Top > Search of Japanese Patents > OPTICALLY ACTIVE AMINOPYRIDYL-GROUP-CONTAINING PYRROLIDINE DERIVATIVE AND ASYMMETRIC SYNTHESIS USING THE SAME

OPTICALLY ACTIVE AMINOPYRIDYL-GROUP-CONTAINING PYRROLIDINE DERIVATIVE AND ASYMMETRIC SYNTHESIS USING THE SAME

Patent code P05P004195
File No. 003-196
Posted date Mar 3, 2006
Application number P2004-210403
Publication number P2006-028105A
Patent number P4639327
Date of filing Jul 16, 2004
Date of publication of application Feb 2, 2006
Date of registration Dec 10, 2010
Inventor
  • (In Japanese)小槻 日吉三
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人高知大学
Title OPTICALLY ACTIVE AMINOPYRIDYL-GROUP-CONTAINING PYRROLIDINE DERIVATIVE AND ASYMMETRIC SYNTHESIS USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a stable optically active aminopyridyl-group-containing pyrrolidine derivative which is metal-free, is usable as an asymmetric synthesis catalyst usable for a carbon-carbon bond formation reaction and excellent in both enantioselectivity and diastereoselectivity and capable of being obtained simply and inexpensively and to provide an asymmetric synthesis using the same.
SOLUTION: The pyrrolidine derivative is represented by formula (I) (wherein -R1 and -R2 are each an alkyl group, an aryl group, or an aralkyl group or may be combined with each other to form an alkylene group or an alkenylene group; n is 0 to 2; and the carbon atom marked with * is an optically active carbon atom). The asymmetric synthesis comprises subjecting a nucleophilic reagent and an electrophilic reagent to a carbon-carbon bond formation reaction in the presence of at least the asymmetric synthesis catalyst represented by formula (I).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


化成品・医薬品には、光学活性化合物を原料にして製造されるものが数多くある。



このような光学活性化合物をマイケル付加反応、アルドール縮合反応等の炭素-炭素結合形成反応により合成する際に、固体の金属含有不斉合成触媒が用いられていた。金属含有不斉合成触媒は、水や酸素に不安定である。またこの触媒を用いると、反応の生成物の精製過程で固体の触媒の除去処理や金属汚染防止処置等の煩雑で面倒な操作が必要となる。



そこで最近では、金属不含有の不斉合成触媒が用いられている。例えば、非特許文献1及び2には、下記化学反応式







で示されるように、L-プロリンを不斉合成触媒として用いたアルドール縮合反応やマイケル付加反応により、光学活性ケトン化合物を合成する方法が記載されている。



【非特許文献1】
B. Listら, J. Am. Chem. Soc., 122, 2395 (2000)
【非特許文献2】
D. Ender, A. Seki, Synlett, 2002, No.1, 26.



また、非特許文献3には、光学活性ピロリジン環含有アミン化合物を不斉合成触媒として用いたマイケル付加反応により、光学活性ケトン化合物を合成する方法が記載されている。



【非特許文献3】
O. Andrey, A. Alexakis, G. Bernardinelli, Org. Lett., 5, 2559 (2003)



しかし従来の金属不含有の不斉合成触媒をマイケル付加反応等の炭素-炭素結合形成反応に用いても、反応生成物のエナンチオ選択性及び/又はジアステレオ選択性がさほど高くないという問題があった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光学活性化合物を光学収率よく不斉合成する際に、触媒として使用される光学活性アミノピリジル基含有ピロリジン誘導体、及びそれを用いた不斉合成方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記化学式(I)
【化1】
 


(式(I)中、-R1、-R2は、アルキル基、アリール基、アラルキル基、又は互いに連結されたアルキレン基若しくはアルケニレン基; nは、0~2; *は、光学活性炭素の表示)
で示されることを特徴とする光学活性アミノピリジル基含有ピロリジン誘導体。

【請求項2】
 
少なくとも、請求項1に記載の光学活性アミノピリジル基含有ピロリジン誘導体が含まれていることを特徴とする不斉合成触媒。

【請求項3】
 
有機酸が含まれていることを特徴とする請求項2に記載の不斉合成触媒。

【請求項4】
 
請求項2又は3に記載の不斉合成触媒存在下、求核試薬と求電子試薬とによるマイケル付加反応を行わせることを特徴とする不斉合成方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

12490_15SUM.gif
State of application right Registered
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close