Top > Search of Japanese Patents > SIGNAL PROCESSOR AND SIGNAL PROCESSING METHOD FOR DISCRETE SIGNAL

SIGNAL PROCESSOR AND SIGNAL PROCESSING METHOD FOR DISCRETE SIGNAL meetings

Patent code P05P002809
File No. A222P16
Posted date Mar 7, 2006
Application number P2004-218460
Publication number P2006-041878A
Patent number P3808483
Date of filing Jul 27, 2004
Date of publication of application Feb 9, 2006
Date of registration May 26, 2006
Inventor
  • (In Japanese)寅市 和男
  • (In Japanese)高橋 知幸
  • (In Japanese)河辺 徹
  • (In Japanese)片岸 一起
  • (In Japanese)中村 浩二
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title SIGNAL PROCESSOR AND SIGNAL PROCESSING METHOD FOR DISCRETE SIGNAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a signal processor and a signal processing method that can perform smooth signal reproduction when a discrete signal having irregular sample point intervals is reproduced.
SOLUTION: The signal processor is equipped with a coefficient arithmetic part 4 which inputs a sample point signal E2 representing the time of a sample point of the discrete signal E1 having irregular sample point intervals to find a coefficient of a sampling function corresponding to the discrete signal and a reproduced signal arithmetic part 5 which calculates and outputs function values within a sampling point interval based upon the discrete signal and the value of the coefficient outputted by the coefficient arithmetic part to obtain a continuous reproduced signal E3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


連続信号の離散化は、一定間隔の標本点毎に連続信号の信号値を取り出すサンプラ(標本化回路)によって行なわれる。連続信号がアナログ信号である場合、離散信号(標本化信号)は、量子化及び符号化されることによってディジタル信号になる。このようにして、アナログ-ディジタル変換されたディジタル信号は、ディジタル-アナログ変換において離散信号を経て連続信号として再生される。一定間隔で標本化が行なわれる場合を対象に、離散信号と標本化関数との畳み込み演算によって離散信号から再生信号を得る方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。



【特許文献1】
特開2000-13226号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、連続信号の離散化及び離散化した信号の再生に有効な処理装置及び処理方法に係り、特に画像信号、音響信号或いは画像の輪郭を抽出して得られる信号に適用して好適な信号処理装置及び信号処理方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
不等間隔の標本点で離散化された第1の信号と上記標本点の時間又は位置を表す第2の信号とを入力し、上記第2の信号で決定される標本化関数の値と上記第1の信号の大きさとの積を求め、上記積の第1の信号毎に求めた値の線形結合により、標本点間隔内の信号を再生することを特徴とする信号処理装置。

【請求項2】
 
間隔が不均等な標本点の時間又は位置を表す第2の信号を入力して標本化関数の係数を求める係数演算部と、
上記標本点で離散化された第1の信号と上記係数演算部が出力する上記係数の値とから標本点間隔内の関数値を演算出力することにより、連続した再生信号を得る再生信号演算部とを具備することを特徴とする信号処理装置。

【請求項3】
 
上記再生信号演算部は、上記係数演算部が出力する上記係数の値を多項式関数に当て嵌めて、標本点間隔内の所定の時間或いは位置における上記標本化関数の値を演算し、演算結果の演算値と上記第1の信号の信号値との積を求め、求めた積値の上記標本点間隔内の所定の時間或いは位置における総和を再生信号として出力することを特徴とする請求項2に記載の信号処理装置。

【請求項4】
 
間隔が不均等な標本点の時間又は位置を表す第2の信号を入力して標本化関数の係数を求める係数演算部と、
上記標本点で離散化された第1の信号と上記係数演算部が出力する上記係数の値から決定される標本化関数の値との内積演算を行ない、上記第1の信号の標本値毎に求めた内積演算値の線形結合によって連続した再生信号を得る再生信号演算部とを具備することを特徴とする信号処理装置。

【請求項5】
 
上記標本化関数は、標本点間隔の1/2毎に区切られた2n個の区間の各々で連続な2次式で表される多項式関数であって、標本点及び標本点間隔の1/2点において1回微分可能な2次の連続多項式関数からなり、基準となる標本点での値は1、他の標本点での値は雰であることを特徴とする請求項1~請求項4のいずれか一に記載の信号処理装置。

【請求項6】
 
上記第2の信号は、上記第1の信号が時系列信号である場合は経過時間で表され、上記第1の信号が座標を用いて示される信号である場合は座標点で表されることを特徴とする請求項1~請求項4のいずれか一に記載の信号処理装置。

