Top > Search of Japanese Patents > WASTE TREATNENT METHOD, AND ADSORBING MATERIAL FOR WASTE TREATMENT

WASTE TREATNENT METHOD, AND ADSORBING MATERIAL FOR WASTE TREATMENT

Patent code P06A009236
File No. 4072
Posted date Jul 21, 2006
Application number P2004-376229
Publication number P2006-181432A
Patent number P4771355
Date of filing Dec 27, 2004
Date of publication of application Jul 13, 2006
Date of registration Jul 1, 2011
Inventor
  • (In Japanese)野口 文男
  • (In Japanese)柿本 幸司
  • (In Japanese)橘 武史
  • (In Japanese)川田 勝三
  • (In Japanese)阪本 尚孝
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
  • (In Japanese)株式会社アステック入江
Title WASTE TREATNENT METHOD, AND ADSORBING MATERIAL FOR WASTE TREATMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a waste treatment method capaable of treating wastes such as sludge or duct containing toxic metals without any possibility of causing secondary pollution by the elution of the toxic metals in treatment.
SOLUTION: The purpose of the present invention can be resolved by methods of: adding and mixing the adsorbing materials having magnesium or a magnesium alloy as the principal component with waste; adding water and a hydraulic solidifier to the obtained mixture and kneading; further, adding water and cement to the obtained mixture, kneading and post-solidifying.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、各種スラッジやダスト等の廃棄物の処理は、多くの産業分野で問題になるものであり、それぞれの産業分野において、色々な処理方法が提案され実用化されているものもある。例えば、製鉄プラントでは、高炉、転炉、電気炉、圧延工程等の鉄鋼製造工程で、酸化鉄や金属鉄の他、亜鉛や鉛等の金属等を含有する泥状の物質であるスラッジが発生する。また、かかる工程で発生する排ガスには、各種金属を含有する微粉末物質であるダストも含まれている。そして、通常、鉄成分は、各種処理を経て再資源化されるが、有害な重金属等を含有する最終廃棄物は、例えば、セメントと混合し、水を加えて混練した後、養生固化して、有害な重金属等の溶出を防ぎ安定化した後、埋立て等で廃棄処分される。



しかしながら、単にセメントで固化する従来の処理方法には種々の問題があり、用途を限定しなければ二次公害が発生する恐れがある。例えば、特開平8-24819号(特許文献1)では、還元性金属10~40重量部、固体酸60~90重量部、固結防止剤1~20重量部を主たる構成成分とする処理材を、処理すべき廃棄物や飛灰とともに混合し、必要に応じて水を添加して混練する新しい方法を開示している。しかし、処理剤の成分が複雑で、処理すべき廃棄物に対して必要な処理剤の量が比較的多いという欠点がある。
【特許文献1】
特開平8-24819号公報



また、メッキ工場では、トタンやブリキといったメッキ鋼板の製造に伴ってスラッジが発生する。現状では、スラッジを焼き固めて、廃棄物として埋め立てられている。かかるメッキスラッジには、亜鉛や錫の他、電極から溶け込んでくる鉛も含まれている。更に、例えば、石炭火力発電で発生する石炭灰は、一部はセメント原料等にリサイクルされているが、大部分は廃棄物として埋め立てられている。石炭灰には、植物起源のホウ素が多量に含まれている。従って、これらの場合には、有害金属の溶出が問題になる場合がある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、各種スラッジやダスト等の廃棄物の処理方法と、それに用いる吸着材に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
廃棄物に、マグネシウム金属単独、及び/又は、Al、Ca、Zn、Mnの中から選ばれる少なくとも1つとマグネシウムとからなるマグネシウム合金を主成分とする吸着材を、廃棄物に対して0.01~2重量%添加混合し、得られた混合物に水とセメントを添加し、混練した後、固化することを特徴とする廃棄物の処理方法。


【請求項2】
 
吸着材が、塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、又はそれらの混合物からなるマグネシウム塩類を含有することを特徴とする請求項1記載の廃棄物の処理方法。

【請求項3】
 
マグネシウム金属単独、及び/又は、Al、Ca、Zn、Mnの中から選ばれる少なくとも1つとマグネシウムとからなるマグネシウム合金を主成分とする廃棄物処理用吸着材。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

14421_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close