Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR BURNING SOLID-FUEL, SOLID-FUEL COMBUSTOR, AND SOLID-FUEL ENGINE USING IT

METHOD FOR BURNING SOLID-FUEL, SOLID-FUEL COMBUSTOR, AND SOLID-FUEL ENGINE USING IT meetings

Patent code P06A008587
File No. KUTLO-2004-025
Posted date May 26, 2006
Application number P2004-299740
Publication number P2006-112293A
Patent number P3702348
Date of filing Oct 14, 2004
Date of publication of application Apr 27, 2006
Date of registration Jul 29, 2005
Inventor
  • (In Japanese)榎本 啓士
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title METHOD FOR BURNING SOLID-FUEL, SOLID-FUEL COMBUSTOR, AND SOLID-FUEL ENGINE USING IT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a solid-fuel burning method in which solid plastic fuel is used, which is flame retardant as a solid-fuel, but once it catches fire, it has a high thermal power.
SOLUTION: The plastic solid-fuel is heated into a liquefied layer, to which electromagnetic wave is emitted to heat and evaporate it all at once. By burning the evaporated fuel, intense thermal power can be obtained. Since flame-retardant plastic is used as solid fuel, intense thermal power is obtained for combustion. The flame-retardant plastic, which is hard to catch fire is used as fuel, so a superior level of safety is offered, and its handling is made easy.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より、固体燃料を使用したロケットエンジンは公知である(特許文献1)。



【特許文献1】
特開2000-186620



上記文献1に記載のロケットエンジンは、図6に示すようにノズル103を有する燃焼器102を備え、この燃焼器102内の燃焼室105に固体燃料106が筒状に設けられている。また燃焼器102はポンプ104を介して液体酸化剤が充填されたタンク101に接続されている。このエンジンは、図示せぬ発火体によって固体燃料106に着火され、また、ポンプ104から液体酸化剤が供給されて固体燃料106を燃焼させ、燃焼ガスをノズル103から噴射することで推力を得る構造となっている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、固体燃料燃焼方法、固体燃料燃焼器およびそれを使用した固体燃料式エンジンに関し、特に固体燃料として難燃性でありながら、一端燃えだすと燃焼火力が強いとされる固体プラスチック燃料を用いた固体燃料燃焼方法、固体燃料燃焼器およびそれを使用した固体燃料式エンジンに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
プラスチックからなる固体燃料を加熱して液状化した相に、電磁波を放射して燃料を加熱気化させ、気化した燃料を燃焼することを特徴とする固体燃料燃焼方法。

【請求項2】
 
前記電磁波の放射は、固体燃料中に埋め込んだ同軸ケーブルにより行うことを特徴とする請求項1に記載の固体燃料燃焼方法。

【請求項3】
 
前記同軸ケーブルには、電磁波受信アンテナまたは電磁波発振器のいずれかが接続されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の固体燃料燃焼方法。

【請求項4】
 
前記固体燃料の燃焼部に向けて酸化剤を供給し、固体燃料を燃焼させることを特徴とする請求項1~請求項3のいずれかに記載の固体燃料燃焼方法。


【請求項5】
 
プラスチックからなる固体燃料を収納する燃焼器と、前記燃焼器に収納された固体燃料を加熱する加熱手段と、前記固体燃料が加熱され液化した相に向けて電磁波を放射する電磁波放射手段と、前記電磁波放射手段に電磁波を供給する電磁波発振器とを備え、前記燃焼器内の固体燃料を加熱して液状化した相に電磁波を放射することにより燃料の気化を促進させ、燃焼を加速することを特徴とする固体燃料燃焼装置。

【請求項6】
 
前記電磁波放射手段は、同軸ケーブルで構成され、該同軸ケーブルは固体燃料内に複数本配置されていることを特徴とする請求項5に記載の固体燃料燃焼装置。

【請求項7】
 
前記電磁波放射手段は、電磁波受信装置を備え、無線で電磁波発振器からの電磁波を受信できるように構成したことを特徴とする請求項5または請求項6に記載の固体燃料燃焼装置。

【請求項8】
 
前記燃焼器の固体燃料燃焼部にむけて酸化剤を供給する酸化剤供給手段を備えたことを特徴とする請求項5~請求項7のいずれかに記載の固体燃料燃焼装置。


【請求項9】
 
酸化剤供給手段と、この酸化剤供給手段に接続した燃焼器と、前記燃焼器に連続して設けたノズルを備えてなる固体燃料式エンジンにおいて、前記エンジンは、プラスチックからなる固体燃料を収納する燃焼器と、燃焼器内に収納された前記固体燃料を加熱する加熱手段と、前記加熱手段により加熱され前記固体燃料が液化した相に向けて電磁波を放射する電磁波放射手段と、前記電磁波放射手段に電磁波を供給する電磁波発振器とを備え、前記燃焼器内の固体燃料が液状化した相に電磁波を放射し、燃料の気化を促進させ、固体燃料の燃焼を加速することを特徴とする固体燃料式エンジン。

【請求項10】
 
前記電磁波放射手段は、同軸ケーブルで構成され、該同軸ケーブルは固体燃料内に複数本配置されていることを特徴とする請求項9に記載の固体燃料式エンジン。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004299740thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close