Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER AND CHIRAL POLYMER OBTAINED BY THE METHOD

METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER AND CHIRAL POLYMER OBTAINED BY THE METHOD commons

Patent code P06P004493
File No. T05
Posted date May 26, 2006
Application number P2004-322364
Publication number P2006-131758A
Patent number P4452826
Date of filing Nov 5, 2004
Date of publication of application May 25, 2006
Date of registration Feb 12, 2010
Inventor
  • (In Japanese)後藤 博正
  • (In Japanese)赤木 和夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER AND CHIRAL POLYMER OBTAINED BY THE METHOD commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a chiral polymer, by which the stable chiral polymer can simply be obtained from an achiral monomer without using a chiral monomer and a chiral catalyst.
SOLUTION: This method for producing the chiral polymer comprises polycondensing the achiral monomer in a chiral nematic liquid crystal phase as a solvent at a temperature maintaining the liquid crystal phase in the presence of 0-valent palladium catalyst without using a chiral catalyst. Thereby, the chiral polymer having structural units such as thiophene or phenyl units having, for example, bulky substituents is obtained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


光学活性を有する固体ポリマーを得るためには、光学活性触媒を用いて重合反応時に分子レベルで特定方向からの反応を生じさせ、その結果、キラルなポリマーを合成することが可能である。しかしながら、大抵は溶融又は溶解時にキラリティが失われてしまう。このため、螺旋構造を有する安定な光学活性ポリマーを生成するために、多くの方法が提案されてきた。これを解決するためにビニルポリマーへのトリチルメタクリレートなどの嵩高な置換基の導入などが行われてきた。しかし、この方法を用いたとき、ポリマーの溶解性の低下から、成形加工性が低下してしまう。また、キラルな置換基を持つモノマーを重合することにより、キラルなポリマーを得る方法も行われてきた。この場合、光学活性な触媒を用いる必要はなく、モノマーユニットのもつ光学活性がポリマーに反映される。このため安定なキラリティーをもつポリマーを合成することができる(非特許文献1乃至8)。
これらの方法では、目的とするポリマーを得るために、テトラヒドロフラン、ベンゼン又はエーテルなどの等方性有機溶液中で合成反応を行う。また、安定性の高い光学物性を有する螺旋状ポリアセチレンは、キラルネマティック液晶(LC)の表面上で合成することができることも報告されている(例えば非特許文献9乃至11)。
また、ネマティック液晶に、キラルドーパントとモノマーと支持電解質を添加して、電圧を印加することによって、光学活性共役系高分子を得る方法も提案されている(特許文献1)。
【非特許文献1】
Chem. Rev., 1994, Vol.94, pp.349-372
【非特許文献2】
Adv. Mater., 1997, Vol.9, pp.493-496
【非特許文献3】
J. Mol. Structure 2000, Vol.521, pp.0285-301
【非特許文献4】
J. Poly. Sci. Part A: Poly. Chem. Ed., 2001, Vol.39, pp.71-77
【非特許文献5】
Synth. Met., 2001, Vol.119, pp.165-166
【非特許文献6】
Macromolecules, 2002, Vol.35, pp.6439-6445
【非特許文献7】
Macromolecules, 2001, Vol.34, pp.7249-7256
【非特許文献8】
Chem. Lett., 1996, pp.955-956
【非特許文献9】
Science, 1998, Vol.282, pp.1683-1686
【非特許文献10】
Curr Appl. Phys., 2001, Vol.1, pp.88-89
【非特許文献11】
Polym. Adv. Tech., 2000, Vol.11, pp.826-829
【特許文献1】
特開2003-306531号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、キラルポリマーの製造方法及びこれにより得られたキラルポリマーに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
キラル触媒及びキラルモノマーを用いることなく、パラジウム触媒又はニッケル触媒を使用して、液晶相が維持される温度でキラルネマティック液晶を溶媒として用いて、エステル結合を介したアルキル基を置換基として有するアキラルモノマーを重合し、エステル結合を介したアルキル基を置換基として有し且つキラル置換基を有しないキラルポリマーを得ることを特徴とするキラルポリマーの製造方法。

【請求項2】
 
前記アルキル基が、炭素数20以下のアルキル基である請求項1記載のキラルポリマーの製造方法。

【請求項3】
 
請求項1又は請求項2項記載の製造方法により得られ、エステル結合を介したアルキル基を置換基として有し且つキラル置換基を有しないキラルポリマー。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004322364thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close