Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR THERMAL-REFORMING ELECTRICAL STEEL SHEET

METHOD FOR THERMAL-REFORMING ELECTRICAL STEEL SHEET meetings

Patent code P06A009228
File No. 4038
Posted date Jul 13, 2006
Application number P2004-267640
Publication number P2006-083416A
Patent number P4478796
Date of filing Sep 15, 2004
Date of publication of application Mar 30, 2006
Date of registration Mar 26, 2010
Inventor
  • (In Japanese)西尾 一政
  • (In Japanese)池田 満昭
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title METHOD FOR THERMAL-REFORMING ELECTRICAL STEEL SHEET meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for thermal-reforming an electrical steel sheet having low high-frequency iron loss and high yield strength.
SOLUTION: The method for thermal-reforming the electrical steel sheet is provided by which an iron alloy blank containing 2-4% Si is subjected to heat treatment in which a heating/cooling step of rapidly heating the blank to the temperature of an austenitic zone and rapidly cooling it to the temperature of the austenitic zone or below is repeated at least three times. According to this heat treatment, the average crystal grain diameter is adjusted to 3-15 μm, and this heat treatment uses a high frequency electric source or a laser beam as a heating source and the obtained yield strength of the electrical steel sheet is ≥440 Mpa.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


電磁鋼板はモータや発電機などの電気機器の鉄心材料として広く使用されている。
近年、地球温暖化防止に関する要請が一段と高まっており電気機器の高効率化も避けて通れない状況となっている。したがって、高周波鉄損の低い電磁鋼板が必要とされるようになってきている。一方で、工作機械、HDD用モータ、マイクロガスタービン等では高速回転化が進められている。これに対しては高速回転時の遠心力に耐える高強度な、言い換えると高い降伏強度を有する電磁鋼板が要求されている。
このため、高周波鉄損(以下、これを単に鉄損ということがある。)が低く、かつ高い降伏強度を有する電磁鋼板の開発が必要となっている。
ところが、冷延鋼板の分野では、一般に、両特性は二律背反の関係にあるとされている。



降伏強度を高める観点からは、固溶強化の大きい元素を添加する方法が種々検討されている。しかしながら、これらの方法では、高周波鉄損を必ずしも十分に低減することができない。
この点に鑑み、Nb、Ni、Mnを所定量含有する高周波鉄損の優れた高張力無方向性電磁鋼板が提案されている(例えば、特許文献1、非特許文献1参照。)。この場合、Nb、Ni、Mnの添加により鋼の張力を高めるとともに、Niによってさらに高周波鉄損を構成する渦電流損およびヒステリシス損のうち、前者の渦電流損を低減することができるとされている。
【特許文献1】
特開2003-342698号公報
【非特許文献1】
久保田ら,まてりあ,42巻3号2003年,pp.242-244

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、モータや発電機などの高速回転用電気機器等に用いられる電磁鋼板の熱改質方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
最終圧延後の電磁鋼板をオーステナイト領域の温度に急速加熱した後、オーステナイト領域以下の温度に急速冷却する加熱・冷却工程を3回~6回繰り返す熱処理を施して、平均結晶粒径を3~15μmに調製することを特徴とする電磁鋼板の熱改質方法。

【請求項2】
 
前記熱処理の繰り返しを加熱源として高周波電源もしくはレーザまたは双方を組み合わせて用いて行うことを特徴とする請求項1記載の電磁鋼板の熱改質方法。

【請求項3】
 
得られる電磁鋼板のSi含有量が2~4%であることを特徴とする請求項1または2に記載の電磁鋼板の熱改質方法。

【請求項4】
 
得られる電磁鋼板の降伏強度が440MPa以上であることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の電磁鋼板の熱改質方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

14408_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close