Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR MICRO BUBBLE GENERATION

METHOD AND APPARATUS FOR MICRO BUBBLE GENERATION commons meetings

Patent code P06P003609
File No. Y2004-P056
Posted date Jul 13, 2006
Application number P2005-119321
Publication number P2005-334869A
Patent number P4884693
Date of filing Apr 18, 2005
Date of publication of application Dec 8, 2005
Date of registration Dec 16, 2011
Priority data
  • P2004-132504 (Apr 28, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)長谷川 裕晃
  • (In Japanese)松内 一雄
  • (In Japanese)吉田 勇介
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD AND APPARATUS FOR MICRO BUBBLE GENERATION commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a micro-bubble generation apparatus, wherein a plate is installed in a pipe, flow rate change of flowing water is caused to produce a negative pressure in the pipe and to self-supply a gas and further bubbles generated can be micronized by using only the plate arranged in the pipe and an opening (for example, a slit) formed in the pipe.
SOLUTION: A gas supplying pipe 2 is arranged in a body pipe 9 arranged in a liquid, and the gas is introduced into the body pipe 9 from the gas supplying pipe 2 using a negative pressure generating in the pipe by a velocity of the liquid flowing in the body pipe. The gas and the liquid are mixed in the body pipe and thereafter collided with the plate 11 arranged on a downstream side of the body pipe to form micro bubbles. Even forming the slit having a slope in the pipe can also generate bubbles.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


マイクロバブルとは直径が数十μmの泡であり、その特徴として(1)気体同士の合体や吸収が起こらず、単一気体のままで水中に長時間留まり比較的寿命が長い、(2)浮上速度が極めて遅いことから、水中での分散性、拡散性に優れている等がある。この特徴を生かすことで、閉鎖水域における水質浄化・アオコ発生の抑制など水環境蘇生にその有効が確認されている。しかしながら、現在マイクロバブル発生装置は種々開発されているものの(特許文献1)、マイクロバブルの流体力学発生メカニズムは未だ不明のままである。



【特許文献1】
特開2003-12665

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、マイクロバブル発生方法およびその装置に関するものであり、さらに詳細には、パイプ内にプレート(衝突壁)を設置し、流れる水の流速変化を起こしてパイプ内を負圧にすることで気体の自吸を行い、さらにパイプ内に設置したプレートとパイプに形成した開口(例えばスリット等)のみを使用して、発生する泡のマイクロ化を行うことができるマクロバブル発生方法およびその装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
液体中に配置した本体パイプと、この本体パイプに連通した気体供給管と、前記気体供給管よりも下流側で本体パイプに形成したスリットと、前記スリットよりもさらに下流側に配置した衝突壁と、この本体パイプの上流側から液体を本体パイプ内に吐出する液体ポンプとを備え、前記衝突壁は、本体パイプ下流側の端部開口を閉じる壁であり、さらに、前記スリットは本体パイプ前方に向けて傾斜角θを有するスリットで構成したことを特徴とするマイクロバブル発生装置。

【請求項2】
 
前記液体ポンプは吸引側に気液混合手段を備えていることを特徴とする請求項1に記載のマイクロバブル発生装置。

【請求項3】
 
前記スリットは本体パイプの軸方向に複数設けたことを特徴とする請求項1、2のいずれかに記載のマイクロバブル発生装置。

【請求項4】
 
前記スリットは本体パイプの軸方向の下側に配置したことを特徴とする請求項3に記載のマイクロバブル発生装置。

【請求項5】
 
前記スリットの総面積とパイプの断面積との比rを1.5~2.5程度とすることを特徴とする請求項1~請求項4のいずれかに記載のマイクロバブル発生装置。

【請求項6】
 
前記スリットの傾斜角θは、30°~90°の範囲であり、さらに望ましくは50°~70°であることを特徴とする請求項1に記載のマイクロバブル発生装置。

【請求項7】
 
前記気体供給管の下流側面に気体放出孔を形成したことを特徴とする請求項1~6のいずれかに記載のマイクロバブル発生装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005119321thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close