Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CREATING FISH EMBRYO

METHOD FOR CREATING FISH EMBRYO commons

Patent code P06P003625
File No. NU-0027
Posted date Jul 28, 2006
Application number P2004-382049
Publication number P2006-187210A
Patent number P4696235
Date of filing Dec 28, 2004
Date of publication of application Jul 20, 2006
Date of registration Mar 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)若松 佑子
  • (In Japanese)尾里 建二郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title METHOD FOR CREATING FISH EMBRYO commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for creating a fish embryo, capable of efficiently creating the fish embryo having correct chromosomal ploidy by nuclear transplantation in which a heterogenous nucleus of a fish is transplanted to a cytoplasm recipient.
SOLUTION: This method for creating the fish embryo has a process for creating the fish embryo by transplanting a nucleus of the fish to an unfertilized ovum, wherein the process for creating the fish embryo includes a treatment process for giving a physical and/or chemical stress to the unfertilized ovum after activation. Thus, a step, which comprises an initial step of a series of genetic steps occurring in the unfertilized ovum and makes a female nucleus haploid, is inhibited, by giving the stress to the ovum, and therefore the correct ploidy of the obtained embryo is at least secured.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、各種の哺乳類において体細胞由来の核を未受精卵に移植することよりクローンが作製されてきている。魚類においては、除核していない未受精卵をレシピエント細胞とし、このレシピエント細胞に胚細胞核を移植することによって3倍体個体を作製したことが報告されている(非特許文献1)。また、除核した未受精卵をレシピエント細胞とし、これに胚細胞核を移植することによるクローンの作製が報告されている(特許文献1、非特許文献2等)。



他方、魚類におけるより効率的な個体作製あるいは遺伝子工学的な修飾を施した個体作製のためには、培養細胞や体細胞の核を用いた核移植個体の作製方法の開発が望まれている。そうした中、ゼブラフィッシュにおいて、除核した未受精卵に胚由来の培養細胞を移植して個体を作製したとの報告がある(非特許文献3)。また、メダカにおいて、除核しない未受精卵に培養細胞核を移植することによる個体の作製も試みられている(非特許文献4)。しかしながら、後者の報告では、一部の胚が孵化するものの成魚には至らず、程度の異なるものの奇形胚が多いこと、また、胚を構成する細胞は、その染色体の倍数性についてモザイクとなっていることが開示されている。
【特許文献1】
特開2002-125517号公報
【非特許文献1】
丹羽ら、CLONING, Vol.2, Number 1, p.23-24, 2000
【非特許文献2】
若松ら、PNAS, vol. 98, no.3, p.1071-1078, 2001
【非特許文献3】
Ki-Young Leeら、Nature Biotecnology 20, p.795-799, 2002
【非特許文献4】
B. Juら、Develop. Growth Differ. 45, p.167-174, 2003

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、魚類胚及び魚類個体の作製技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
魚類胚の作製方法であって、
内在性核を有する未受精卵において雌性発生を開始可能な刺激を付与する工程と、
活性化刺激付与後の前記未受精卵にその第二極体の放出又は第一卵分割を阻止若しくは抑制する物理的及び/又は化学的なストレスを付与する処理工程と、
前記ストレス付与後の前記未受精卵に魚類の細胞核を移植する工程と、
を備える、方法。

【請求項2】
 
前記物理的及び/又は化学的ストレスは、前記第二極体の放出を阻止又は抑制する物理的及び/又は化学的ストレスである、請求項1に記載の魚類胚の作製方法。

【請求項3】
 
前記物理的及び/又は化学的ストレスは少なくとも前記未受精卵の環境温度についてのストレスを含む、請求項1又は2に記載の魚類胚の作製方法。

【請求項4】
 
前記未受精卵を活性化する刺激は電気的刺激である、請求項1~3のいずれかに記載の魚類胚の作製方法。

【請求項5】
 
前記未受精卵に移植される前記細胞核の供給細胞は体細胞及び培養細胞から選択される、請求項1~4のいずれかに記載の魚類胚の作製方法。

【請求項6】
 
前記細胞核供給細胞は胚性細胞から選択される、請求項1~5のいずれかに記載の魚類胚の作製方法。

【請求項7】
 
前記細胞核供給細胞の染色体上にDNA変異及び外来性DNAから選択される1種あるいは2種以上を備えている、請求項1~6のいずれかに記載の魚類胚の作製方法。

【請求項8】
 
前記魚類はメダカ属又はその近縁に属する魚類から選択される、請求項1~7のいずれかに記載の魚類胚の作製方法。

【請求項9】
 
前記魚類胚は二倍体である、請求項1~8のいずれかに記載の魚類胚の作製方法。

【請求項10】
 
前記魚類胚から得られる個体が細胞核供給細胞にのみ由来する染色体を保持する細胞を有している、請求項1~9のいずれかに記載の作製方法。

【請求項11】
 
移植された前記細胞核供給細胞にのみ由来する染色体を保持する前記細胞は、生殖細胞である、請求項10に記載の魚類胚の作製方法。

【請求項12】
 
魚類個体の作製方法であって、
請求項1~11のいずれかに記載の魚類胚の作製方法における各工程と、
作製された前記魚類胚を孵化まで発生させる工程と、
を備える、魚類個体の作製方法。

【請求項13】
 
前記魚類個体を繁殖させる工程を備える、請求項12に記載の魚類個体の作製方法。

【請求項14】
 
魚類細胞に外来DNAを導入して染色体上に外来DNAを有する魚類細胞を得る工程と、
内在性核を有する未受精卵に雌性発生を開始可能な刺激を付与する工程と、
活性化刺激後の前記未受精卵にその第二極体の放出又は第一卵割を阻止若しくは抑制する物理的及び/又は化学的なストレスを付与する処理工程と、
前記ストレス付与後の前記未受精卵に前記魚類細胞の細胞核を移植して魚類胚を作製する工程と、
該魚類胚を孵化まで発生させる工程と、
を備える、トランスジェニック魚類の作製方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004382049thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close