Top > Search of Japanese Patents > LIQUID STATE FLUID OBTAINED BY DISPERSING NANO-SIZED ULTRA FINE PARTICLE SUCH AS METAL

LIQUID STATE FLUID OBTAINED BY DISPERSING NANO-SIZED ULTRA FINE PARTICLE SUCH AS METAL

Patent code P06A008472
File No. 11616
Posted date May 19, 2006
Application number P2003-291967
Publication number P2004-339461A
Patent number P3935870
Date of filing Aug 12, 2003
Date of publication of application Dec 2, 2004
Date of registration Mar 30, 2007
Priority data
  • P2003-115481 (Apr 21, 2003) JP
Inventor
  • (In Japanese)大平 博昭
  • (In Japanese)荒 邦章
  • (In Japanese)此村 守
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title LIQUID STATE FLUID OBTAINED BY DISPERSING NANO-SIZED ULTRA FINE PARTICLE SUCH AS METAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To prepare a liquid state fluid used as a liquid metal cooling material or a heating medium, or the like, of a heat exchanger, reducing the reactivity or toxicity of the liquid state fluid itself and further improving the flow resistance of the liquid state fluid to reduce a leakage amount.
SOLUTION: This liquid state fluid is obtained by dispersing nano-sized ultra fine particles 1 such as a metal in a liquid state fluid 2. Thereby, it is possible to reduce the reactivity or toxicity of the liquid state fluid, in the case that the liquid state fluid has the reactivity or toxicity, and also to improve the flow resistance of the liquid state fluid for reducing the amount of the leakage from a very small crack. By using it as the heating medium of the heat exchanger, it is possible to make its heat conductive performance to the same degree as that of the original heat exchanger or above.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の高速炉冷却材は、ナトリウム等の液体アルカリ金属を用いることにより、炉心で発生する高密度の熱エネルギーを伝達できるという利点があるものの、蒸気発生器等の熱交換器におけるナトリウム-水反応やナトリウム漏洩におけるナトリウム燃焼等の激しい反応が生じる可能性が完全には排除できないという欠点があった。



また、高温側熱媒体と低温側熱媒体との接触が許されないプラント等の熱交換器や、高い反応性を有する液体アルカリ金属を扱う機器システムでは、万一生じる液体アルカリ金属の漏洩を完全に排除できないという欠点があった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、液体アルカリ金属の反応性を低減し、あるいは流動抵抗性や熱伝導性を向上させる技術に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
高速炉において冷却材として使用される液体アルカリ金属に金属、合金および金属化合物からなる群から選ばれる一種または二種以上のナノサイズ超微粒子を分散させたことを特徴とする液体アルカリ金属。

【請求項2】
 
高速炉において冷却材として使用される反応性を有する液体アルカリ金属に金属、合金および金属化合物からなる群から選ばれる一種または二種以上のナノサイズ超微粒子を分散させることにより液体アルカリ金属の反応性を低減させたことを特徴とする液体アルカリ金属。

【請求項3】
 
高速炉において冷却材として使用される液体アルカリ金属に金属、合金および金属化合物からなる群から選ばれる一種または二種以上のナノサイズ超微粒子を分散させることにより液体アルカリ金属の流動抵抗性を高めたことを特徴とする液体アルカリ金属。

【請求項4】
 
熱交換器の熱媒体としての液体アルカリ金属にこの液体アルカリ金属より高い熱伝導率を有する金属、合金および金属化合物からなる群から選ばれる一種または二種以上のナノサイズ超微粒子を分散させることにより熱媒体の熱伝導性を向上させたことを特徴とする液体アルカリ金属。

【請求項5】
 
前記のナノサイズ超微粒子が金属ナノサイズ超微粒子であることを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の液体アルカリ金属。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003291967thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close