Top > Search of Japanese Patents > SUPERHIGH PURITY CARBON STEEL IN WHICH CONTROLLING RANGES OF STRENGTH AND DUCTILITY ARE WIDE

SUPERHIGH PURITY CARBON STEEL IN WHICH CONTROLLING RANGES OF STRENGTH AND DUCTILITY ARE WIDE

Patent code P06A008993
File No. A062P61
Posted date Jun 16, 2006
Application number P2000-298534
Publication number P2002-105587A
Patent number P4863240
Date of filing Sep 29, 2000
Date of publication of application Apr 10, 2002
Date of registration Nov 18, 2011
Inventor
  • (In Japanese)安彦 兼次
Applicant
  • (In Japanese)安彦 兼次
  • (In Japanese)独立行政法人科学技術振興機構
Title SUPERHIGH PURITY CARBON STEEL IN WHICH CONTROLLING RANGES OF STRENGTH AND DUCTILITY ARE WIDE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To produce superhigh purity carbon steel whose strength and elongation can be controlled to wide ranges only by the control of production conditions such as heat treatment.

SOLUTION: This steel has a steel composition containing, by mass, 0.02 to 0.8% C, and the balance Fe with inevitable impurities controlled to ≤100 ppm. Additionally, one or more kinds selected from ≤50 ppm Si, ≤50 ppm Mn, ≤50 ppm Al, ≤50 ppm B, ≤50 ppm Cr, ≤50 ppm Mo, ≤50 ppm Cu, ≤50 ppm Ni, ≤50 ppm Nb, ≤50 ppm Ti and ≤50 ppm V are further incorporated therein.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
炭素鋼は、自動車や船舶の外板、電子機器部材、洗濯機や電子レンジなどの家電機器用外装材、機械・工具部材など、様々な分野で使用されている。そして、これらの用途に使用される鋼に求められる強度もまたさまざまであるため、これら分野で用いられる鋼は加工や熱処理を施すことにより用途に応じた特性になるよう制御される。
その際、加工や熱処理だけでは必要な特性が得られない場合、あるいはこれら加工や熱処理が設備の制約等の理由で実施困難な場合には、一般に、用途に応じた合金元素を添加することにより、強度や延性の確保を図っている。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、自動車や船舶の外板、電子機器部材、洗濯機や電子レンジなどの家電機器用外装材、機械・工具部材など、広範な用途に供しうる超高純度鋼であり、特に強度および延性を加工,各種熱処理を施すことにより、広範囲に制御できる超高純度炭素鋼に関するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 鉄と炭素を溶解して得られた、成分組成が、C:0.02~0.19mass%と残部はFeおよび80.151massppm未満の不可避的不純物とからなり、上記不可避的不純物としてのP,Sがそれぞれ50massppm以下であり、Si:50massppm以下、Mn:50massppm以下、Al:50massppm以下、B:50massppm以下、Cr:50massppm以下、Mo:50massppm以下、Cu:50massppm以下、Ni:50massppm以下、Nb:50massppm以下、Ti:50massppm以下およびV:50massppm以下を含有し、加工および/または熱処理を施すことにより、炭化物をラメラーパーライトにさせずに球状化して均一に分散させるか、マルテンサイト相以外の相を極めて少なくすることで、強度および延性の制御範囲大きくしたことを特徴とする超高純度炭素鋼。
Industrial division
  • Alloy
  • (In Japanese)冶金、熱処理
  • Automobile
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

14002_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Reference ( R and D project ) CREST Phenomena of Extreme Conditions AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close