Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MAKING WASTE PLASTIC MATERIAL MIXTURE CONTAINING CHLORINE-CONTAINING RESIN HARMLESS

METHOD FOR MAKING WASTE PLASTIC MATERIAL MIXTURE CONTAINING CHLORINE-CONTAINING RESIN HARMLESS commons

Patent code P06P003321
File No. NI0400018
Posted date May 26, 2006
Application number P2004-318689
Publication number P2006-131652A
Patent number P4565259
Date of filing Nov 2, 2004
Date of publication of application May 25, 2006
Date of registration Aug 13, 2010
Inventor
  • (In Japanese)三島 彰司
  • (In Japanese)小須田 崇
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
  • (In Japanese)直富商事株式会社
Title METHOD FOR MAKING WASTE PLASTIC MATERIAL MIXTURE CONTAINING CHLORINE-CONTAINING RESIN HARMLESS commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To make a waste plastic material mixture containing chlorine-containing resins harmless without discharging harmful materials.
SOLUTION: This method for making the waste plastic material mixture containing the chlorine-containing resins harmless is provided by mixing a necessary amount of zinc oxide to the waste plastic material mixture containing the chlorine-containing resins, thermally decomposing at 180-300°C and washing to remove chlorine components. The produced zinc chloride is reused by returning to zinc oxide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


産業廃棄物や家庭ゴミとして多量に排出されるプラスチック廃棄物は,ポリエチレン,ポリエチレンテレフタレートなどとポリ塩化ビニル,ポリ塩化ビニリデン等の含塩素樹脂との混合物である場合が多い。このようなプラスチック廃棄物は,熱分解処理や焼却処理の際に有害な塩化水素ガスを発生するのみならずダイオキシンなどの有毒塩素化合物を副生する可能性がある。このため,含塩素樹脂を含むプラスチック混合物の処理は埋め立てが主流であった。しかし,廃棄物の埋立地が飽和してきている現在,含塩素樹脂混入廃棄プラスチック混合物の無害化および再資源化は,我国が直面する緊急かつ重要課題となっている。このため,プラスチック廃棄物を無害化処理するための多様な分解再資源化技術の開発が試みられている(例えば特許文献1参照)。



【特許文献1】
特開2004-269652号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は,廃棄プラスチックの分解・再資源化技術の分野に属するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
廃棄プラスチック混合物に酸化亜鉛を混合して200~300℃の範囲で熱処理して熱分解することにより,このプラスチック混合物中に含まれる含塩素樹脂のみを選択的に脱塩素無害化することを繰り返すものであって、前記熱分解のあとで、前記廃棄プラスチック混合物を前記熱処理した熱処理混合物中の酸化亜鉛および生成物の1つである塩化亜鉛を酸性水溶液に溶解した後,pHを調節して沈殿として分離し,酸化亜鉛に再変換して,前記繰り返す際に,廃棄プラスチック混合物に混合する酸化亜鉛として,再使用することを特徴とする廃棄プラスチック混合物の無害化処理法。

【請求項2】
 
前記廃棄プラスチック混合物,ポリエチレン,ポリプロピレン,ポリスチレン,若しくはポリエチレンテレフタレート,またはこれらの何れかの混合物と,ポリ塩化ビニル,ポリ塩化ビニリデンおよびこれらの共重合体から選ばれる含塩素樹脂含むものであることを特徴とする請求項1に記載の廃棄プラスチック混合物の無害化処理法。

【請求項3】
 
前記酸化亜鉛が、前記含塩素樹脂に含有される塩素の少なくとも当量であることを特徴とする請求項1に記載の廃棄プラスチック混合物の無害化処理法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

13572_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close