Top > Search of Japanese Patents > DATA TRANSMITTER, DATA TRANSMISSION SYSTEM, CONTROL METHOD FOR DATA TRANSMITTER, CONTROL PROGRAM OF THE DATA TRANSMITTER AND RECORDING MEDIUM RECORDED WITH THE CONTROL PROGRAM OF THE DATA TRANSMITTER

DATA TRANSMITTER, DATA TRANSMISSION SYSTEM, CONTROL METHOD FOR DATA TRANSMITTER, CONTROL PROGRAM OF THE DATA TRANSMITTER AND RECORDING MEDIUM RECORDED WITH THE CONTROL PROGRAM OF THE DATA TRANSMITTER commons

Patent code P06P003837
Posted date May 26, 2006
Application number P2004-318414
Publication number P2006-127416A
Patent number P4682319
Date of filing Nov 1, 2004
Date of publication of application May 18, 2006
Date of registration Feb 18, 2011
Inventor
  • (In Japanese)児玉 明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title DATA TRANSMITTER, DATA TRANSMISSION SYSTEM, CONTROL METHOD FOR DATA TRANSMITTER, CONTROL PROGRAM OF THE DATA TRANSMITTER AND RECORDING MEDIUM RECORDED WITH THE CONTROL PROGRAM OF THE DATA TRANSMITTER commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent unauthorized use of data by a third party and to more promptly perform transmission processing of the data.
SOLUTION: The unauthorized use of contents to be transmitted is prevented and time required for the transmission processing of contents is shortened since this content transmitter 6 of this invention has a basic data extraction part 21 which extracts basic data 50 including partial data to be required for reproducing data as significant information from the contents and element specification information indicating what element of the contents the partial data is from the contents and separately transmits the basic data 50 and basic omission data 51 after the basic data 50 is extracted to a content acquisition processor 8.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年では、高速な通信回線の普及によって実現される、大容量のデータを活用した新たなサービスが提供されるようになっている。例えば、このサービスとして、映像コンテンツまたは音楽コンテンツなどをユーザに配信するサービスが挙げられる。



通常、ユーザ側が、映像または音楽コンテンツの配信サービスを受ける場合、ユーザ側からコンテンツを提供する運営者のサイトにアクセスし、映像または音楽コンテンツを取得する。このようにユーザ側が運営者のサイトからコンテンツの配信サービスを受ける場合、通常ユーザ側と運営者側との間で送受信される情報は暗号化され、第3者による情報の不正使用を防止するようになっている。すなわち、公開鍵暗号または秘密鍵暗号、デジタル証明書、ハッシュ関数などのセキュリティ技術を組み合わせ、情報の盗聴または改ざんなどを防ぐようになっている。



例えば、コンテンツを提供するサーバからユーザが所持する端末装置に映像または音楽データなどのコンテンツを送信する場合、図20に示すように、サーバでは送信するコンテンツ自体を暗号化処理する。そして、サーバは、暗号化したコンテンツを端末装置に送信する。一方、ユーザ側装置では暗号化されたコンテンツを受信し、このコンテンツに対する暗号解読処理を行って、コンテンツを取得するようになっている。また、上記暗号化したコンテンツを例えばSSLなどの暗号化通信を行うプロトコルを利用して送信するようになっている。



なお、上記したような情報の不正使用を防止するために、例えば特許文献1では、ネットワークに接続されている端末装置に対し、暗号化されたコンテンツを復号する復号鍵と、この復号鍵の供給可能な管理数とを管理する鍵配信装置が開示されている。なお、この鍵配信装置は、ホームネットワークに接続されている端末装置を正当な供給先であるか否かを判定し、正当な供給先に復号鍵を配信するものである。したがって、データの不正利用を防止するとともに、送信されたデータを迅速に利用可能とするものではない。
【特許文献1】
特開2004-112788号公報(2004年4月8日公開)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、データの送信を要求する情報処理装置に対して、要求されたデータを当該情報処理装置に送信するデータ送信装置、データ送信システム、データ送信装置の制御方法、データ送信装置の制御プログラム、データ送信装置の制御プログラムを記録した記録媒体に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
音声データ、音楽データ、および映像データのうちの少なくとも1つのデータの送信を当該データ送信装置に対して要求するとともに、この要求に応じて該データ送信装置から受信した情報を合成して再生する情報処理装置と通信可能に接続されたデータ送信装置であって、
上記データを構成する要素のうちの一部であり、該データを有意な情報として再生するために必要となる情報であって、その一部の情報が欠落したデータである部分データと、当該部分データが上記データのうちのどの要素であるかを上記情報処理装置が特定可能とするための情報、ならびに欠落した一部の情報を示すデータである欠落データと上記部分データとの対応関係を示す情報を含む要素特定情報とを有する基本データを、当該データを所定時間分ごとに分割したデータである分割データからそれぞれ抽出する抽出手段と、
上記抽出手段によりそれぞれ抽出された基本データを上記情報処理装置に送信する基本データ送信手段と、
上記欠落データを上記情報処理装置に送信する欠落データ送信手段と
上記情報処理装置の利用者を特定する情報である利用者特定情報を、上記基本データ送信手段による基本データの送信開始時から定期的に受け付ける受け付け手段と、
上記受け付け手段によって受け付けた利用者特定情報に基づき、上記情報処理装置の利用者が、上記データの送信先として正規の送信先であるか否かを判定する判定手段とを備え、
上記判定手段により上記利用者がデータの正規の送信先であると判定される度に、上記基本データ送信手段が、上記各分割データから抽出した基本データを送信することを特徴とするデータ送信装置。

