Top > Search of Japanese Patents > NEURAL NETWORK RECONSTRUCTIVE AGENT AND METHOD FOR RECONSTRUCTING NEURAL NETWORK

NEURAL NETWORK RECONSTRUCTIVE AGENT AND METHOD FOR RECONSTRUCTING NEURAL NETWORK

Patent code P06P004609
File No. TOYAMA-P2004003
Posted date Jul 13, 2006
Application number P2004-370299
Publication number P2006-176428A
Patent number P4923233
Date of filing Dec 22, 2004
Date of publication of application Jul 6, 2006
Date of registration Feb 17, 2012
Inventor
  • (In Japanese)東田 千尋
  • (In Japanese)小松 かつ子
  • (In Japanese)久保山 友晴
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title NEURAL NETWORK RECONSTRUCTIVE AGENT AND METHOD FOR RECONSTRUCTING NEURAL NETWORK
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To develop drug(s) in view of the fact that neurodegenerative diseases including Alzheimer's disease, senile dementia, cerebrovascular dementia and Parkinson's disease means symptoms presenting disorders in memory and/or cognizance by neural network failure with various causes, and for these diseases with no effective curative methods, such treatments as to enable neurological functions to be brought to conditions close to normal state have been demanded even from conditions being already in progression of neural network disorders.
SOLUTION: In cultured neurocytes, such conditions as to present the atrophy in neurites and dendrites and decrease in presynapse number and postsynapse number are created. The objective drug(s) capable of restoring neurocyte dendrites and synapse to normal conditions by treating neurocytes in the above-mentioned conditions is(are) retrieved from among components in traditional drugs, and withanosides and sominone as a metabolite thereof are identified. Furthermore, it is found that the above metabolite and/or an astragaloside metabolite is(are) useful as neural network reconstructive agent(s).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


記憶・認知に障害を呈する疾患として、アルツハイマー病、脳血管性痴呆、老年性痴呆、前頭側頭型痴呆、レビー小体痴呆、パーキンソン病、ハンチントン舞踏病などが知られている。これらは病因が異なるものの神経突起の萎縮とシナプス欠落による機能障害により生じる疾患である
また、筋萎縮性側索硬化症、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷なども神経突起の萎縮とシナプス欠落による機能障害により生じる疾患である。



臨床で抗痴呆薬として用いられているコリンエステラーゼ阻害薬は、疾患の進行を遅らせるものの疾患を治療するには至らず、且つ中程度を超えた痴呆患者には有効性が現れにくい。また神経栄養因子様作用物質に分類される薬物も抗痴呆薬候補として研究されているが、いずれも神経保護作用が主であり、神経変成環境下における神経突起伸展作用とシナプス形成作用は明確に示されていない。



一方、生薬成分、例えば、朝鮮人参の成分であるジンセノシド(ginsenoside)、とりわけ、ジンセノシドRb1については、脳細胞または神経細胞保護剤として利用できることが知られている(特許文献1)。
インドの伝統医学であるアーユルヴェーダ医学で抗痴呆薬として用いられているアシュバガンダ(Ashwagandha)の成分であるウィタノライドグリコシド(withanolide glycosides)、 ウィタノライド・アグリコン(withanolide aglycones)について認識増強剤(Cognition
Enhancer)の用途が知られている。(特許文献2)。そして、該文献によればアシュバガンダ(Ashwagandha)の成分の認識増強は、ムスカリン様アセチルコリン(muscarinic acetylcholine)伝達の促進によるものとされている。
また、アシュバガンダの成分であるウィタノライドA、ウィタノシドIV、ウィタノシドVIに関して、本発明者らの研究により神経突起伸展作用とシナプス再形成作用を併せ持つ化合物であることが明らかにされている(非特許文献1)。
また、ステロイドサポニンまたはサポゲニンが、シナプス後膜-結合レセプター数又は機能の欠乏によって特徴付けられる疾患(アルツハイマー病またはアルツハイマー型老年痴呆)に有用であることが知られている(特許文献3)。そして、該文献にはステロイドサポゲニンの一つとして黄耆などの成分であるアストラガロシド(astragaloside)が挙げられている。



【特許文献1】
WO00/37481
【特許文献2】
再表2004-500151
【特許文献3】
特開2004-217666
【非特許文献1】
日本生薬学会第51回年会講演要旨集、第151頁、2004年

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、脳内の神経回路網の破綻に起因する認識機能不全の治療に有効な生薬由来の化合物を有効成分とする神経回路網再構築剤およびそれを用いる神経回路網の再構築方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ソミノン(sominone)の配糖体であるウイタノシドIVが空間記憶障害改善作用を示す、ソミノンを含有する神経回路網再構築剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

14401_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close