Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MANUFACTURING CRYSTALLINE PARTICULATE ZINC ALUMINO-PHOSPHATE

METHOD FOR MANUFACTURING CRYSTALLINE PARTICULATE ZINC ALUMINO-PHOSPHATE

Patent code P06A009274
File No. GI-H15-27
Posted date Aug 18, 2006
Application number P2004-054994
Publication number P2005-239520A
Patent number P3887686
Date of filing Feb 27, 2004
Date of publication of application Sep 8, 2005
Date of registration Dec 8, 2006
Inventor
  • (In Japanese)杉 義弘
  • (In Japanese)窪田 好浩
  • (In Japanese)シャマール クマール サハ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title METHOD FOR MANUFACTURING CRYSTALLINE PARTICULATE ZINC ALUMINO-PHOSPHATE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for synthesizing crystalline particulate zinc alumino-phosphate ZAPO-5 and ZAPO-36 with high efficiency and high purity.
SOLUTION: (1) A dry gel comprising a mixture composed of (i) a zinc oxide source, (ii) an aluminum oxide source, and (iii) a phosphorus oxide source is held at 90 to 200°C in the presence of steam and triethyl amine. (2) The dry gel comprising the mixture composed of (i) the zinc oxide source, (ii) the aluminum oxide source, (iii) the phosphorus oxide source, and (iv) the triethyl amine is held at 90 to 200°C in the presence of the steam. (3) The dry gel comprising the mixture composed of (i) the zinc oxide source, (ii) the aluminum oxide source and (iii) the phosphorus oxide source is held at 90 to 200°C in the presence of steam and tripropyl amine.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、結晶性亜鉛アルミノホスフェートを得るための方法としては、酸化亜鉛(以下ZnOと略する)源、酸化アルミニウム(以下Al2O3と略する)源、酸化リン(以下P2O5と略する)源及びアルカリ金属カチオン源を含む水性スラリーを加熱する方法(水熱合成法)が提案されている。しかしながら、この方法により結晶性微粒子ZAPO-5及びZAPO-36を得るためには、長時間高温で加熱する操作が必要である上、得られる製品には不純物が混入しやすいという問題を含むものであった。(特許文献1、2)。また、水熱合成法により得られる結晶性亜鉛アルミノホスフェートは粒子径の大きく、実用的に重要な結晶性微粒子亜鉛アルミノホスフェートの製造は困難であった。



【特許文献1】
H.Lechert, H.Weyda, M.Hess, R.Kleinworth, V.Penchev, and Ch.Minchev, Stud. Surf. Sci. Catal., 69, 145 (1991).(ZAPO-5)
【特許文献2】
米国特許第4567029号明細書(ZAPO-36)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、AFI構造を有する結晶性微粒子亜鉛アルミノホスフェート(以下、ZAPO-5と略記する)及びATS構造を有する結晶性微粒子亜鉛アルミノホスフェート(以下、ZAPO-36と略記する)の製造方法に関するものである。
なお、AFI及びATSとは、ZAPO-5及びZAPO-36の構造に与えられた国際ゼオライト協会における登録コードを意味する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(i)酸化亜鉛源、(ii)酸化アルミニウム源、及び(iii)酸化リン源との混合物からなるドライゲルを、粉末状態において、水蒸気及びトリエチルアミンの蒸気の存在下で90~200℃の温度に保持することを特徴とするAFI及びATS構造を有する結晶性微粒子亜鉛アルミノホスフェートの製造方法。

【請求項2】
 
(i)酸化亜鉛源、(ii)酸化アルミニウム源、(iii)酸化リン源、及び(iv)トリエチルアミンとの混合物からなるドライゲルを、粉末状態において、水蒸気の存在下で90~200℃の温度に保持することを特徴とするAFI構造を有する結晶性微粒子亜鉛アルミノホスフェートの製造方法。

【請求項3】
 
(i)酸化亜鉛源と、(ii)酸化アルミニウム源と、(iii)酸化リン源との混合物からなるドライゲルを、粉末状態において、水蒸気及びトリプロピルアミンの蒸気の存在下で90~200℃の温度に保持することを特徴とするATS構造を有する結晶性微粒子亜鉛アルミノホスフェートの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close