Top > Search of Japanese Patents > CONSOLE PANEL FOR ROBOT AND RESCUE ROBOT

CONSOLE PANEL FOR ROBOT AND RESCUE ROBOT

Patent code P06P004465
Posted date Jul 7, 2006
Application number P2004-362036
Publication number P2006-167846A
Patent number P4016114
Date of filing Dec 14, 2004
Date of publication of application Jun 29, 2006
Date of registration Sep 28, 2007
Inventor
  • (In Japanese)木村 哲也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学
Title CONSOLE PANEL FOR ROBOT AND RESCUE ROBOT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a console panel for a robot, putting a switch of the console panel for the robot in the off-state to stop the operation of the robot even when the console panel for the robot drops or a shock is applied to the console panel for the robot, thereby preventing the robot from recklessly running to attain high reliability and high safety.
SOLUTION: In this console panel for a robot for remote-controlling the operation of the robot, when an operating lever 1 held on a holding member 2 is tilted by pressurization, a pressing member 3 is moved interlocking with the tilting of the operating lever 1, and the pressing member 3 presses a push button 5 of a three-position switch 4 to be changed from the off-state to the on-state and further to the off-state.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、地震等の災害により倒壊した建築物等から人命を救助するためのレスキューロボットとして、特開2004-188581号公報(特許文献1)、特開2003-339896号公報(特許文献2)あるいは特開2003-270384号公報(特許文献3)などに記載されたレスキューロボットがある。



しかしながら、従来のレスキューロボットの稼動を遠隔操作するためのロボット用操作盤では、通常、ロボットの稼動をOFF状態とON状態との二ポジションスイッチで対応している。



この場合、ロボット操作盤の操縦者が転倒して操作盤が落下したり、操縦者あるいは操作盤に落下物等が当たり、その衝撃で操作盤が落下したり操作レバーに過大な力が加わったりして、ロボットの稼動を正常にコントロールできない状況が発生する危険性があり、場合によっては、ロボットが暴走して被災者を負傷させたりする危険性もある。
【特許文献1】
特開2004-188581号公報
【特許文献2】
特開2003-339896号公報
【特許文献3】
特開2003-270384号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ロボットの稼動を遠隔操作するためのロボット用操作盤および地震等の災害により倒壊した建築物等から人命を救助するためのレスキューロボットに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ロボットの稼動を遠隔操作するためのロボット用操作盤であって、保持部材に保持された操作レバーを前後左右に加圧して傾斜させると、前記操作レバーの傾斜に連動して押圧部材が前後左右に移動するように構成し、前記押圧部材が、前記押圧部材の周囲に設けた三ポジションスイッチの押ボタンを押圧してOFF状態からON状態、さらにOFF状態へと変化させるように構成したことを特徴とするロボット用操作盤。

【請求項2】
 
ロボットの稼動を遠隔操作するためのロボット用操作盤であって、保持部材に保持された操作レバーを加圧して傾斜させると、前記操作レバーの傾斜に連動して押圧部材が移動するように構成されたジョイステックの前記押圧部材が、三ポジションスイッチの押ボタンを押圧してOFF状態からON状態、さらにOFF状態へと変化させるように構成したことを特徴とするロボット用操作盤。

【請求項3】
 
ロボットの稼動を遠隔操作するためのロボット用操作盤であって、保持部材に保持された操作レバーを前後左右に加圧して傾斜させると、前記操作レバーの傾斜に連動して押圧部材が前後左右に移動するように構成されたジョイステックの前記押圧部材が、前記押圧部材の周囲に設けた三ポジションスイッチの押ボタンを押圧してOFF状態からON状態、さらにOFF状態へと変化させるように構成したことを特徴とするロボット用操作盤。

【請求項4】
 
請求項1あるいは請求項3に記載のロボット用操作盤において、前記押圧部材の前後左右の周囲四箇所に三ポジションスイッチを設けたことを特徴とするロボット用操作盤。

【請求項5】
 
請求項1~請求項4のいずれか1項に記載のロボット用操作盤において、前記三ポジションスイッチがOFF状態からON状態、さらにOFF状態に変化した後、前記操作レバーへの加圧を解除した際、前記三ポジションスイッチがOFF状態のまま前記操作レバーが元の位置に復帰できるようにしたことを特徴とするロボット用操作盤。

【請求項6】
 
前記ロボット用操作盤がレスキューロボット用操作盤であることを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載されたロボット用操作盤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004362036thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close