Top > Search of Japanese Patents > CORROSION-RESISTANT FLOW ACCELERATOR FOR COLD/HOT WATER AND METHOD FOR ACCELERATING CORROSION-RESISTANT FLOW

CORROSION-RESISTANT FLOW ACCELERATOR FOR COLD/HOT WATER AND METHOD FOR ACCELERATING CORROSION-RESISTANT FLOW

Patent code P06P004065
File No. IP52
Posted date Apr 28, 2006
Application number P2004-267845
Publication number P2006-083247A
Patent number P4719873
Date of filing Sep 15, 2004
Date of publication of application Mar 30, 2006
Date of registration Apr 15, 2011
Inventor
  • (In Japanese)佐伯 隆
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title CORROSION-RESISTANT FLOW ACCELERATOR FOR COLD/HOT WATER AND METHOD FOR ACCELERATING CORROSION-RESISTANT FLOW
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a corrosion-resistant flow accelerator for cold/hot water which inhibits corrosion by using a counterion having a group in a meta- and para-position, not a benzene ring type counterion having a group in an ortho position which may cause metal corrosion, for a cationic surfactant which forms a bar shaped micelle in the presence of the counterion and, at the same time, can be used in a wide range of applications by stabilizing formation of the bar shaped micelle in a high temperature range, and to provide a method for accelerating corrosion-resistant flow of cool/warm water heating medium.
SOLUTION: The corrosion-resistant flow accelerator for cold/warm water comprises the cationic surfactant and the counterion of a benzoic acid which is at least either a meta- or a para-halogenated benzoic acid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


パイプなどの管内を流れる流体には、流体相互や該流体と管の壁面との境界のところで生ずる摩擦抵抗や、その抵抗に伴う乱流などが生ずることが知られ、それにより該流体の管内での流れに抗する力が働くこと、そしてそうした流体の中に僅かな量の特定の物質を添加することにより、該流体の管内での流れがよりスムーズになるあるいは該流体の管内での流れに抗する力を低下せしめることができることが知られている。こうした作用効果を持つ物質は、当該分野では、配管内流体用、「流れ促進剤」、「抗力減少剤」、「摩擦抵抗低減剤」、「DR剤」などと呼ばれている。オフィスビル、工場、病院、デパート、ホテル、公共施設等では空調設備が欠かせない。そうした空調などには、冷暖房用熱媒移送システムが使用される。こうした熱媒移送システム等においては、普通、配管の長さは長距離にわたり、配管内を流れる流体にかかる管内抵抗なども大きなものとなり、流体搬送動力も大きなものが必要となり、配管設備コストも膨大なものになる。さらにはランニングコストも増大する。



設備コストを削減し、流体搬送動力を低減させる有利な方法として、配管内を流れる水などの流体の配管抵抗を低減させる「流れ促進剤」を使用することが提案されてきている(例えば、特許文献1)。



ところで、空調設備等の冷温水配管は、防錆剤等を使用して水管理をしないと、管内に錆等を生じさせ、配管内部を閉塞させたり、配管自体を破損させて、トラブルを生じさせる恐れがあることから、従来より、様々な防錆、管理手段が取られている。特に大規模な空調施設(例えば、地域冷暖房、高層ビル空調など)、半導体工場での空調設備では、配管の延命が重要視されており、そうした目的で腐食抑制剤が多く利用されているのも事実である。密閉冷温水経路内に防錆として-般的に多く利用されている防錆剤としては、亜硝酸塩系の防錆剤が多いと言われている。



【特許文献1】
特開2002-80820号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、閉路循環系、地域冷暖房システム、各種工場の循環系、コージェネレーションシステムなどに使用する水などの熱媒流体中に粘弾性特性を持たせる添加剤を添加することによって抗力減少効果を誘起させ、乱流を層流化させるようにした冷温水用腐食抑制性流れ促進剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ステアリルトリメチルアンモニウムクロライドまたはオレイルビスヒドロキシエチルメチルアンモニウムクロライドからなるカチオン系界面活性剤と対イオン剤のパラハロゲン化安息香酸とよりなる流体用流れ促進剤。

【請求項2】
 
請求項1記載の流れ促進剤に防錆剤を添加することを特徴とする冷温水用腐食抑制流れ促進剤。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2記載の流れ促進剤に消泡剤を添加することを特徴とする冷温水用腐食抑制流れ促進剤。

【請求項4】
 
ステアリルトリメチルアンモニウムクロライドまたはオレイルビスヒドロキシエチルメチルアンモニウムクロライドからなるカチオン系界面活性剤50~1500ppm、対イオン剤のパラハロゲン化安息香酸50~5000ppmを流体に添加混合することを特徴とする冷温水熱媒における腐食抑制流れ促進方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004267845thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close