【請求項2】
 
上記データを符号化し圧縮する圧縮手段をさらに備え、
上記部分データは、上記圧縮手段により符号化された上記データから得られる情報であり、上記情報処理装置において圧縮された上記データを正常に再生するために必要となる情報を含むデータであることを特徴とする請求項1に記載のデータ送信装置。

【請求項3】
 
上記基本データ送信手段は、上記情報処理装置に送信する上記基本データを暗号化する暗号化手段を備えることを特徴とする請求項2に記載のデータ送信装置。

【請求項4】
 
上記請求項1に記載のデータ送信装置と、該データ送信装置に対して音声データ、音楽データ、および映像データのうちの少なくとも1つのデータの送信を要求する情報処理装置とを備えるデータ送信システムであって、
記情報処理装置が、
上記データ所定時間分ごとに分割した分割データそれぞれから抽出され基本データを、上記データ送信装置から受信する基本データ受信手段と、
上記欠落データを上記データ送信装置から受信する欠落データ受信手段と、
上記基本データ受信手段により受信された上記基本データと、上記欠落データ受信手段により受信された欠落データとを、当該基本データに含まれる上記要素特定情報に基づき合成する合成手段と、
上記利用者特定情報を記憶する記憶装置と、
上記合成手段により、上記基本データと欠落データとの合成が完了する度に、上記記憶装置に記憶された利用者特定情報を、上記データ送信装置に送信する利用者特定情報送信手段とを備えることを特徴とするデータ送信システム。

【請求項5】
 
音声データ、音楽データ、および映像データのうちの少なくとも1つのデータの送信を当該データ送信装置に対して要求するとともに、この要求に応じて該データ送信装置から受信した情報を合成して再生する情報処理装置と通信可能に接続されたデータ送信装置を制御するデータ送信装置の制御方法であって、
上記データを構成する要素のうちの一部であり、該データを有意な情報として再生するために必要となる情報であって、その一部の情報が欠落したデータである部分データと、当該部分データが上記データのうちのどの要素であるかを上記情報処理装置が特定可能とするための情報、ならびに欠落した一部の情報を示すデータである欠落データと上記部分データとの対応関係を示す情報を含む要素特定情報とを有する基本データを、当該データを所定時間分ごとに分割したデータである分割データからそれぞれ抽出する抽出ステップと、
上記抽出ステップにおいてそれぞれ抽出された基本データを上記情報処理装置に送信する基本データ送信ステップと、
記欠落データを上記情報処理装置に送信する欠落データ送信ステップと
上記情報処理装置の利用者を特定する情報である利用者特定情報を、上記基本データ送信ステップによる基本データの送信開始時から定期的に受け付ける利用者特定情報受け付けステップと、
利用者特定情報受け付けステップにおいて受け付けた上記利用者特定情報に基づき、上記情報処理装置の利用者が、上記データの送信先として正規の送信先であるか否かを判定する判定ステップとを含み、
上記判定ステップにおいて上記利用者がデータの正規の送信先であると判定される度に、上記基本データ送信ステップにより、上記各分割データから抽出した基本データを送信することを特徴とするデータ送信装置の制御方法。

【請求項6】
 
請求項1~3の何れか1項に記載のデータ送信装置を動作させるための制御プログラムであって、コンピュータを上記各手段として機能させるためのデータ送信装置の制御プログラム。

【請求項7】
 
請求項6に記載のデータ送信装置の制御プログラムが記録されたコンピュータの読取り可能な記録媒体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004318414thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close