Top > Search of Japanese Patents > RADIATION METER

RADIATION METER

Patent code P06A008891
File No. 6233
Posted date Jun 8, 2006
Application number P2003-292708
Publication number P2005-062004A
Patent number P4448944
Date of filing Aug 13, 2003
Date of publication of application Mar 10, 2005
Date of registration Feb 5, 2010
Inventor
  • (In Japanese)美留町 厚
  • (In Japanese)谷村 嘉彦
  • (In Japanese)吉田 真
  • (In Japanese)清水 和明
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title RADIATION METER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a domestic radiation meter which is easy to use and manufacturable at low cost, capable of reading simply detected radiation dose in comparison with a natural radiation dose, and which is devised so that the intensity of the radiation dose surrounding a human body can be known easily.
SOLUTION: This radiation meter, constituted of a radiation detector, a preamplifier, a main amplifier, a wave height discriminator, a counter and a bar graph display, uses a PIN photodiode element as the radiation detector, displaying the detected radiation dose as a stepwise quantity by the bar graph indicator, and correlating the displayed quantity as a variable in a graph printed on a casing of the radiation meter, to thereby enable easy comparison of the detected radiation dose with the natural radiation dose.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、放射線の計測に関し、学術的な計測についてはゲルマニウム検出器やヨウ化ナトリウムシンチレーションカンタ等高精度の検出器を用い、専用の電子回路を使って精度の高い計測を行う等の精密な計測が行われ、一方、原子力産業等で必要となる作業環境における放射線量の測定のための計測には、GM計数管、電離箱型サーベイメーター等のサーベイメーターと呼ばれる小型、軽量で可搬型とした放射線測定器が使用されている。



これらの可搬型の放射線測定器は、放射線検出器、微弱な信号電流を増幅する電子回路、不必要な信号を排除する電子回路、電気信号を数値として表示する指示器等を稠密に集合して可搬型とし放射線測定器としたものである。



そして、これらの測定器は、放射線を検出する検出器の種類によって種々の形式が提案されており、これに対応して電子回路も様々に工夫されたものが提案されている。
上記GM計数管とは、もっとも一般的な放射線検出器の一つである。GM計数管は電離に基くガス入り検出器で、ガス増幅によって放射線の飛跡に沿って作られたイオン対を大きく増幅し放射線を検出する。GM計数管では放電中に約109~1010個のイオン対がつくられ、そのパルスは異常に大きな収集電荷を示す。したがって、出力パルスの波高も大きく、関連する電子回路を著しく簡単にすることができ簡単で経済的な計数装置を必要とする場合にもっとも適した検出器である。しかし、GM計数管は、その構造から大量生産には不向きで且つ同一種類の検出器においても特性が均一ではなく、寿命は短くある決まった数のパルスを計数し終わった後で故障し始める欠点がある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、放射線計測の技術分野に属する。即ち、本発明は放射線を計測する放射線測定器において、放射線検出器にPINフォトダイオード素子を用いることによって長寿命で信頼性の高い放射線測定器とし、かつ、検出した放射線量をバーグラフによって段階的な量として表示し、該バーグラフによる段階的表示量を筐体外表面に描いたグラフの変数とする組合せを構成することによって、測定した放射線量がグラフ上において簡単に自然放射線量と対比できることを特徴とした放射線測定器に関する。本発明は、特に家庭用の放射線メーターとして用いるのに適している。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
放射線検出器、前置増幅器、主増幅器、波高弁別器、計数器及びバーグラフ表示器から構成される家庭用放射線メータにおいて、
N層、I層、P層の積層構造から構成されたPINフォトダイオード素子を用い、前記放射線検出器によって検出された放射線は電気信号に変換され、前置増幅器及び主増幅器によってこの信号が増幅され、この信号を前記波高弁別器によって不必要な信号と分離された後に前記表示器に送られ、検出した放射線量をバーグラフ表示器によって段階的な量として表示し、この表示量を該放射線メータの筐体に印刷した図柄を利用したグラフの変数として関連付けることによって、検出した放射線量と自然放射線量との比較ができることを特徴とする放射線メータ。


IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003292708thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close