Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS FOR SEPARATING MULTICOMPONENT MIXED LIQUID BY DISTILLATION

APPARATUS FOR SEPARATING MULTICOMPONENT MIXED LIQUID BY DISTILLATION commons

Patent code P05A008313
File No. 111
Posted date Apr 7, 2006
Application number P2000-119098
Publication number P2001-300201A
Patent number P3430255
Date of filing Apr 20, 2000
Date of publication of application Oct 30, 2001
Date of registration May 23, 2003
Inventor
  • (In Japanese)長谷部 伸治
  • (In Japanese)野田 賢
  • (In Japanese)橋本 伊織
Applicant
  • (In Japanese)学校法人京都大学
Title APPARATUS FOR SEPARATING MULTICOMPONENT MIXED LIQUID BY DISTILLATION commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus for separating a multicomponent mixed liquid by distillation, realizing a liquid level regulation mechanism without using an electronic measuring instrument for measuring the storage quantity of each storage tank at all.

SOLUTION: This apparatus for separating the multicomponent mixed liquid by distillation is equipped with a distillation column body (1) having a filling part or plate column part (1a), a reboiler (2) connected to the return end part of the distillation column body (1) and a condenser (3) connected to the terminal part of the distillation column body (1) at one end part thereof, and a reflux tank (4) is arranged between the other end part of the condenser (3) and the filling part or plate column part (1a) of the distillation column body (1) and has a liquid flow-down pipe (5) which consists of an outer pipe (5a) with a female screw fixed to the rear of the bottom part of the reflux tank (4) and an inner pipe (5b) with a male screw fitted to the female screw, and is constituted so that graduations capable of judging the height of the inner pipe from the bottom part of the reflux tank (4) are stamped on the inner pipe (5b) and the height of the inner pipe (5b) from the bottom part of the reflux tank (4) is regulable by the rotation of the inner pipe (5b).

Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来の多成分系混合液の蒸留による分離装置は、図6に示すような、還流槽と少なくとも一槽、図では二槽の、中間貯槽を有するものであり、このような分離装置の還流槽および中間貯槽のそれぞれには、各貯槽の貯留量を物理的に一定に保つべく、図7に示すような、電子的計器および制御装置が、各貯槽一器あたりに一組配設されていた。この、図7に示す電子的計器および制御装置は、還流槽24および中間貯槽26の上端と下端とに設置した検出端27、28の圧力差を電圧もしくは電流値として送信できる差圧電送器29、その電圧もしくは電流値をディジタル値に変換するA/D変換器30、A/D変換器からの信号を還流槽24および中間貯槽26の液レベルに変換し、その液レベルの変化に基づき自動調節弁34の新たな開度を計算する制御システム31、開度信号をアナログ値に変換するD/A変換器32、自動調節弁34の開度をD/A変換器32の信号値に一致させるための電々ポジショナ33、および電々ポジショナ33の信号に基づいて開度を調節できる自動調節弁34からなり、フィードバック制御の原理に基づき還流槽24および中間槽26の貯留量を物理的に一定として、液レベル調節機構を実現するものである。
Field of industrial application (In Japanese)この発明は、多成分系混合液の蒸留による分離装置に関するものであり、とくには、還流槽および中間貯槽の貯留量を測定するための電子的な装置を全く用いず、いわゆるオーバーフローの原理を利用して、各貯槽の貯留量を物理的に一定に調節できる機構を有し、全還流操作により多成分系混合液の分離を行う、分離装置に関するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  充填部または段塔部を有する蒸留塔本体と、蒸留塔本体の帰端部に連結したリボイラと、蒸留塔本体の終端部に一端部を連結したコンデンサとを具え、コンデンサの他端部と蒸留塔本体の充填部または段塔部との間に還流槽を配設してなる、多成分系混合液の蒸留による分離装置において、還流槽の底部の裏側に固定した雌ねじ付きの外管と、この雌ねじに適合する雄ねじ付きの内管とからなり、還流槽の底部からの内管の高さが判断可能な目盛が内管に刻印され、内管の回転により当該底部からの内管の高さが調節可能な液体流下用の管を有してなる、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項2】
  少なくとも二層の充填部または段塔部を有する蒸留塔本体と、蒸留塔本体の帰端部に連結したリボイラと、蒸留塔本体の終端部に一端部を連結したコンデンサと、コンデンサの他端部と蒸留塔本体の終端部側の充填部または段塔部との間に連結した還流槽とを具え、最近充填部または最近段塔部間にそれぞれ中間貯槽を配設してなる、多成分系混合液の蒸留による分離装置において、還流槽および少なくとも一槽の中間貯槽のそれぞれの底部の裏側に固定した雌ねじ付きの外管と、この雌ねじに適合する雄ねじ付きの内管とからなり、還流槽の底部からの内管の高さが判断可能な目盛が内管に刻印され、内管の回転により当該底部からの内管の高さが調節可能な液体流下用の管を有してなる、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項3】
  前記高さ調節に際する外管に対する内管の回転を、手動式としてなる請求項1もしくは2に記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項4】
  前記高さ調節に際する外管に対する内管の回転を、電動式としてなる請求項1もしくは2に記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項5】
  前記液体流下用の管における内管を、液体が当該内管の最上部から流下する構造としてなる請求項1~4のいずれかに記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項6】
  前記液体流下用の管における内管を、液体が当該内管の中間部に画成した穴から流下する構造としてなる請求項1~4のいずれかに記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項7】
  前記蒸留塔本体を、複数の蒸留塔ユニットから構成し、隣り合う各蒸留塔ユニットの間に、気液混相流を帰端部側の蒸留塔ユニットに戻すための汲み上げ用のポンプを各々配設してなる請求項2~6のいずれかに記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
Industrial division
  • Treatment operation
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close