【請求項7】
 
上記第2の信号は、隣接する標本点間の時間間隔又は距離で表されることを特徴とする請求項1~請求項4のいずれか一に記載の信号処理装置。

【請求項8】
 
不等間隔の標本点で離散化された第1の信号と上記標本点の時間又は位置を表す第2の信号とを入力するステップと、
上記第2の信号で決定される標本化関数の値と上記第1の信号の大きさとの積を求めるステップと、
上記積の第1の信号毎に求めた値の線形結合により、標本点間隔内の信号を再生するステップとを具備することを特徴とする信号処理方法。

【請求項9】
 
間隔が不均等な標本点の時間又は位置を表す第2の信号を入力して標本化関数の係数を求めるステップと、
上記標本点で離散化された第1の信号と上記係数の値とから標本点間隔内の関数値を演算出力することにより連続した再生信号を得るステップとを具備することを特徴とする信号処理方法。

【請求項10】
 
間隔が不均等な標本点の時間又は位置を表す第2の信号を入力して標本化関数の係数を求めるステップと、
上記標本点で離散化された第1の信号と上記係数の値から決定される標本化関数の値との内積演算を行なうステップと、
上記第1の信号の標本値毎に求めた内積演算値の線形結合によって連続した再生信号を得るステップとを具備することを特徴とする信号処理方法。

【請求項11】
 
上記標本化関数は、標本点間隔の1/2毎に区切られた2n個の区間の各々で連続な2次式で表される多項式関数であって、標本点及び標本点間隔の1/2点において1回微分可能な2次の連続多項式関数からなり、基準となる標本点での値が1、他の標本点での値が雰であることを特徴とする請求項8~請求項10のいずれか一に記載の信号処理方法。

【請求項12】
 
標本点間隔の1/2点における上記標本化関数の関数値が所定の条件によって定められることを特徴とする請求項8~請求項10のいずれか一に記載の信号処理方法。

【請求項13】
 
上記所定の条件は、標本点間隔の1/2点における上記標本化関数の上記関数値を基準となる標本点で対称となるように定めることによって示されることを特徴とする請求項12に記載の信号処理方法。

【請求項14】
 
上記所定の条件は、標本点間隔の1/2点における上記標本化関数の上記関数値を均等間隔の標本化関数の値と最小誤差で近似されるように定めることによって示されることを特徴とする請求項12に記載の信号処理方法。

【請求項15】
 
連続信号をサンプリングして得る第1の信号の適否を判断する信号適否判定部と、適の場合、上記第1の信号の標本点の時間又は位置を表す第2の信号を生成する標本点測定部と、適と判断された上記第1の信号と上記第2の信号とを入力して再生信号を得る信号再生部とを具備し、
上記信号再生部は、
上記第2の信号を入力して標本化関数の係数を求める係数演算部と、
上記適と判断された上記第1の信号と上記係数演算部が出力する上記係数の値とから標本点間隔内の関数値を演算出力することにより連続した再生信号を得る再生信号演算部とを具備することを特徴とする信号処理装置。

【請求項16】
 
上記信号適否判定部は、上記第1の信号の標本値に対してそれに隣接する標本点の第1の信号の標本値が所定の基準値を越えたか否かによって適否を判断し、基準値を越えたときに不適と判断することを特徴とする請求項15に記載の信号処理装置。

【請求項17】
 
上記信号適否判定部は、上記第1の信号の標本値に対してそれに継続する第1の信号の標本値が所定の基準値を越えたか否かによって適否を判断し、基準値を越えたときに適と判断することを特徴とする請求項15に記載の信号処理装置。

【請求項18】
 
連続信号をサンプリングして得る第1の信号の適否を判断する第1のステップと、適の場合、上記第1の信号の標本点の時間又は位置を表す第2の信号を生成する第2のステップと、適と判断された上記第1の信号と上記第2の信号を入力して再生信号を得る第3のステップとを具備し、
上記第3のステップは、
上記第2の信号を入力して標本化関数の係数を求める第4のステップと、
上記適と判断された上記第1の信号と上記係数の値とから標本点間隔内の関数値を演算出力することにより連続した再生信号を得る第5のステップとを具備することを特徴とする信号処理方法。

【請求項19】
 
上記第1のステップにおいて、上記第1の信号の標本値に対してそれに隣接する標本点の第1の信号の標本値が所定の基準値を越えたか否かによって適否が判断され、基準値を越えたときに不適と判断されることを特徴とする請求項18に記載の信号処理方法。

【請求項20】
 
上記第1のステップにおいて、上記第1の信号の標本値に対してそれに継続する第1の信号の標本値が所定の基準値を越えたか否かによって適否が判断され、基準値を越えたときに適と判断されることを特徴とする請求項18に記載の信号処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004218460thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST New High-Performance Information Processing Technology Supporting Information-Oriented Society - Aiming at the Creation of New High-Speed, Large-Capacity Computing Technology Based on Quantum Effects, Molecular Functions, Parallel Processing, etc.- AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close