Top > Search of Japanese Patents > HUMAN BODY RADIANT HEAT METER

HUMAN BODY RADIANT HEAT METER

Patent code P06P004492
File No. T10
Posted date May 26, 2006
Application number P2004-322045
Publication number P2006-133067A
Patent number P4608653
Date of filing Nov 5, 2004
Date of publication of application May 25, 2006
Date of registration Oct 22, 2010
Inventor
  • (In Japanese)田神 一美
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title HUMAN BODY RADIANT HEAT METER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a human body radiant heat meter capable of measuring periodically the quantity of radiant heat entering the human body.
SOLUTION: This human body radiant heat meter comprises a sensor formed by connecting in a U-shaped form an upper sensing part, a lower sensing part and a lateral sensing part formed respectively by sticking a heat flow sensor onto the surface of a Peltier element plate; and a measuring device for supplying a power source to each Peltier element plate of the sensor, receiving measured data from the sensor, and storing the data. The radiant heat meter has a constitution characterized by supporting the sensor in the air by a support part extending horizontally from the measuring device.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


夏季に気温が異常に上昇した場合又は高温環境下で作業や運動をした場合に熱中症になることがある。熱中症は、気温、湿度又は輻射熱等の環境的要因や、健康状態又は運動量など様々な要因により発生する。



直射日光及び土壌からの照り返しによる輻射熱は、人体に大きな影響を与えるため、輻射の少ないグラウンドや舗装道路を作ることにより、熱中症の発生を抑えることが試みられている。



特許文献1に記載されているように、輻射熱ガイド等の温度上昇に起因する測定誤差を小さく抑えて、被測定物の輻射熱を高い精度で測定することができる輻射熱センサという発明も公開されている。
【特許文献1】
特開平07-301566号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、日光及び土壌からの人体への輻射熱流入量を計測することができる人体輻射熱計に関する発明である。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ペルチェ素子板の表面に熱流センサを貼付した上受感部、下受感部及び横受感部をコの字状に連設したセンサと、前記センサのペルチェ素子板に電源を供給し、前記センサから計測データを受け取って記憶する測定装置とからなり、前記測定装置から水平に延びた支持部により前記センサを空中で支えることを特徴とする人体輻射熱計。

【請求項2】
 
センサの表面温度を、運動中の平均皮膚温に相当する約35℃に調整したことを特徴とする請求項1に記載の人体輻射熱計。

【請求項3】
 
センサの裏面に空冷用フィンを設けたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の人体輻射熱計。

【請求項4】
 
測定装置が、動作制御や演算処理を行う中央処理装置及び計測データを定期的に蓄積する記憶装置からなるコンピュータと、センサへの電源供給、計測データの受信又は外部機器への計測データ出力を行うためのインタフェースとからなることを特徴とする請求項1、請求項2又は請求項3に記載の人体輻射熱計。

【請求項5】
 
計測データの受信が、センサの微小電圧計でセンサ出力を感知し、AD変換器でアナログデータをディジタルデータに変換して測定装置に取り込むことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3又は請求項4に記載の人体輻射熱計。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004322045thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close