Top > Search of Japanese Patents > FIELD EMISSION ELECTRODE AND MANUFACTURING METHOD THEREOF

FIELD EMISSION ELECTRODE AND MANUFACTURING METHOD THEREOF meetings

Patent code P06P003865
File No. NI0400086
Posted date Aug 18, 2006
Application number P2005-016272
Publication number P2006-209973A
Patent number P4061411
Date of filing Jan 25, 2005
Date of publication of application Aug 10, 2006
Date of registration Jan 11, 2008
Inventor
  • (In Japanese)伊東 栄次
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title FIELD EMISSION ELECTRODE AND MANUFACTURING METHOD THEREOF meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a field emission electrode capable of supplying a phosphor with a number of uniform electrons, and to provide a manufacturing method thereof.
SOLUTION: Carbon fiber 3 has a structure in which a plurality of carbon network layers are stacked in a direction perpendicular to or non-parallel to the axial direction of the fiber and the edges of the carbon network layers are exposed from the fiber surface. The field emission electrode 5 has a structure in which the carbon fiber 3 is embedded in a conductive polymer layer 4 having a thickness equal to or less than the diameter of the carbon fiber 3, and part of or all of the edges are exposed from the conductive polymer layer 4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


最近、日本のみならず、韓国をはじめとする諸外国においても、電界放出型ディスプレイ(Field Emission Display:FED)の開発が活発に行われている(例えば、特許文献1参照。)。ここで、電界放出とは、固体表面に強い電場をかけた際に、固体表面に閉じ込められていた電子が真空中に飛び出す現象をいう。電子を放出させるためには固体に強い電界をかける必要があるが、細く尖った固体を使用すれば、小さな電界をかけるだけで済む。これまでは、細く尖らせたシリコン、モリブデン等の材料を電界放出型電子源として採用されてきたが、最近では、ナノスケールの細さと、良好な電気伝導性と、高強度と、化学的安定性とを兼ね備えた炭素繊維(特に、カーボンナノチューブ)が、新たな電界放出型電子源として期待されている(例えば、特許文献2参照。)。



FEDは、ピクセル単位で配置される蛍光体に電子を当てて発光させることにより映像を形成するディスプレイである。炭素繊維を電界放出電子源として利用するには、FEDのガラス板の裏面に配置された蛍光体に向けて電子を放出できるように、蛍光体に対して、実質的に垂直に多数の炭素繊維を配置する必要がある。通常、多数の炭素繊維は、導電性高分子層中に立設されるが、この工程において、炭素繊維を導電性高分子層の層表面に対してどのくらい垂直に立設できるかが、FEDの性能を決める重要なファクタの一つとなる。



炭素繊維を導電性高分子中に埋設する方法としては、例えば、スピンコート法が知られている(例えば、特許文献3参照。)。スピンコート法は、導電性高分子と炭素繊維の電極材の混合物をディスク上に塗布して当該ディスクを回転させて、その遠心力を利用して薄く広げ、固化させる方法である。



【特許文献1】
特開平8-248914号公報(要約書等)
【特許文献2】
特開平10-149760号公報(特許請求の範囲、要約書等)
【特許文献3】
特開2000-277004号公報(特許請求の範囲、要約書等)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、低電圧にて電子を放出する電界放出電極およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の環状の炭素網層が、当該炭素網層の直径と実質的に垂直方向に当該直径よりも繊維軸が長くなるように積層し、かつ上記炭素網層のエッジを繊維表面から露出させた構造を有する環状炭素プレートレット積層型の炭素繊維が、その炭素繊維の平均直径以下の厚みを持つ導電性高分子層に埋設され、上記エッジの一部若しくは全部が上記導電性高分子層から露出する構造を有することを特徴とする電界放出電極。

【請求項2】
 
電界放出により電子を放出させる電界放出電極の製造方法であって、
複数の環状の炭素網層が、当該炭素網層の直径と実質的に垂直方向に当該直径よりも繊維軸が長くなるように積層し、かつ上記炭素網層のエッジを繊維表面から露出させた構造を有する環状炭素プレートレット積層型の炭素繊維を、その平均直径以下の厚みを持つ導電性高分子層の中に埋設させることを特徴とする電界放出電極の製造方法。

【請求項3】
 
前記炭素繊維と導電性高分子とを含む溶媒を基板上に滴下し、その滴下した基板の回転数を調整して回転させて、前記導電性高分子層の厚さを、前記炭素繊維の直径以下とすることを特徴とする請求項2に記載の電界放出電極の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005016272thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close