Top > Search of Japanese Patents > ARTIFICIAL JOINT WITH POWER

ARTIFICIAL JOINT WITH POWER meetings

Patent code P06A009293
Posted date Sep 1, 2006
Application number P2004-211265
Publication number P2006-026197A
Patent number P4362588
Date of filing Jul 20, 2004
Date of publication of application Feb 2, 2006
Date of registration Aug 28, 2009
Inventor
  • (In Japanese)木口 量夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人佐賀大学
Title ARTIFICIAL JOINT WITH POWER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an artificial joint with power which plays a role of an artificial joint and which is constituted integrally with the latter artificial joint and which also supplies power for using this artificial joint.
SOLUTION: This artificial joint is provided with:an actuator part 30 housed in a body for moving the artificial joint; a power source part 40 for supplying current to the actuator part 30; a sensor part 50 arranged at a muscle concerned with the artificial joint for detecting a myoelectric signal from the muscle concerned with the artificial joint; and a control part 60 for controlling the actuator based on a signal from the sensor part 50. Thus, a control part 60 judges the will of a user through the sensor part 50, and controls the actuator part 30 with current supply from the power source part 40 based on the judgment. Thus, the artificial joint plays a role of its original role and is used while being supported from the actuator part 30 without being conspicuous about its appearance.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


背景技術となる人工関節は、特開平6-285098号公報に開示されるものがある。この人工関節は、先端に骨頭を備えたステムと臼蓋とから構成される全置換型人工関節において、臼蓋のチタン合金製アウターカップの表面に、傾斜機能セラミックスを被覆した構成である。



背景技術となる関節動作補助器具は、特開2001-276100号公報に開示されるものがある。この関節動作補助器具は、用者の関節部に曲げ動作の補助筋力を付与する人工筋力発生手段と、この人工筋力発生手段の駆動を制御する制御手段とを有するものであって、前記制御手段に、前記人工筋力発生手段の補助筋力の発生を停止して前記関節部の拘束を開放する人工筋力開放手段を備えた構成である。
【特許文献1】
特開平6-285098号公報
【特許文献2】
特開2001-276100号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、人工関節に関し、特に、人工関節を使い、又は、使うことを補助する動力付人工関節に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
人体の一の骨の端部に固定されるようになした頭部、及び、人体の前記一の骨に対向する他の骨の端部に固定されるようになしてあり、前記頭部を抱持する抱持部を具備し該抱持部に嵌め合わされた頭部が相対移動できる人工関節
前記頭部の抱持部に対向する部分及び/又は前記抱持部の頭部に対向する部分に配設され、給電により前記人工関節を動かすアクチュエーター部と、
アクチュエーター部に電流を供給する電源部と、
人体の前記人工関節に係る複数の筋肉にそれぞれ配置されるようになしてあり各筋肉からの筋電信号をそれぞれ検出する複数のセンサー部と、
センサー部からの信号に基づいて前記アクチュエーターの制御を行う制御部とを備えること
特徴とする動力付人工関節。

【請求項2】
 
前記請求項1に記載の動力付人工関節において、
前記アクチュエーター部が前記頭部に電磁石を複数配設し、前記抱持部に永久磁石を複数配設して構成され、
または、
前記アクチュエーター部が前記頭部に永久磁石を複数配設し、前記抱持部に電磁石を複数配設して構成されることを
特徴とする動力付人工関節。

【請求項3】
 
前記請求項1に記載の動力付人工関節において、
前記アクチュエーター部が前記頭部にコイルを配設し、前記抱持部に永久磁石を複数配設して構成され、
または、
前記アクチュエーター部が前記頭部に永久磁石を複数配設し、前記抱持部にコイルを配設して構成されることを
特徴とする動力付人工関節。

【請求項4】
 
前記請求項1に記載の動力付人工関節において、
前記アクチュエーター部が前記頭部に圧電素子を複数配設し、前記抱持部に金属プレートを配設して構成され、
または、
前記アクチュエーター部が前記頭部に金属プレートを配設し、前記抱持部に圧電素子を複数配設して構成されることを
特徴とする動力付人工関節。

【請求項5】
 
前記請求項1から4のいずれかに記載の動力付人工関節において、
前記制御部及び電源部は前記頭部又は抱持部の内部に配設してあることを
特徴とする動力付人工関節。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004211265thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close