Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER, METHOD FOR PRODUCING LAMINATE HAVING CHIRAL POLYMER AND LAMINATE

METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER, METHOD FOR PRODUCING LAMINATE HAVING CHIRAL POLYMER AND LAMINATE commons

Patent code P06P004498
File No. T21
Posted date Sep 1, 2006
Application number P2005-036669
Publication number P2006-219639A
Patent number P4392501
Date of filing Feb 14, 2005
Date of publication of application Aug 24, 2006
Date of registration Oct 23, 2009
Inventor
  • (In Japanese)後藤 博正
  • (In Japanese)赤木 和夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER, METHOD FOR PRODUCING LAMINATE HAVING CHIRAL POLYMER AND LAMINATE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a chiral polymer having a chirality while holding its moldability, and a laminate having the chiral polymer.
SOLUTION: This chiral polymer is obtained by bringing a chiral nematic liquid crystal layer 16 in contact with an achiral precursor polymer layer 14, subjecting them at a temperature maintaining a liquid crystal phase and also under the condition of a reduced pressure to convert the achiral precursor polymer to the chiral polymer. At that time, the achiral precursor polymer is preferably the polymer expressed by general formula (I) [wherein, X is a leaving group].
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ポリ(p-フェニレンビニレン)(PPV)は蛍光性及び電界発光性を有するため、ポリマーエレクトロルミネセント素子(ポリマー-OLEDs)の発光層として、最も有望な共役ポリマーのうちの1つである。このPPVは、多くの経路により製造することができるが、PPVが有機溶媒に溶けず、加工性が悪いという特性があり、この不溶不融性のため成型することができないという問題を有していた。これを解消するために、前駆体ポリマーをキャスト法で特定の形に成型してから、PPVに変換させる前駆体方法が種々用いられている。これにより、機械的に強靱で安定なフィルムを得ることができる。



この前駆体方法として周知で最も広く使われている方法は、Wessling及びZimmermanにより発見されたもの(特許文献1及び非特許文献1)であり、ここでは、スルホニウム塩を塩基で処理して、水溶性物質を得る。生成物が透析によって効率的に精製され得るが、それは低分子量のものであった。
またムラセらは、安定なPPVフィルムの製造のための他のスルホニウム前駆体方法を開発した(非特許文献2)。この方法により製造されたポリマーは、前記報告と比較してSO3又はAsF5ドーピングによって非常に高い導電率を呈する。更に、Louwet-Vanderzande 経路は、この分野の更に興味深い開発を約束する優れたアプローチを提供する(非特許文献3)。彼らの方法は、PPVのための前駆体経路の欠点の多くを克服するものであり、減圧条件下での加熱処理を伴い、良好な機械的強度を有する不溶不融性の蛍光性フィルム又はファイバーの製造を可能にする。



一方、赤木及び白川は、一方に偏った螺旋構造を有する非置換ポリアセチレンを製造するための新しい方法を開発した(非特許文献4)。キラルネマチック液晶(N*-LC)場の下で化学重合法によって合成されたポリアセチレンは、走査型電子顕微鏡(SEM)観察下で明白な螺旋構造を示し、分子レベルでの片手の螺旋構造によって明瞭な正又は負のコットン効果を示す。螺旋状ポリアセチレンは、不溶不融性であるので極めて安定なキラリティを示している。この結果は、キラル液晶場がポリマーの分子的レベルから巨視的形態まで、ポリマー構造に強く影響を及ぼすことを示している。



また、非置換光学活性及びキラルポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン)(PEDOT)を製造するために、キラルネマチック液晶(N*-LC)場を使用した新規な電気化学重合方法が開発されている(特許文献2)。このように製造されるポリマーは、キラルネマチック相のものと同様な、フィンガープリント光学組織及びスパイラル物理的なマクロ組織を示す。円二色性測定もPEDOTフィルムのためのコットン効果を明らかにし、これは、N*-LCのような不斉反応場が、はっきりしたキラル構造を有するポリマーを得るために使用できることを示唆した。
【非特許文献1】
J. Poly. Sci. Polym. Symp., 1985, Vol.72, pp.55-66
【非特許文献2】
Polym. Commun. 1984, 25, 327-328.
【非特許文献3】
Macromolecules 1995, 28, 1330-1331.
【非特許文献4】
Science, 1998, Vol.282, pp1683-1688
【特許文献1】
米国特許第3401152号明細書
【特許文献2】
特開2003-306531号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、キラルポリマーの製造方法、キラルポリマーを有する積層体の製造方法及び積層体に関し、特にアキラル前駆体ポリマーを用いたキラルポリマーの製造方法、キラルポリマーを有する積層体の製造方法及び積層体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(I)で表されるアキラル前駆体ポリマーにキラルネマティック液晶を接触させること、
前記アキラル前駆体ポリマー及びキラルネマティック液晶を、液晶相が維持される温度で且つ減圧条件に付して、前記アキラル前駆体ポリマーをキラルポリマーに変換すること、
を含むキラルポリマーの製造方法。
【化1】
 



(式中、Xは脱離基を表す。)

【請求項2】
 
前記一般式(I)中、Xが-(S=O)-R1(R1は炭素数2~20のアルキル基を表す)であることを特徴とする請求項1項記載のキラルポリマーの製造方法。

【請求項3】
 
前記液晶相が維持される温度が、72~133℃であることを特徴とする請求項1又は請求項2記載のキラルポリマーの製造方法。

【請求項4】
 
下記一般式(I)で表されるアキラル前駆体ポリマーを基板上に積層すること、
キラルネマティック液晶を、前記アキラル前駆体ポリマー上に積層すること、
前記アキラル前駆体ポリマー及びキラルネマティック液晶を、液晶相が維持される温度で且つ減圧条件に付して、前記アキラル前駆体ポリマーをキラルポリマーに変換すること、
を含む、キラルポリマーを有する積層体の製造方法。
【化2】
 



(式中、Xは脱離基を表す。)

【請求項5】
 
基板と、
液晶相が維持される温度で且つ減圧条件下でキラルネマティック液晶と接触することによって、下記一般式(I)で表されるアキラル前駆体ポリマーから変換されたキラルポリマーを含むポリマー層と、
を有する積層体。
【化3】
 



(式中、Xは脱離基を表す。)

【請求項6】
 
前記アキラル前駆体ポリマーから変換されたキラルポリマーがポリパラフェニレンビニレンであることを特徴とする請求項5記載の積層体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005036669thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close