレンの生産を抑制する能力を付与して、植物へ外来遺伝子を導入する効率が向上したアグロバクテリウム菌。

【請求項3】
 
アグロバクテリウム菌に、リゾビトキシン生合成系遺伝子をサブクローニングすることにより、当該アグロバクテリウム菌により外来遺伝子が導入される植物のエチレンの生産を抑制する能力を付与して、植物へ外来遺伝子を導入する効率が向上したアグロバクテリウム菌を作製する方法。

【請求項4】
 
アグロバクテリウム菌にリゾビトキシン生合成系遺伝子をサブクローニングすることにより、当該アグロバクテリウム菌により外来遺伝子が導入される植物のエチレンの生産を抑制する能力を付与して、植物へ外来遺伝子を導入する効率が向上したアグロバクテリウム菌
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

12484_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close