Top > Search of Japanese Patents > CUTTING METHOD FOR STEEL AND CUTTING DEVICE

CUTTING METHOD FOR STEEL AND CUTTING DEVICE meetings

Patent code P06A009216
File No. KUTLO-2005-003
Posted date Jul 7, 2006
Application number P2004-353278
Publication number P2006-159339A
Patent number P4552010
Date of filing Dec 6, 2004
Date of publication of application Jun 22, 2006
Date of registration Jul 23, 2010
Inventor
  • (In Japanese)田中 隆太郎
  • (In Japanese)細川 晃
  • (In Japanese)山田 啓司
  • (In Japanese)上田 隆司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title CUTTING METHOD FOR STEEL AND CUTTING DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cutting method for steel and its device capable of improving machinability of free-cutting steel and extending tool life even in cutting the free-cutting steel at high speed.
SOLUTION: In the cutting method for steel, the workpiece is cut with the cutting tool 30 while the workpiece 10 mounted on a device body 60 is being rotated. The workpiece 10 is the free-cutting steel containing at least B, N, and Al, and a section between the device body 60 and the cutting tool 30 is kept to be an electrically insulating state, and cutting work is performed by applying a predetermined current to the section in between the cutting tool 30 and the free-cutting steel 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、被削材である鋼を切削する切削装置としては、図6に示すような、切削装置50が挙げられる。この切削装置50は、接地された装置本体60と、回転するチャック61等、を備えており、このチャック61は、被削材100を取り付けることが可能な構成となっている。被削材100は、装置本体60に配置されたモータ(図示せず)によりチャック61を回転させることで回転すると共に、装置本体60の一端に取り付けられた切削工具30を押し当てることで、切削されるようになっている。



たとえば、このような装置構成の一例として、装置本体に取り付けた鋳鉄(被削材)とこの装置本体とを電気絶縁状態にし、切削工具と鋳鉄との間に所定の電流を通電しながら、この切削工具を用いて鋳鉄の切削を行う切削装置が実験的な装置として提案されている(非特許文献1参照)。



【非特許文献1】
H.S.Shan,P.C.Pandey.Theromoelectric compensation in metal cutting,Microtecnic,1970,24,1,30-32

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、切削工具を用いて被削材を切削する鋼の切削方法およびその切削装置に係り、特に、切削時における磨耗を低減し、工具の長寿命化が可能な鋼の切削方法およびその切削装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
装置本体に取付けられた被削材を回転させて切削工具で切削する鋼の切削方法であって、
前記被削材は、B、N、及びAlを少なくとも含む快削鋼であり、
前記装置本体と前記切削工具との間を電気絶縁状態として、前記切削工具の切削面に、前記快削鋼に含有するN及びAlからAlNの保護膜が形成されるように、前記切削工具と前記快削鋼との間に所定値の電流を流して、前記快削鋼を切削することを特徴とする鋼の切削方法。

【請求項2】
 
前記電流は、5mAから10mAの範囲であることを特徴とする請求項1に記載の鋼の切削方法。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の鋼の切削方法を実行する切削装置であって、
前記切削装置は、前記電流を発生させる電源と、該電源から流れる電流を、前記所定値に調整する電流調整手段と、を備えていることを特徴とする鋼の切削装置。

【請求項4】
 
装置本体に取付けられた被削材を回転させて切削工具で切削する鋼の切削装置であって、
該切削装置は、前記装置本体と前記切削工具との間に配置した電気絶縁体と、電流を発生する電源と、該電源からの電流を調整して前記切削工具と前記被削材との間に電流を流す電流調整手段と、を備え、
該電流調整手段は、前記切削工具の切削面に、前記被削材に含有している元素により切削中に保護膜を形成するに最適な所定値の電流を流すものであることを特徴とする鋼の切削装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004353278thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close